--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.05.31

ヤムウンセン♪

00yamuunsen_11_05_31.jpg

このブログでも既に披露したタイの春雨サラダ「ヤムウンセン」。
火を使う時間も短く、蒸し暑くなってくるこれからの時期にもぴったりです。
本来は豚挽肉を使いますが、ちょうど安価な魚肉ハムがあったので、アレンジしてみました。

1. 醤油漬けしたニンニクのスライス(醤油漬けでなくとも可)と細かく刻んだ魚肉ハムを赤唐辛子(乾燥)といっしょに胡麻油で炒めて、ナンプラーで調味し、冷ましておく。
01yamuunsen_11_05_31.jpg

2. 春雨を茹でる。茹で上がり直前に解凍したシーフードミックスを投入しておく。
春雨とシーフードミックスを冷水で洗い、丁寧に水切りしておく。
02yamuunsen_11_05_31.jpg

3. ボールに茎ごと刻んだパクチー、新タマネギのスライスを入れておく。
03yamuunsen_11_05_31.jpg

4. 3に2と1を加え、よく混ぜる。味がもの足りなければナンプラーを加える。
04yamuunsen_11_05_31.jpg

5. 仕上げにレモンかライムの絞り汁を回しかけ完成。
05yamuunsen_11_05_31.jpg

タイ・レストランではサラダとしての脇役ですが、メインの麺料理としていただくのがnoodles流です。
腹もちもよく低カロリー。あくまでタイ料理なので、ナンプラーを使うのが必須。
ナンプラーがないからと、代わりに日本の醤油でアレンジしてはいけません。
タイ料理うんぬん以前に、単純に美味しくありません!
ミツカン) 業務用  はるさめ 1kg

ミツカン) 業務用  はるさめ 1kg
価格:780円(税込、送料別)


スポンサーサイト

Posted at 15:00 | 麺色々 |
2011.04.18

湖梅スープの田沢湖冷麺♪

00reimen_11_04_18.jpg

去る2月。
マテマテ計画がらみで「あきた“食彩まるごと”商談会」に潜入。

そのとき試食して気に入り、一食分だけいただいて大事に冷凍保存しておいた「湖梅スープの田沢湖冷麺」を作ってみました。

01reimen_11_04_18.jpg

02reimen_11_04_18.jpg

03reimen_11_04_18.jpg

作るといっても麺を茹でるだけですので、光熱費も節約できるし、あとは具材をどうするかってことだけ。

試食したときに印象的だったのは、開発にその全神経を尖らせたというほんのり梅と蜂蜜が香るスープ。
なので梅の花でも飾ろうかとも思ったのですが、寒い中で冷麺は辛い。

ってわけで、気温も上がり桜も咲いたということで、春色をイメージしたトッピングを。
04reimen_11_04_18.jpg
たっぷりの若布、キュウリの擦りおろし、軽くボイルした小柱と海老、ネギ、そして桜です。

弾力に富み、歯ごたえも抜群の麺も秀逸。
梅風味のスープがさっぱりしていて美味しいんです。
これもっと気軽に手に入ると病みつきになりそうなんだけれど・・・

05reimen_11_04_18.jpg








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 麺色々 |
2010.12.31

年越し蕎麦♪

00tosikosi_10_12_31.jpg

冷し納豆蕎麦で年越し。

今年1年、お世話になりました。
2011年も宜しくお願い申しあげます。

みなさま、良いお年を!







美味しかったら、ポチッと


Posted at 18:00 | 麺色々 |
2010.09.14

リフィル用マグカップ♪

00mag_10_09_14.jpg

先日ネットで「チキンラーメンリフィルお試しセット¥980」なるものを発見。
あ、これ仕事中に小腹がへったときにいいかも♪ ってわけで注文してしまいました。

典型的な「なくてもいいが、あればそれなり」って商品。
少しだけ注文したことに後悔していたのですが・・・

01mag_10_09_14.jpg

02mag_10_09_14.jpg

待つこと数日。ほぼ忘れかけた頃に事務所に届きました。
ひよこちゃんリフィル用マグカップと、リフィル(詰め替え用)チキンラーメン4個、どん兵衛うどん・そば各1個、カップヌードル1個、シーフードヌードル1個。

なんか宇宙食みたいで、ちょっとドキドキします。
03mag_10_09_14.jpg

こんな感じで中の麺を突き落として、熱湯か電子レンジで作ります。
帽子みたいで思わず苦笑いしてしまうが、狙ってるのか? 日清・・・
04mag_10_09_14.jpg

では作ってみることにしましょう。
リフィルの蓋をはがします。
05mag_10_09_14.jpg

マグカップに麺を突き落とす。ちゃんと具材が上になるようになっています。
お湯を注ぎ、ラップなどで蓋をして3分待つのだよ!
06mag_10_09_14.jpg

どうです?
即席麺はいまや年に数えるほどしか食べませんが、小腹がへったとき、確かに重宝します。
「なくても生きていけるが、あればそれなり役にたつ」んだわ~。
07mag_10_09_14.jpg

インテリアとしても、結構、可愛いです・・・

08mag_10_09_14.jpg

日清リフィル・オフィシャルサイト



日比谷花壇 フラワーギフト 敬老の日







美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 麺色々 |
2010.05.31

干し海老の素麺♪

00hosibisoumen_10_05_31.jpg

素麺が美味しい季節になってきました♪

場所は定かでないが、素麺のつけ汁に「塩味で干し海老」を使う地方があると聞いたことがある。
多分、瀬戸内地方の車エビの殻つきの干し海老を使うのだろうと推測するが、我家にあるのは中華街で手に入れた干し海老。

まずは鍋に水と昆布を入れ煮立たせる。
煮立ったら昆布を取り除き、干し海老を投入。
沸騰直前の火加減を保ちながら、10分煮る。
調味は塩(玉藻塩)と、味醂。風味づけに薄口醤油を少々。
熱いままでも冷やしてもOK。
01hosibisoumen_10_05_31.jpg

ところでこんなブログをやっているせいか、友人・知人から色々な調味料をいただく。
この玉藻塩もいただきものだと思うが、はて誰にもらったのか覚えていない。
02hosibisoumen_10_05_31.jpg
今回は塩味ということで、塩が決手。
食材庫から引っぱりだしてみたら、これが非常に美味いのである。
「玉藻塩をプレゼントしたのは俺だ、あるいは私よ!」という方、是非名乗り出てください・・・

さて薬味は、若布、出し昆布を刻んだもの、ミョウガ、さらしネギ、山わさび。
山わさびとはいわゆる西洋わさびで、山菜狩りマニアのお袋が送ってくれた北海道の天然物。スーパーなどでレフォール(レホール)として売っていますね。
03hosibisoumen_10_05_31.jpg

04hosibisoumen_10_05_31.jpg

おろした山わさびが、つ~んと刺激的。
海老風味でいただく素麺も格別です♪
05hosibisoumen_10_05_31.jpg




玉藻塩(350g)


徳島小松島産 干しエビ 100g袋【無添加・無着色で仕上げた国産干し海老】


山わさび、北海道産(約70~100g前後)







美味しかったら、ポチッと


Posted at 16:07 | 麺色々 |
2010.02.15

砂肝先生♪

00toritumiudon_10_02_15.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

こんにちは。砂肝ジャンキーです。
先日の「砂肝つみれ鍋」の余った出汁と砂肝つみれで、翌朝はうどん。
温まります♪

01toritumiudon_10_02_15.jpg

そういえば、「砂肝先生」なる名誉ある名前をいただきました!







美味しかったら、ポチッと♪


Posted at 15:46 | 麺色々 |
2009.12.31

年越し蕎麦♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
00misoka_09_12_31.jpg
2009年も、早大晦日。

深大寺蕎麦(乾麺)、タコの刺身、ダイコン&ニンジンの皮とキュウリ、雑魚の酢の物。数の子、煮染め、豚バラ肉のチャーシュー。

今年はこんな感じで、年越しです。
みなさま、良いお年を♪







美味しかったら、ポチッと♪



Posted at 22:02 | 麺色々 |
2008.08.27

まるたかや届く♪

00marutakaya_08_8_27.JPG

先日ドイツに帰られたyamageigeさんが、お気に入りのラーメンを贈ってくれました♪

富山では有名な、まるたかやというチェーン展開のラーメン屋さん。
そこのお取り寄せセット5食入り。

01marutakaya_08_8_27.JPG

02marutakaya_08_8_27.JPG

写真には写っていないが新鮮なネギのほか、なんと、豚骨ベースのスープ、食後無口臭のニンニク、麺、豚脂かす、メンマ、焼豚と全てがセットされている!

03marutakaya_08_8_27.JPG

富山では昔から屋台のラーメンが多く、おでんで一杯、〆にラーメン!
その頃の名残りで、このまるたかやもおでんとラーメンの二本立てらしい。

04marutakaya_08_8_27.JPG

なんだか至れり尽くせり過ぎて、申しわけないので、モヤシをプラス。
薄味のメンマ、柔らかい焼豚、塩気の強い濃厚な豚骨醤油スープ、そこに豚脂かすがポイントとなり、非常に美味い♪

05marutakaya_08_8_27.JPG

縮れ太麺は加水率の高い、もちもちしっこしこ!
そこにモヤシがしゃきしゃき♪

06marutakaya_08_8_27.JPG

無論、お店には行ったことがないが、家庭でこんなに美味いラーメンを食べられるとは、正直驚きである。

下手なラーメン屋より、絶対美味いよ、これっ!!







 ←美味しかったら、ポチッと♪

2008.08.13

とろねばで、生き延びる!

00toroneba_08_8_13.JPG

連日の猛暑に、ぎりぎりで生きております。

昨日、仕事で種子島出身の友人と箱根に行きましたが、奴のTシャツが汗に濡れるのをついぞ確認できませんでした。

僕はというと、頭皮から滝のように汗が流れ、ポロシャツはいつでも絞れる状態。パンツまでぐっしょりです。なんで、俺だけがこんなに汗かくんだ???
ああ、冬が恋しい……。

17歳まで北海道で暮らした、僕の身体は寒冷地仕様。
いつかは死ぬが、こんなことで死なないために涼しくてパワーがでるとろねば素麺です!

01toroneba_08_8_13.JPG

もち米黒米が配合された素麺を使用。
これ、歯ごたえありもちもち感がいい♪

冷蔵庫にある、とろねば素材で簡単にできます。
納豆、メカブ、モズク、卵黄をきっちり混ぜ合わせ、みりん、濃口醤油で少し辛めに調味して冷やかけ素麺に乗せるだけ!
※欲ばりな方は、ボイルしたオクラの小口切りも入れてみてね。

02toroneba_08_8_13.JPG

無論、熱々御飯に乗せれば、暑さで食欲のないときも御飯がもりもり進みます♪

お次は、右がメカブとモズクだけを合わせたとろねば漬け素麺。
左は、小ネギとおろし生姜でサッパリと♪
茄子、獅子唐を炒め、蕎麦つゆで調味したものと一緒にいただけば夏野菜で身体を冷やすし、一石二鳥。

03toroneba_08_8_13.JPG

それにしても、暑つ過ぎるぜ……。

04toroneba_08_8_13.JPG

※冷やかけの出汁作りはこちらで♪






舞岳源水を使用し熊本産黒米100%の黒米そうめん【送料無料】本場島原産黒米そうめん【お中元】...







 ←美味しかったら、ポチッと♪


2008.07.29

過橋米線/他力麺♪

00kakyou_08_7_29.JPG

先日7月18日(金)、先輩からお誘いを受け、新宿で蕎麦を食おう!ってなことになった。
なんでも、その先輩の後輩が雑誌『おとなの週末』で、グルメ・ライターをしているらしく、そのライター氏が推薦するいわゆる蕎麦ダイニングである。
ま、その話はこれでお終いなのだが……。
えっ? 感想ですか??
僕は買ったことがないし、これからも買わないよ『おとなの週末』。

で、先輩が口直しと僕への汚名返上とばかり、タクシーに飛び乗って連れていってくれたのが湯島近くの『過橋米線(かきょうべいせん)』である。
聞けば、日本初の雲南省の郷土料理を供する店だという。

01kakyou_08_7_29.JPG

まず、生ビールと一緒に運ばれてきたお通しが、生落花生のぴり辛炒め。
おお、これは期待できそう♪

02kakyou_08_7_29.JPG

次に店名にもなっている、先輩お薦めの過橋米線¥980!

03kakyou_08_7_29.JPG

過橋米線(かきょうべいせん)は、中華人民共和国雲南省由来の、麺料理の一種。煮えたぎったスープと油が入った磁器の碗または土鍋を用意し、目の前で米線と呼ばれる雲南省の麺と野菜や中国ハムなど生の食材を入れ、スープの熱で具を加熱調理して食すのが特徴的。(ウィキペディアより)

その昔。科挙の試験を受ける書生たちが、南湖にある小さな島に集まり勉強していた。
とある書生の妻が、食事を作って運ぶのだが、夫はすぐに食べないのでいつも冷めてしまう。ある時、鶏を土鍋で煮込み夫の元へ届けたところ鶏油が浮いていて、長い時間が経過しても料理が冷めなかった。そこで米線(米麺)を入れたところ、夫はとても美味しいと喜んで食べた。
で、妻は度々この料理を作り、小島への橋を渡って(過橋)夫の元へ運んでいた。
後に夫は科挙に合格し、妻が届けた米線のおかげで合格できたと語られるようになったとさ。

因に、過橋米線は代表的な雲南料理として世界でも知られ、英語で「Cross Bridge Rice Noodles」、「Across the Bridge Rice Noodles」として知られているそうだ。

04kakyou_08_7_29.JPG

米線(米麺)は、乾麺のビーフンではなく生麺。
腰のないうどんのような食感。

05kakyou_08_7_29.JPG

スープは鶏ガラとゲンコツからなる、濃厚なもの。

06kakyou_08_7_29.JPG

07kakyou_08_7_29.JPG

具材は、鶏肉、豚肉、宣威ハム、チャーシュー、イカ、鶉卵、湯葉、もやし、豆苗などが別盛りでつく。

08kakyou_08_7_29.JPG

自家製辣油がまた良い♪

09kakyou_08_7_29.JPG

10kakyou_08_7_29.JPG

全ての具材を乗せて熱々をいただくのだが、これ美味いっ♪
この前に散々不味い蕎麦コースを食ったのに、美味い!
新しい麺料理として、大歓迎したい。

もう、いくらなんでも満腹。
それでも汚名を晴らすべく、ムキになった先輩がもう一品注文。
ってか、最初からこの店にすればよかったのに……。
後で調べたら、既にTVなどにも紹介された人気店のようだ。

【千張肉(チェンジャンロウ)¥1280】
11kakyou_08_7_29.JPG

12kakyou_08_7_29.JPG

これは、椀に豚バラ肉を並べ、冬菜という野菜の漬物(博多の辛し高菜に似ている)を餡のように詰め、器ごと蒸し、炒飯のように器をひっくり返して盛りつけたもの。八角の風味が効いたソースが美味しい♪

過橋米線
14kakyou_08_7_29.JPG
※最近、吉祥寺店もオープンした模様。
武蔵野市御殿山1-2-1 いせやビルB1 0422-38-8528



とても美味しかった千張肉だが、食べきれずにテイク・アウト。
翌土曜朝、千張肉で、冷やかけらーめん。
他力な自作麺であるが、めちゃウマよ♪

15kakyou_08_7_29.JPG

16kakyou_08_7_29.JPG

過橋米線。もう一度ちゃんと食べに行きたいお店である。







 ←美味しかったら、ポチッと♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。