--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.11

ポールプランター革命2♪

00suikou_10_08_11.jpg
※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります

8月7日(土)14時。
前回紹介したポールプランターのセミナー「弟2回収穫祭」に行ってきました。

前回種から発芽させた苗を、水耕栽培研究会の方々がポールプランターへ作付けしておいてくれた各種葉菜が、六本木ミッドタウンですくすくと育っていました。

01suikou_10_08_11.jpg

今回は初めて参加された方々も含め11名が集まり、改めてポールプランターの取り扱い説明がありました。

付属のタンクに入れる水に培養液2種類を溶かすだけ。
2種の培養液は農業で長く使われているものと同等のもの。
02suikou_10_08_11.jpg  

03suikou_10_08_11.jpg

このとき、培養液ではなく写真の有機飼料の塊ひとつを溶かすと、オーガニック栽培となります。
(有機液肥も可)
04suikou_10_08_11.jpg

液肥となった水(養液)をタンクに入れる。
この養液が、エアーポンプ(観賞魚の水槽に入れるものと同様)の作用で、ポール内をさかのぼり、トップのチューブからポコッ、ポコッとこぼれ循環します。
05suikou_10_08_11.jpg

06suikou_10_08_11.jpg

07suikou_10_08_11.jpg

養液の交換は一週間に一度が目安。
養液の必要量はポール下部30センチ程度、写真のトレイに排出されている量です。
08suikou_10_08_11.jpg

詰まり毎日の水やりから解放され、観葉植物を眺めるように野菜や花を育てることができるわけです。

09suikou_10_08_11.jpg
前回植えた苗が活きいきと育っています。
ご覧のように作物の名前を付箋しておけば、家庭内で思い思いの野菜や花を同時に植えて(20株ないし20種が可能)楽しむことができます。
床に平置きしないポール型のため、場所入らずで観賞用にも最適。

左が市販の小松菜、右はミッドタウン産ポールプランター栽培の小松菜。
市販品の色が濃いのは肥料過多によるもの。
なにより水耕栽培ですから常に水を吸い上げながら育っているため、市販品と比べ、瑞々しく歯触りがサクサク。味も滋味深い味わいです。
10suikou_10_08_11.jpg



ってわけで、ここで少し脱線します
これは市販の空心菜。八百屋や野菜売場で買ってきたとき、しんなりとくたびれているのが常。
僕は必ず水に浸け、生花の水揚げよろしく活を入れてから使います。
11suikou_10_08_11.jpg

オリーヴオイルでオキアミとグリルして刻んだ青唐辛子を炒め、香りが出たら空心菜と海老の剥身をさっと炒め、酒を加える。
12suikou_10_08_11.jpg

表示茹で時間の1分前に湯切りしたパスタを加え炒め、最後にオイスターソースで調味。
13suikou_10_08_11.jpg

採取後時間が経ってくたびれた野菜より、充分に水を含んで生き返った野菜のほうが嬉しいですよね?
14suikou_10_08_11.jpg



話を戻しましょう
ポールプランターで育った野菜なら、いつでも光と水を、採る間際までたっぷりと吸収しているのです!

15suikou_10_08_11.jpg

気になるポールプランター・キッドの価格は¥39.375円なり。
みなさんも無料セミナー(収穫祭)に参加して、その真価を確認してみませんか?




お問い合わせ:TIME&STYLE MIDTOWN
タイム アンド スタイル ミッドタウン [六本木]
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア D-0301
Phone:03-5413-3501 Fax:03-5413-3502
営業時間:11:00~21:00
02suikou_10_06_28.jpg








美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 20:02 | お役立ち情報 |
2010.06.28

ポールプランター革命♪

00suikou_10_06_28.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

先輩N氏から電話があり、19日14時東京ミッドタウンへ集合の指令あり。
3Fのお洒落なインテリアショップ「TIME&STYLE」へ。

01suikou_10_06_28.jpg

店奥の多目的スペースになにやら植物がふさふさしたポールが2本。
左がルッコラ、右は小松菜。
これは数ヶ月前から、水耕栽培研究会と「TIME&STYLE」のコラボにより育てられたミッドタウン生まれの野菜なのです!

03suikou_10_06_28.jpg

前置きがながいですね。はい。
知らなかったのだが既にテレビ・雑誌他メディアで紹介されているポールプランターという水耕栽培キッドのセミナーに行ってきました。

雑駁に説明すると・・・
20箇所の穴の開いたポールの中に、エアポンプ(水槽のぶくぶく用のあれ)で培養液を溶かした水を循環させ、20種あるいは20株の野菜・花を簡単に育成できるというもの。

・水耕栽培は既に様々なものが考案されているが、平置きではなくポールのため小スペースで植物を栽培でき、庭入らず土入らず。鑑賞用としても見映えが良いのが画期的。

・太陽光の直射が当たる室内(直射がなくとも蛍光灯でも可)で育てるので無農薬。有機肥料(液肥)を使えば100%オーガニックな野菜・花を栽培できる。
(経験したらわかるが、通常無農薬で植物を育てるのは大変な労力を要するのだ)

・種から(苗も可)育てるので、経済的。収穫後、花後の種をとりまた育てるので一度栽培した野菜などは、市販品を買わなくてもよくなる。


これはオーガニック志向の家庭やレストランにとって、革命的である。
実際、小松菜とルッコラを集まった面々で収穫し、試食させてもらいました。

05suikou_10_06_28.jpg

見てください!
このぴんぴんの小松菜!!(反り返っています)
我家も産直の無農薬・減農薬の野菜を共同購入しているが、いくらなんでも小松菜を生で食べる気にはならない。
しかし、このミッドタウン生まれの小松菜はしゃきしゃきと歯触り良く、やさしい甘味さえ感じる。
「ああ小松菜って生食するとこういう風味だったのね」と妙に納得。
この小松菜には新しい調理法が必要になるのではないか? ってほどに小松菜の概念がすっ飛んでしまう。

例えばオーガニックをうたうレストランで、鎌倉野菜の朝採れが届いたとして、ディナータイムまでに十数時間を経るわけで、いま生えている野菜をライブで味わうなんて不可能。残念ながら野菜本来の味が弱まってしまっていることが良くわかりました。

↓正面奥の方が、水耕栽培研究会員の矢野信夫さん。
04suikou_10_06_28.jpg

ルッコラは市販品(右)と、ミッドタウン産(左)と食べ比べてみました。
ぶっちゃけもう別物ってなぐらいの驚愕の風味。辛味がありカブの葉を彷彿させる奥深い味で、ルッコラのほんとうの味を体感しました。

06suikou_10_06_28.jpg

ポールプランターで育てた小松菜とルッコラ。どちらも色味が薄いのですが、通常我々が口にする葉野菜は、緑を濃くする薬品(肥料成分)の作用によるもの。本来の自然の色はこういう緑なのだそうな。これも発見でした。

事前に種を発芽させた小松菜の芽を、ポールプランターに植える体験もさせていただきました。
07suikou_10_06_28.jpg

08suikou_10_06_28.jpg

09suikou_10_06_28.jpg

10suikou_10_06_28.jpg

ポール内の水は週一でとり替えるだけ。
11suikou_10_06_28.jpg

一回に使う水の量はたったこれだけ! 正にエコ。
12suikou_10_06_28.jpg

集ったメンバーで、それぞれ名前を書いた付箋を添えて、新しい種を仕込みました。発芽した頃また集まってポールに植え、育てるのです♪
13suikou_10_06_28.jpg

14suikou_10_06_28.jpg

水耕栽培研究会の方に作例写真を見せてもらいましたが、イチゴ、ナス、キュウリ、トマト、カボチャ、葉野菜他、根菜以外ならばなんでも栽培できます。

例えば、ひいきのレストランにこのポールプランターがあれば、自分が植えた野菜をシェフに調理していただく♪ な~んてことも夢ではない。
これからのオーガニックレストランは、地産地消ならぬ店産店消のオーダーメイド調理ってわけ!

家庭なら、自産自消ってことになる。
当ブログでも、noodles自家製野菜で自作した料理が登場するかも知れません。
そんなポールプランターキッドのお値段は、39.375円なり。

15suikou_10_06_28.jpg

う~む。高いのか安いのか?
ほんとに簡単なのか面倒なのか?
セミナーで、実際に確かめてみませんか?



お問い合わせ:タイム アンド スタイル ミッドタウン [六本木]
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア D-0301
Phone:03-5413-3501 Fax:03-5413-3502
営業時間:11:00~21:00

02suikou_10_06_28.jpg







美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | お役立ち情報 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。