--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.08.01

優れた食材としてのマテ♪

00mateusi_11_08_01.jpg

今回はマテを飲み物ではなく、料理の素材として考えてみました。

マテにはビタミン(B1、B2、B3、B6、C)、ミネラル(カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛、銅、マンガン)、さらに植物繊維も豊富で「飲むサラダ」として昔から珍重されてきました。

上記各ビタミン、ミネラルの効能・効果については他サイトを参考にしてみてください。これらを含有するマテは正に現代女性の救世主といっても決していい過ぎではない。

07leaf_11_08_01.jpg

これを南米では主に水出しして、ハーブティーとして飲まれてきたわけですが、野々山先輩が手がけるフェデリコマテは日・米・独3国の厳しい審査から有機認証を得た完全オーガニックマテ。

ってことは、飲み物としての機能性は勿論、野菜不足を補える優秀な食材ともいえるわけで、ホットやアイスで愉しんだ茶殻には本来前述のような栄養分が詰まっているのだから、捨てちゃあもったいないのだ!

【牛肉のマテ塩ダレ】
安価な牛薄切り肉を味醂で和え、長ネギ微塵切り、胡椒、生姜・ニンニク擦りおろし、マテ(ピュア)の出し殻1包分を混ぜ、塩で調味し、冷蔵庫で1時間以上馴染ませる。
01mateusi_11_08_01.jpg

【マテポテサラダ】
次にマヨネーズ味でごまかしたポテサラではない、ジャガイモの風味が生きたポテサラを伝授。
02mateusi_11_08_01.jpg
EXヴァージンオイルに塩、マテ(ピュア)の出し殻1包分、マヨネーズを加え、よく混ぜておく。
03mateusi_11_08_01.jpg
皮ごとボイルしたジャガイモの皮を剥き、熱いうちにスライスしたキュウリを混ぜ、上記と胡椒を加え、よく混ぜて粗熱をとり冷蔵庫で冷す。

【牛肉のマテ塩ダレソテーとマテポテサラダ】
04mateusi_11_08_01.jpg
どうでしょう?
ヴィジュアル的には「大丈夫か?」ってなぐらい完璧に野菜不足です。
でも近頃の風評を気にしながら気休めに少量の野菜を添えるよりも遥かに有益だし、オーガニックのフェデリコマテなら逆に野菜が苦手な方にもこの上なく理想的。

【牛肉のマテ塩ダレパスタとマテポテサラダ】
前述の「牛肉のマテ塩ダレ」をソテーし、茹でたてのパスタと混ぜ、フレッシュバジルオイルとフレッシュ青唐辛子オイルを和えて火を止める。
05mateusi_11_08_01.jpg
※旬の青唐辛子、バジルをEXヴァージンオイルといっしょに瓶に漬けておく(トップ画像)と重宝します。今回のように主役が別の素材の場合、見た目にも主題がぼけずにバジルや唐辛子の風味を加味できるので最適。
06mateusi_11_08_01.jpg

マテは日本茶や烏龍茶ほかのようなツバキ科の茶の風味(クセ)がないため、料理素材に加えても味にはほとんど作用しません。むしろそのために料理素材としての知名度がいまいち低いのかも知れません。

しかしだからこそ、飲んだ後の出し殻は様々な料理へ応用できるといえます。
「飲むサラダ」は決して忙しい方や野菜が苦手な方々のためのものではなく、いうまでもなく「食べるサラダ」としての機能をも充分に備えているわけなのです♪



↓詳しくはこちらで!









美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 15:00 | マテマテ計画 |
2011.07.13

豚生姜焼きとマテ酎ハイ♪

00butashouga_11_07_13.jpg

連日の猛暑に耐えるべく、豚の生姜焼きでも。

今や情報飽和時代。TVやネットでは無数の裏技レシピなるものが登場し、活況を呈している。なかには思いもよらない裏技が登場し、観ていて思わず「ほぉ~~」と唸るが、僕が昔からやっていた「美味い豚生姜焼き」は柑橘系のジャムを使います。

今回も省エネルギー調理(鍋ひとつ)でやってみます。
鍋(なんでもよい)にタマネギ・スライス、豚肉(切り落としなどの安価なもの)を敷き詰め、おろし生姜(1片分)、オレンジマーマレード(大さじ1)、出汁(麺つゆでも可)を肉を浸せる量加え、よく和えて20分置く。
01butashouga_11_07_13.jpg

そのまま加熱し、タマネギが柔らかくなった頃合いに火を止める。
あらかじめ刻みキャベツを敷き詰めた皿に盛りつけ、完成。
盛りつけ直後に鍋は洗ってしまいます。
滅茶苦茶簡単でらくちん。

02butashouga_11_07_13.jpg

オレンジマーマレードを入れるか否かで、肉の柔らかさが歴然とします。
砂糖や味醂にはない、柑橘風味の甘味が奥深い雑味を生み、ご飯も進みます。
そして、タレがしみたキャベツが野菜不足を補助!

で、食後の一杯。
ガッツリ生姜焼きの後にぴったりの爽やかな飲み物を開発してみました。

【マテ酎ハイ】
03butashouga_11_07_13.jpg

・市販の1リットル入りのペットボトル炭酸水に、マテ(リラックス)を1包入れ、固く蓋をして冷蔵庫で一晩置く。
・氷を入れたグラスに焼酎(適宜)と炭酸マテを注ぎ、刻んだフレッシュ・レモングラスを浮かべる。

↓マテはこちらで!








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | マテマテ計画 |
2011.07.04

マテマテ計画再始動♪

NEW !
00mate_11_07_04.jpg

日頃からお世話になっているN先輩こと「マテ伝道師」である野々山先輩から協力要請がきてあれから8ヶ月

その間、何もしていなかったわけではありません。
様々な壁をクリアしつつ、遂に「マテマテ計画」が再始動しました。

まずは本日より、ダサイといわれていたホームページがお洒落にリニューアル。
ならばってわけで、これまたダサダサと悪評だったパッケージ・デザインも一新。
さらに新たな商品2点追加。
まだある! プレゼントに最適なギフトボックスまで新登場♪

【ロシアンアイスマテ】
01mate_11_07_04.jpg

植物繊維が豊富なマテ茶は、便秘解消にもよし。
煎茶・紅茶・烏龍茶といったツバキ科のお茶に比べ、ミネラル分が豊富なため、高血圧・冷え性・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・骨粗鬆層・貧血・糖尿病・花粉症などにもよいという。
う~む。これ以上何を望めというのか・・・

安心安全の完全オーガニック。
なんとあのマドンナも愛飲している♪

水出ししたマテにオレンジマーマレードを加え、ロシアンアイスマテで猛暑を乗り切ろう!

↓詳しくはこちらで!








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | マテマテ計画 |
2010.10.12

始動、マテマテ計画♪/オーガニックフェスタで思ったこと

00ate_10_10_12.jpg

ご無沙汰しておりました。
実は先輩N氏から頼まれ、8、9、10日と赤坂のイベントに手伝いに行ってきました。そのため先週はその準備に追われておりました。

N氏とは30年来の付き合いですが、最近マテ茶なるものの販売代理業をすることとなり、赤坂サカスで催された「オーガニックフェスタ in 赤坂サカス 2010 秋」に出店することになったわけです。

マテ? なんとなく聞いたことはあるが具体的にはなにも知らない・・・

ほとんどの方がそういう反応ではないでしょうか?

マテ茶とは南米ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンを原産とするモチノキ科のイェルバ・マテの葉・小枝を乾燥させた茶葉に、水または湯を注ぎ成分を浸出した飲み物。N氏はパラグアイ産のマテ茶をあつかっている。

01ate_10_10_12.jpg

世界遺産にも登録されるイグアスの滝を有するパラグアイは、赤土に覆われており、これが100%オーガニックで育成されるマテに豊富なミネラル(カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛)をもたらせる。

現地人には生野菜を食べる習慣がないそうで、マテに様々なハーブを混ぜ、主に水出しで飲む(テレレ)ことで、ビタミン・ミネラルを摂取することから、いつからかマテ茶は「飲むサラダ」として知られるようになった。

実はこの100%オーガニックのマテ茶と、日本人のオジさんたちがラオスで作ったこれまた100%オーガニックのラムを合わせた「モヒート」が滅茶苦茶美味い。ってわけで僕はブース内で3日間マテ茶とモヒートを作っていたわけです。

02ate_10_10_12.jpg

で、3日間ブース内から眺めていて、ふと思った。

植物繊維が豊富なマテ茶は、便秘解消にも効果あり。
煎茶・紅茶・烏龍茶といったツバキ科のお茶に比べ、ミネラル分が豊富なため、高血圧・冷え性・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・骨粗鬆層・貧血・糖尿病・花粉症などに効果あり。
あのマドンナも愛飲している・・・

これだけの能書きを説明されたら、以前ならみな躊躇なく買ったはずだ。
しかもイベントの性格からして、ほとんどがオーガニック志向の客のはず。
しかしあいにくの天候もあってか、他のブースも含め、思ったほどの売行きには到達しなかったようだ。

やっぱり不景気なのね・・・







美味しかったら、ポチッと


Posted at 16:28 | マテマテ計画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。