--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.06.29

東京タワーを読んで。

IMG_0815.JPG


『東京タワー』を読んだ。
正式には『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』がタイトル。
著者はリリー・フランキー。
本名は中川雅也、1963年福岡県北九州市生まれ。

正式ペンネームはリリー・フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドというそうで、あのRELAX♪のアーティスト名と、大学時代に友人から呼ばれていた百合(リリー)を合体させたそうだ。

彼の詳しい略歴はHPを観ていただくとして、実は僕は彼に何度も会っている。
勿論、面識はないが、昨年まで会社が代官山にあったとき行きつけの居酒屋で何度か遭遇していた。
だからというわけでもないが、例の穴澤賢が面白いと薦めてくれたので、借りて読んでみた。
ほぼ自信の実話であり、亡くなった母へのレクイエムは、書いているあいだ一度ものってきたことがなかった、とご本人も何かのインタビューで語っている。

使い古されたいい回しをすれば、すべからく世の男はマザコンであり、これは著者の大いなるマザコン・カミングアウト小説でもある。
ここまで、お母さんが大好き、お母さんがいなくちゃ生きて行けない、ってことを真摯に切々と書かれるとかえって痛快でもある。
だからこそ、この小説は世の男性達の支持を受け、口コミで160万部以上のベスト・セラーになったのかもしれない。

さらに、読んだ読者側の個人的なお母さん像や、家族形成などが物語とリンクした場合は限りなく泣ける小説でもある。借してくれた穴澤もボロ泣きしたという。
現にこの小説は電車の中で読んではいけない、という口コミで広がっていったそうだ。

息子がお母さんを思うのは、幼児期の子育ての中心が特殊なケースを除いてほぼ母親である以上、仕方のないことだと思う。幼いときに風邪で発熱して寝こんだときに氷嚢を乗せてくれるのは母親だし、玉子粥を作ってくれたり、みかんを剥いてくれるのも母親だ。
そんなとき、当然父親は外で仕事しているわけだから。
例えばだが、男が成人して色気づいたとき、風邪で寝こんだときの看病は母ではなく恋人に入れ替わるだろう。そのとき、恋人のつくる愛に満ちた粥が美味ければ、そこで母離れ。
その恋人と身体の関係もあればなおのこと。
だが残念ながら、母の味を超えてなければ永遠に母親が恋人&母のまま君臨するのかもしれない。
雑駁にいうと、母離れのタイミングなんぞそんなものでしょう。

逆にファザコンの男の話を聞かないのは、自分が大人になったとき父親は同性として人生のいわば最初のライバルと化してしまうからだ。ところが、母親は永遠に異性でもありこちらがどんなにオヤジになっても孫のことを気遣ってくれたり、好物の品を送ってくれたりと永遠に世話を焼いてくれる存在だ。
そして、リリー・フランキーもいっているが、世の女性達がマザコン男を嘲笑するのは、相手の母へのライバル心の表れではないだろうか?

僕は残念ながら、世評ほどボロ泣きはしなかったが、リリー・フランキーの文体が偉才を放っていて興味深かった。

マザコン男にファザコン女。
いずれにしても、家族愛の断片的な一つの形でしかない。
何でもいいんじゃない?
所詮、世の中、男と女しかいないのだから。

東京タワー
東京タワー





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


スポンサーサイト

Posted at 18:09 | 読書 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.28

家系と信州そば、どちらがお好き?

00ra-men.JPG


01tumami.JPG



ガツンとしたラーメンが食べたくなると、行く店『岳家(がくや)』です。
豚骨、鶏ガラの醤油スープ。
醤油ダレが控えめ、甘みがあり口当たりの良いコラーゲン満載のクリーミーなスープ。
家系にありがちな醤油ダレの濃い、脂っこいスープではなく動物ガラの風味を究極まで煮出した極上のスープで、それでいて豚臭さがない。
麺は、中太のややちぢれ麺、加水率の高いモチモチな食感で、濃厚スープがよく絡みます。

そもそも横浜家系(いえけい)とは、新杉田(現在は横浜駅西口に移転)の『吉村家』を元祖とするか、その味のスタイルを真似した店であり、店名が皆「○○家」という屋号だ。
豚骨主体で、長時間煮立てた白濁スープと濃厚醤油ダレが特徴。


03gakuya.JPG

【岳家】
〒234-0051 神奈川県横浜市港南区日野町9-5-7
JR根岸線 港南台駅 徒歩15分
鎌倉街道 清水橋交差点から約40m
045-847-1283
11:00~20:00
11:00~14:30(木)
定休日 金曜


04mori.JPG


05mori2.JPG



鎌倉小町といえば、なかむら庵のそば。
昔から、鎌倉に行った折には必ず食べる、いわずと知れた名店である。
ご主人の故郷の信州上村産のそば粉を使用し、ひきたて、打ちたて、ゆでたてをしっかり守っている。いつでも並ぶことは覚悟しなければならないが、その価値はある。
したがって、だらだら飲みながら、、というスタイルでは無理。
そのためか、混雑していても意外に回転は早い。


06nakamuran.jpeg

【信州田舎式純手打そば なかむら庵】
鎌倉市小町1-7-6               
TEL0467-25-3500(予約不可)      
定休日 毎週木曜日



ついでに、100年の歴史を誇る鎌倉名代郷土菓子『松風堂本店』の酒饅。
鎌倉に酒饅屋は数あれど、ここんちが元祖です。
こし餡の義経(酒饅頭)と、つぶし餡の静(利休饅頭)は女夫饅頭として両方買う人が多く、蒸したて熱々がその場で味わえる。2階の甘味処では賞を受けた名誉ある和菓子が頂けるそうだが、いつも酒饅だけテイクアウトする。
これは、甘みが控えられた大人の味ですね。


07sakeman.JPG


08sakeman2.JPG


09sakeman3.JPG


10sakeman4.JPG



11shoufudou.jpg

【松風堂本店】
0467-22-0666
鎌倉市小町1-5-24


さあ、貴方の好みは?





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 20:29 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.26

白アスパラ届く。

10_0665.JPG


手料理を更新している皆様のブログで、最近出回っている白アスパラ。
北海道から我が家にもやっと届きました。

00_0636.JPG


で、手に入ったら試してみたかったXO醤焼きビーフンを。
XO醤って、買うと高いが香港土産とかでもらうことも多い。
ついつい、食庫で眠ってしまうので今回は大胆に一瓶使います。


【XO醤焼きビーフンの作り方】

02_0641.JPG

1.XO醤一瓶。ビーフンはぬるま湯に10分浸し、ザルに上げておく。


03_0644.JPG

2.白アスパラはピーラーで下半分の皮をむいておく。


04_0647.JPG

3.むいた白アスパラは食べやすい大きさにカットする。


05_0651.JPG

4.例のスープ作りで、たまったもどし干し椎茸も食べやすい大きさにカットする。


06_0652.JPG

5.フライパンにXO醤一瓶を入れて、加熱する。


07_0656.JPG

6.白アスパラともどし干し椎茸を炒める。


08_0659.JPG

7.6が炒まったら、例のスープを投入し、酒、塩で調味して10分程煮る。


09_0663.JPG

8.もどしたビーフンを投入して、麺が汁気を完全に吸ったら完成(食べ頃)。

11_0666.JPG



汁ビーフンはスープで煮ていただきますが、焼きビーフンは具材が変わっても同じ行程で作ります。焼きとはいうが焼かないのがポイントです。
XO醤は帆立貝柱や干し海老など豪華な材料が満載していて、そのままでも、お酒のあてになる。
最後に煮過ぎると麺が伸びて、フライパンに焦げつくので要注意。


今回も簡単で美味しい完全自己流アイデアですが、これを中華料理店で出したら高いメニューになるだろうなあ。。。






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 17:50 | 麺色々 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.22

独断的パスタあれこれ。

休みの日のブランチなどは、最近パスタ離れしている息子になんとか完食させてやろうと、あれこれ頭を捻る。結局ケチャップでナポリタン的なスタイルに落ち着いたりするが、例の自家製生ハムと生クリームなども子供味になる。


aspara.JPG

【アスパラのナポリタン】
EXバージンオイルで、ベーコン、にんにくみじん切り、グリーンアスパラ、しめじを炒める。
酒を投入後、ケチャップ、ウスターソース、塩、黒胡椒で調味。
茹でたてパスタをソースに投入し、加熱したままよく混ぜる。


namahamu&onion.JPG

【自家製生ハムと新玉葱のクリームパスタ】
新玉葱のスライスをEXバージンオイルで炒め、自家製生ハムを投入し、気の抜けたビール(勿論発泡酒でも可)、生クリーム、塩、白胡椒で調味。
茹でたてパスタをソースに投入し、加熱したままよく混ぜる。
酒、ワインを使うのが一般的ですが、気の抜けたビールも美味しくなりますよ♪


ときどきパスタが好きなのか、麺が好きだからパスタも好きなのか考える。
そんなことを考えていると、自分だけが食べたい身勝手で邪道なアイデアが湧いてくる。


supukarepasuta.JPG

【スープカレーのパスタ】
EXバージンオイルで、玉葱スライス、にんにくみじん切り、鶏胸肉、インゲンを炒める。
炒めた具材を例のスープに投入後、カレー粉、酒、塩で調味し煮る。
茹でたてパスタを投入し、若干麺がスープを吸収したところで完成。


まあ、だったらカレーうどんでいいじゃん! とか野暮な突っ込みはせぬように。。
僕はうどんではなく、腰のあるパスタで食べたかったのだから。
で、美味いと、さらに邪道なことを考える。


kitunepasuta.JPG

【キツネパスタ】
例のスープに鶏胸肉を投入し、酒、塩、薄口醤油で調味。
茹でたてパスタを投入し、若干麺がスープを吸収したところで完成。
別に甘辛に煮付けた、油揚げを乗せていただく。


スープ自体が鶏がら&魚介のスープなので、純和風な麺類ではパンチに欠ける。
腰のあるパスタだからこそのキツネパスタなのだ。


yukari.JPG

【ゆかりと長ねぎのパスタ柚胡椒風味】
長ねぎを5ミリくらいに切って、EXバージンオイルで炒めて酒、ゆかり、塩、柚胡椒で調味。
茹でたてパスタをソースに投入し、加熱したままよく混ぜる。


これは時間、材料がないときの簡単激旨パスタ。
ゆかりをパスタに使うのはyamageigeさんから、習った。
まだまだ、バリエーションができそうである。


misowakame.JPG

【味噌若布】
もどした若布と味噌(普通の味噌と八丁味噌)をみりんでのばしたタレに茹でたてパスタに混ぜて、EXバージンオイルを垂らしてグリーン粒胡椒を荒く潰してかけていただく。


味噌若布、らーめんじゃないよ!
さらに簡単(手抜き)な美味しいパスタです。
完全ベジタリアン仕様でありながら、ガツンモード全開の男らしいパスタに仕上がった。
熱々のところを、はふはふ、がつがつ、食べましょう。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 16:38 | パスタ | COM(0) | TB(0) |
2006.06.21

コメント返し!

kitarou.JPG


昨夜、帰宅したら息子のプレゼントがテーブルの上に。
そう、最近彼がハマりだした『ゲゲゲの鬼太郎』です。
それにしても、もう少し習った漢字を使ってほしかったが。。
因みに昨年の絵は『ホーンテッド・マンション』でした。
毎年、こうやって絵を描いてくれます。
それにしても、何故ここにきてゲゲゲの鬼太郎なのだ?
まあ、バック・トゥ・ザ・フューチャー→サンダー・バード→ウルトラQ→ホーンテッド・マンション→ナイトメア・ビフォー・クリスマス→コープス・ブライド→ゲゲゲの鬼太郎という流れで息子のマイブームが変遷してきた。
なんとなく流れができているような、いないような。。


god_T.JPG

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ところで、ドクロのライターとゴッドファーザーTシャツが僕的にウケたので、書いてみたら皆さんからこんなにも祝福されるとは思ってもいませんでした~。
49歳、大人になれないオヤジnoodlesとしては感謝の気持ちを、本文コメント返し! で。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

わお!!
お誕生日、おめでとうございます♪
(~0~)/□☆□\(~▽~ ) キャンパーイ
49歳なのですね…。
10年お兄さんです。
屍をのりこえろ…か。
すごい。ほんとにロックな贈り物!!
ってことは、ヌードルスさんてば、若いのでしょうね^^。
いい49歳の1年間になりますように♪
edacchiさん

noodlesより
ありがとうございます。
大人になれてないぶん、その辺の49歳よりは若いかも。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

おめでとうございます♪
誕生日はやっぱりめでたいですよ~~!!
一緒に祝って下さる仲間がいて、楽しそうです♪
プレゼントはいくつになっても嬉しいものですね♪
大切にしてくださいネ。。。。
ちゅーみんminさん

noodlesより
ありがとうございます。
49年もだらだら生きてきたので、色々な人々が僕を通り過ぎていきました。
穴澤と島津は今大事な仲間です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士丸くんの後ろに移っているのが穴澤賢さんでしょうか? うーん眼がハンサムぽ。
だとしたら、あっちのブログに報告に行ってあげたいくらいです(行かないけど)。
どくろのライターすばらしくロックで素敵です。
なにげにこれでタバコに火をつけられたら、お酒の席で盛り上がりそうです~
ままちりさん

noodlesより
ありがとうございます。
穴澤はハンサムです。彼のブログ人気は富士丸と彼と2分していると思います。
島ちゃんはいつもチンピラとかヤクザの役が多いです。。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

誕生日おめでとうございます!
ロックなライターですね~。煙草が美味くなるかも(^^)
一瞬、アイアンメイデンが脳裏をよぎりました(笑)
カブリエルさん

noodlesより
ありがとうございます。
アイアンメイデンかあ。ロックネタも進行中です!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

チャオ!
HAPPY BIRTHDAY♪
一足お先にバースデイなんですね。
おめでとうございます。
ふふ、私もすぐ追いつきます。(笑)
いくつになっても、私は誕生日が大好き♪
プレゼント、頂くのも差し上げるのも好き♪
とても素敵なプレゼントですね~~。
きっとお二人ともヌードルスさんの事を想って、何がいいかなと考えたのでしょう。
そういう時間が、とってもいいな、と思います。
誰かの事を考えて、喜んでもらおうと色々考える…。
人間じゃないと出来ませんよね。
meneaterさん

noodlesより
ありがとうございます。
僕なんかのために、彼等がアイデアを尽くしてくれたのがありがたいですね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…..ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪お誕生日おめでとう
49歳のヌードルスさんがHAPPYでありますよう
遠い場所から祈ってます!!
髑髏のジッポ・・・かっこぃぃ~
ぃぃ仲間がいるって・・幸せだよね!!!
なお=korosukeさん

noodlesより
ありがとうございます。
仲間がいないと何もできないです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】*:・゜\(⌒▽⌒)
スカルジッポですか!それはロックアイテムですね!
ロックも、メタル寄りですよ、メタル寄り(笑)
まぁこぉとぉさん

noodlesより
ありがとうございます。
あ、メタルも大好きですよ、僕は。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

おー!自分と誕生日が3日しか違わないのですね。
目指せ!ロック?それともちょいワル?ですか
north.mさん

noodlesより
ありがとうございます。
僕より、前ですか後ですか?
う~む、north.mさんはジェミニ会なのか、蟹座なのか?
近頃、巷でちょいワルなるものが流行っていますが、僕は15年前からちょいワルでしたね。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お誕生日、おめでとうございます♪
大人の男性の友情っていいですね!
特に、お三方カッコイイです。(ヌードルスさんのお姿も見たいですが)
プレゼントもオシャレ?だし。
ジェミニ会ですか・・・。
残念ながら混ざれないですね~
水瓶座なので。
Nobさん

noodlesより
ありがとうございます。
僕のお姿なんざ、愚の骨頂ってなものでございます。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お誕生日おめでとうございます~!
さすがにケーキは無しですか。
すごいジッポ!
こういうものは若い子よりも、ちょっと大人の男が持つほうがいいかもしれません。
最後の40代、素晴らしい一年になるといいですね。
てんてんさん

noodlesより
ありがとうございます。
うっ! 改めて最後の40代とかいわれると、落ちるなあ。。。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

男の人どうしのお誕生日会っていうのもなんかいいもんですね♪
プレゼントも一ひねりあって。
黙ってても 心が通じ合ってたりしてそうな雰囲気が伝わります
はりはり2006さん

noodlesより
ありがとうございます。
ホモではありませんが、男を大事にする性格です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お誕生日おめでとうございます!私の誕生日と
4日違いなんですね。私は蟹好きな蟹座!?で~す♪
これを機会にヌードルスさんも顔出ししちゃえば~?(^^;
花 咲子さん

noodlesより
ありがとうございます。
ってことは花 咲子さんは24日が誕生日?
僕は、星座占いで双子座が今イチのときは蟹座も見たりします。。
顔出しは親バレが怖いので(嘘)、悪いことができなくなるのでNGです。。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

おめでとうございます。
一足お先に誕生日を迎えた「ジェミニ会」メンバーです。
いい年でありたいですね。
それにしても、ドクロのライターは凄い。
酒場の話題には打って付けですね。
goro'sさん

noodlesより
ありがとうございます。
いや~、ゴローさんも双子座だったんですよね!
来年のジェミニ会はgoro`sでやらせてください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

おめでとう!仲直りした奥様からは何を?
aoazulさん

noodlesより
ありがとうございます。
家内からは、いままでに表現しえない色々なものをもらってきました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ちょっと遅れたけど、誕生日おめでとうございました。
俺は10月なんでまだまだ・・・・
Tシャツとライターかぁ
いつまでたってもプレゼント貰えるのはいいもんですね。
去年までやったらこのライター欲しいって思ったけど・・・ね。
さぁ40代最後の年、何やりますか?
crazybeatさん

noodlesより
ありがとうございます。
crazybeatさん見事に禁煙成功ですね♪
しかも、テニスのコーチを始めるんですよね。
まあ、僕は花を追っかけて、ロックな生き方を模索し続けます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お誕生日おめでとうございました!!!
ふじまるかわい~!!!私も抱っこしたい♪
ステキなプレゼントにステキなお友達ですよね。
来年は節目の年。
是非ともハジけて大暴れしてください。爆
neuniさん

noodlesより
ありがとうございます。
はじけたいのは山々ですが、最近元気ないです。。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


以上、お祝いいただいた僕の大切なお客様です。
せっかくですから、さらに皆様同士の交流が生まれますように♪
ありがとうございました。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 17:56 | 雑文 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.19

にわか雨と鮨。

前のブログでも何度か紹介している、僕のとっておきの鮨屋。
大将の意向で、詳細はお教えできませんが。。
まあ、都内某所です、はい。



あ、昨夜のサッカー観ました?
やはり、メンタル面が弱いのかなあ。
まあ、クロアチアと同レベルなんでしょうね。。
それにしても、日本イレブンの諸君はワールドカップが終わってから、「どうしてあのとき、暑さなんぞ気にせずに、もっと死にものぐるいで頑張れなかったのだろう?」な~んて、小学生みたいに悔やむのかしら。
皆、プロだろう?
ま、いいか。。。



00tubugainimono.JPG

【お通し煮ツブ貝】
この店はお通しも、美味い。

01sasimi.JPG

【蛍烏賊、烏賊えんぺら、青柳のお作り】
大将が生より美味いと豪語する蛍烏賊のボイルがたまらない。

02arani.JPG

【あら煮】
最初から牛蒡を炊き込むことで、あらの臭みが飛ぶそうです。

03gyoku.JPG

【玉】

04chutoro.JPG

【中とろ】
僕は大とろは苦手です。

05nihama.JPG

【煮蛤】
これも伝統的な江戸前鮨ですね。一手間が大事。

06anago.JPG

【穴子】
穴子は仕込みが大変なんです。心して食べよう。。

07siromiru.JPG

【白みる貝】
大好物です。

08tai.JPG

【鯛】
流石、魚の王様って感じ。適度な油とさっぱり感で文句なし!

09akami.JPG

【赤身】
悪いけどやっぱ、鮪は赤身ですよ。。

10hatugatuo.JPG

【初鰹の叩き】
さわやかな油感がたまらない。

11saba.JPG

【生鯖】
この店で、これを食べなくちゃモグリです。

12kanpyou.JPG

【かんぴょう巻き】
僕のデザート。



いつぞやの大雨の夜、空いているだろうと高をくくって友人と行ってみたら僕達が入ってカウンターが満席。しかも皆常連さん。
「皆、考えることは一緒だな……」と互いの顔を見合う。。

二合徳利も頼んでお値段、一人6000円なり。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 19:23 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.15

goro`sにて。

00himekouji.JPG



昨日は朝、家内ともめた。
100%僕が悪いのだが。。
蒸し暑い、憂鬱な一日のはじまりである。
午後、会社近所の僕の花ポイントで、また新たな花を発見。
もの凄く小さな木に、スズランのような花がついている。
だが、パソコンに転送せずにデジカメ内に納めておいた。

【ヒメコウジ】
01himekouji2.JPG



そう、夜打ち合わせの会食の後、goro`sに行くことになっている。
ご存知のように、花の名前探しで、花追っかけオジさん先輩のゴローさんにお世話になっている。だが、店に来たのはほぼ一ヶ月ぶりである。

03IMG_0268.JPG


早速、デジカメのモニターで昼間撮った小さな木花について訪ねる。
「noodlesくん、これは偶然僕も今日の昼間撮った花だよ~」
「おお! そうなんスか?」
「ヒメコウジだと思うけど、念のためヤブコウジも後で検索してみてよ」
「凄い低い小さな木なんですよね!」
「これも秋には実がつくんだよ」
僕とゴローさんのいきなりな花談義を黙って聞いていた同行の先輩Nが口をはさんだ。
「noodlesもゴローさんも、おかしいよ!」
「ほっといてくださいよ~」
そこでゴローさんがニコニコしながら例のものを準備し始める。
N氏がまたいう。
「俺の予想として、noodlesがこの先焼き物に走り、自分の料理を自分で焼いた器に乗せたり、書家になるような気はしていたよ」
「あっ、何でわかるの? 当りですよ。まあ金と暇が必要ですがね……」
「何で花なんだよ? noodlesはどこに行こうとしてるんだ?」
「大丈夫。どこにも行きませんよ。まだいえないけど観ていてください」

04IMG_0273.JPG


06IMG_0280.JPG


そうこうしているうちに、ゴローさん自家製のジャムが供される。
今夜goro`sにきた目的は実はこれを食べるためだ。
サクランボ(左)、ジューンベリー(右上)、野苺(右下)。
どれも甘さが押さえられて、パンに塗るというより充分酒のあてになる。
まして、ゴローさんの日記でジャム作りの苦戦模様を読んでいたので感動である。
特にサクランボの種ヌキは苦労されたそうで、僕が食べた中に一粒種が残っていた。。

05IMG_0274.JPG


不意に、ゴローさんがいう。
「noodlesくん、これだけは憶えておいたほうがいいよ。ソメイヨシノには実はつかいないから。江戸後期に染井村にあった一本の桜を交配に交配を重ねたいわば変種で種なしなんだよ。だから日本や世界中にあるソメイヨシノは植林しない限り絶滅する運命なんだよ」
僕が以前、ソメイヨシノのサクランボとしてアップした画像のことを訂正してくれたのだ。

07IMG_0289.JPG


08IMG_0306.JPG


09IMG_0313.JPG



つまり地球上にある全てのソメイヨシノは、人と同じ有限な一生を課せられているというのだ。
いずれにせよ、花の命は短いのだ。人の一生も。


僕が桜や小さな草花に興味を持った理由が見えた気がした。。。


10IMG_0316.JPG

goro’s
〒160-0022 新宿 3-11-6 エクレ新宿 B1-b104
TEL:03-3356-0177





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 18:44 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.13

夕食の情景。

01shokutaku.JPG


皆さん、昨夜はサッカーですよね?
冷静にいうと、
先取点を取ったのに追加点を取るモチベーションを維持できなかった。
オーストラリアは先取点を取られていても、次々に選手交代し終止負けムードが皆無だった。
ってことにつきますね。
確実にゴールを狙ってくるオーストラリアに比べ、日本はゴール前まで攻めても結局追いつめられ苦し紛れの確実性を欠いたシュートしかできなかった。
実力の差も露呈してしまいましたね。。。



00wakamesoba.JPG

さて、休日の朝兼昼食。
例のスープと蕎麦(乾麺)で、若布蕎麦です。
スープがしっかりしているんで乾麺でも、やる気のない蕎麦屋より全然美味い。
そうこうしているうちに、北海道の母から狩りたての筍とスドキ(トップ画像中央)が送られてきた。
一緒にエゾツブ貝と北寄貝のむき身、水タコの足も入っていた。

02tubugai.JPG


03tubugai2.JPG

【エゾツブ貝】

04hokkigai.JPG

【北寄貝】

05takenoko.JPG

【筍】
北海道の筍は『根曲がり竹』とも『姫竹』ともいわれる学名『ちしま笹』という種類。ただし、北海道の人でこれを『破竹』という人もいる。真偽についてはもう少し調べてみます。酢味噌で。

06sarada.JPG

【長芋とトマトのサラダ】
長芋は叩いて、新玉葱とトマトをごま油、酢、醤油のドレッシングで。

07mizudako.JPG

【水タコ刺身】

08kimoni.JPG

【エゾツブ貝肝&北寄貝のヒモの煮物】
これが、日本酒にぴったり!

09mentaiko.JPG

【博多の明太子】
友人が送ってくれた。



冒頭に書いたスドキは、セリよりもクセがありますが病み付きになる。
セリは食べないが、何故か息子もスドキが大好きだ。
いつも、おひたしで食べるが味噌汁にも合います。
北海道ではスドキって呼ぶが、正式な名称はあるのだろうか?
シドケ、シドキ、スドケ、しどき、すどき、すどけ etc.秋田などで昔から親しまれていたようで、なまりで、色々呼ばれるようです。
一応流通上はシドケに統一されているそうだ。
茎の中が空洞で葉の形がもみじに似ていることから、『もみじがさ』というらしい。

sudoki.JPG


shidoke-top.jpg





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 18:16 | 家庭料理 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.09

若。

hanada.jpg


若乃花がプロデュースする、今や韓国はじめ全国展開するまでに成功した『』渋谷店に行ってきました。
ちゃんこ=ちゃんこ鍋だと思っている方が多いと思いますが、本来相撲部屋のまかないを総称してちゃんこ料理といいます。
父(ちゃん)と子(こ)で、ちゃんこ。
父と子供、つまり師匠と弟子が一緒の食事をするというところが語源だそうです。

01hotaruika.JPG

【蛍烏賊3種¥580】
酢味噌、漬け、からすみ乗せ。
酒は一ノ蔵(二合¥1400)をお燗で。

05saimori.JPG

【刺身3点盛り¥1800】
鮪、鯛、鰤。

02siochanko.JPG


03siochanko.JPG


04siochanko.JPG


06siochanko.JPG


07siochanko.JPG


08siochanko.JPG


09siochanko.JPG


10yakumi.JPG


11ra-men.JPG


12ra-men.JPG

【ちゃんこ塩鍋一人前¥2600】ラーメンセット¥750

僕が行ったときは、梅宮辰夫さんはじめ大物俳優の皆さんがパーティをしていました。
今時流行のサラリーマン向け、廉価で適度にゴージャス系の店です。
驚くのは、従業員がやたら多い。
これも今時のイケ面Boys&Girlsで固めてあり、鍋の仕切りも全てやってくれる。

鍋は塩・醤油・味噌・チゲから選べる。
で、一番お薦めだという塩ちゃんこ鍋を食べました。
鶏ガラスープで、鶏つみれがかなり美味しい。
野菜もたっぷりで淡白な味付けだが、薬味の柚胡椒とすりゴマで味が引き締まる。
仕上げはラーメンと雑炊を選べるが、当然ラーメンにした。
麺のアップを撮っていたら、「ブログですか?」と店員に突っ込まれてしまった。。
さらに、「麺だけのアップを撮られた方は初めてです」だって。。。

思わず、「僕はnoodlesだからね!」と心の中でぼけた。


shibuya.jpg

Chanko Dining若(渋谷店)
東京都渋谷区道玄坂1-11-3
フォースワンビルB1F
TEL:03-6415-4527
営業時間
月曜日~土曜日 17:00~ 5:00
(LO 4:00)
日曜日 / 祝祭日 17:00~ 23:00
(LO 22:00)
※運が良ければ、若乃花に会えるようです。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 15:11 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.06

炭火焼き肉本舗あぶり屋

maruchan.JPG

【まるチャン¥490】


花より団子の貴方へ。

我が家は焼き肉屋で、あまり肉を食べない。
もっぱら、内臓を食らうわけです。
最近、近所の『あぶり屋』なるチェーン店がなかなか美味くて安いとの噂を聞きつけて行ってまいりました。

kodomobiru.JPG

まずは、息子用の『こどものびいる』。
で、これがオヤジの酎ハイ。

chuhai.JPG

焼酎のハイボールです。

butatan2.JPG


butatan.JPG

【特製豚タン¥980】

reba.JPG

【レバ刺の切り落とし¥550】

harami.JPG

【ゲタカルビ¥880】

sanchu.JPG

【サンチュ¥390】

gokuhorumon.JPG

【極ホルモン¥490】

torimomo.JPG

【鶏もも¥490】

getakarubi.JPG

【ハラミの角切り塩焼き¥590】

mimikuri.JPG

【ミミクリ¥490】こめかみの肉だそうです。

kimuchi.JPG

【キムチ¥390】

dezato.JPG

【デザート¥200】

onmen.JPG

【温面¥750】

スタッフは皆若く、元気があり、イケ面Boys&Girls揃いである。
オペレーションも行き届き、気持ちの良い店であった。

【炭火焼き肉本舗あぶり屋】
神奈川県横浜市戸塚区下倉田202
電話:045-865-3729
営業時間
17:00~翌1:30
年中無休
収容人数160人(座敷80人)





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 19:54 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.06.05

僕のスープ作り。

今回は僕のスープ作りを。
まあ、かれこれ6年ぐらい週末にスープの仕込みをやってきたわけです。
かつては豚の骨(げんこつ)をかち割って、動物系と魚系を別々に仕込んだりとかなり本式でやっていたのですが、今は一通りの方法を試し、俺流(手抜き)に落ち着いてきました。

先日のリゾットにも使いましたが、どんな料理にも使えるスープです。
+01.JPG

1.鰯の煮干しは頭をとり、内臓も取り除いておく。頭はらーめんのタレなどに使うので捨てないでおく(タレ作りはまた次回にでも)。

+02.JPG

2.昆布(日高昆布2種)、干し椎茸。干し椎茸は軸から出汁が出るので、必ず軸付きで。

+03.JPG

3.1と2を水で一晩戻す。戻ったら、火にかけ沸騰寸前に昆布のみ取り出す。取り出した昆布は佃煮などに応用するので、冷凍しておく。

+05.JPG


+04.JPG

4.さらに内臓を取り除いた鶏がら(一羽分)を投入し、ネギの青い部分と山椒の実を2粒ほど臭み消しに入れる。

+07.JPG


+06.JPG

5.アクを取りながら2時間ほど弱火で煮込み、宗田鰹節ひと掴みを入れて20分で完成。因みに強火で煮込むと白湯(パイタン)になる。



08ajitama.JPG

ついでに、味玉子&焼豚も。
出来上がったスープを酒、塩で調味した液で味玉子を作る。
沸騰したお湯に、塩、酢を入れて玉子を静かに投入。沸々ぐらいの火加減で6分茹でてから、流水で15分冷やし、殻を剥いて調味液に2時間浸けると中がトロトロの味玉子完成。

09yakibuta.JPG

豚肩ロース肉に酒、塩、黒胡椒をすり込んでガスグリルで周りだけ焼き、その後電子レンジ弱で15分加熱。簡単塩焼豚の完成。



そんなことをやりながら、らーめんやらなにやら作っていま~す!

10moyasimenma.JPG

【もやし&自家製穂先メンマ】

11shouyu.JPG

【簡単塩焼豚&味玉子】

12tukemen.JPG


13tukemen2.JPG

【つけ麺】






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


Posted at 17:24 | らーめん | COM(0) | TB(0) |
2006.06.02

自家製生ハムのリゾット。

09*.JPG


僕のとっておきのリゾットをレシピつきで。

先日、書庫に眠っていた91年のダンチュウ『イタリアン特集』を眺めていた。
アルポルトの片岡護氏の生ハムとグリーンアスパラのリゾットってのがあった。
母から送られてきたグリーンアスパラは大量にある!
片岡レシピでは固形ブイヨンを使っていたが、そんなのよりも鶏ガラ&魚介のらーめん用スープがある!!
あとは生ハム? やってみるか? 例の秘密兵器で!!!
前のブログでも紹介しましたが、今まで散々自家製魚の干物を作ってきた。
その要領で、いざ!

シュガーレディの豚ロースしゃぶしゃぶ用に塩をして、ピチットシートにはさみ冷蔵庫へ。
翌日、また塩をして新しいピチットシートにはさみ、再度冷蔵庫へ。
翌日、味見! う、出来た~~~。
しかも、美味い!!
今回は初めてだったので、塩だけでやったが次回は黒胡椒も使ってみよう。
たぶん、いい酒のアテにあるはず……。
生ハムはまともに作ったら、1ヶ月近くかかるのに、3日で完成!(イエ~ッ♪)

06*.JPG


pichitto.JPG


では、俺流、完全無添加の自家製生ハム&グリーンアスパラのリゾット(4人分)に挑戦です。



01_1.JPG

1.グリーンアスパラ10本は根元をピーラーで剥いて、適当に切り分ける。

02*.JPG

2.玉葱みじん切りをエキストラ・バージン・オイルで炒め、酒100ccを入れる。

03*.JPG

3.玉葱が炒まったら、米(一合半)を投入。(米は洗わないのがイタリア風)

12supu* .JPG

※これが、らーめん用に仕込んだ鶏ガラ&魚介スープ。
昆布・鰯煮干し・宗田鰹節・干し椎茸を水で一晩戻し、鳥ガラを投入して2時間煮込む(軽く沸騰する程度の火加減)。

04*.JPG

4.玉葱と米を炒めて、スープをお玉に2杯入れる。

05*.JPG

5.さらにグリーンアスパラも投入。(穂先は入れない)
6.約20分ほど、かき混ぜながら弱火で炊く。(焦げつきそうになったら、適宜スープを足していく)

07*.JPG

7.米が炊きあがってきたら、生ハムとバター、粉チーズを適宜投入し、混ぜ合わせて完成。

08*.JPG

8.とっておいたグリーンアスパラの穂先は飾り用にボイルしておく。

足していくスープは控えめにするのがポイント。
お米がぷくっと、張りのある感じがリゾットです。
くれぐれも、おじやにならないように!

11*.JPG

【生ハム好きな息子用】


カロリー高めにつき、朝ないし昼にガツンと食おう!!
食卓で、黒胡椒や粉チーズ、塩を好みで調整して召し上がれ。
美味いよ~。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 16:55 | リゾット | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。