--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.27

横浜中華街『獅門酒楼』。

00simon.JPG

以前からたびたび通っている横浜中華街の老舗『獅門酒楼』です。
未食だった名物ジャンボ蝦蛄(シャコ)がお目当て。


01simon.JPG


02simon.JPG

【香辣大蝦蛄¥2.500】
ジャンボシャコ(3尾)の香港漁師風スパイス炒め。
タイから空輸されるジャンボシャコは16センチほど。
シャコに塩・胡椒・砂糖・醤油の下味をつけ、豆板醤をもみ込み片栗粉をまぶす。
にんにくを揚げたままの油でXO醤とトーチーを入れて炒めるそうです。
食前に下処理は店員さんが手慣れた手つきでやってくれます。
レタスに包んで食べますがボリューム満点!


03simon.JPG

【カメ出し紹興酒¥1.260(2合)】
8年ものの芳醇な香り、これは美味いです。


04simon.JPG

【お通しの生落花生】
運ばれてきたときは気がつかず、持ち帰ろうと思ったのですが、何と珍しい生落花生塩茹ででした。


05simon.JPG

【空心菜の海老味噌炒め¥1.000】
海老味噌が効いていて、ひと味違います。


06simon.JPG

【牛モツの冷菜¥1.200】
モツの臭みが全くない、さわやかな一品。


07simon.JPG

【海老と野菜の炒め¥1.200】
彩りのバランスが良い、茸、豆が美味しい一品。


08simon.JPG

【焼き餃子¥630】
驚いたのは家庭の餃子と違い、餡が徹底的に練り込んであり滑らかな食感でした。

この店は昔から子供に親切な店です。
家内が生ビール一杯、息子が特別に作ってもらったライチジュースを飲みましたが安いです。
お腹いっぱいでした。


index_p01.jpg

獅門酒楼
Tel 045-662-7675
横浜市中区山下町145
11:30~22:00(LO、21:30)
定休日/第1、2、3、火曜日





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




スポンサーサイト

Posted at 17:05 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.24

朝ご飯色々。(クイズの答え付き)

00misonikomiudon.JPG


01misonikomiudon2.JPG

【味噌煮込みうどん】
友人の穴澤が京都・大阪サイン会遠征でお土産に買ってきてくれた半生味噌煮込みうどんをアレンジして。


02tuna_tomato.JPG

【ツナとトマトの炊込み御飯】
昆布煮付け、メザシ、納豆、キュウリの味噌漬け、玉葱とじゃがいもの味噌汁。


03unagi.JPG


04unagi2.JPG

【鰻御飯】
義父からいただいた浜名湖の鰻。菜の花と麩のお吸い物で。


05kare-udon.JPG

【カレーうどん(乾麺)】
家内が作ったカレーの余りをうどんにアレンジ。


06shumai.JPG

【シュウマイ御飯】
産直の無添加シュウマイ(冷凍)、小松菜のおひたし、ずんだ(枝豆を潰して、白味噌で調味)、若布と豆腐の味噌汁で。


07morisoba.JPG

【もり蕎麦(乾麺)】
煎り胡麻、大根おろし、ねぎ、山葵の薬味と出汁巻き玉子、北海道筍味噌漬け、ほうれん草と鶏ささみの豚肉巻きで。


08ajihimono.JPG

【鯵干物御飯】
お中元でいただいた鯵干物、温泉玉子(箱根)、納豆、冬瓜と豚バラ肉の味噌汁。


09soumen.JPG

【素麺】
おろし生姜、万能ねぎ、味玉子、みょうが、すり胡麻、梅紫蘇ひじきと。


10kodaimai.JPG

【古代米御飯】
古代米を混ぜた御飯と若布の味噌汁、ポーチドエッグ、納豆、みずと油揚げのきんぴら、塩らっきょう、きぬさやの炒め物、塩鮭で。


11inaniwaudon.JPG

【稲庭うどん(乾麺)】
シソの葉、おろし生姜、煎り胡麻、茄子の醤油炒めと。


12tamagotojiudon.JPG

【玉子とじうどん(乾麺)】
関西風出汁(昆布、鰹、薄口醤油、塩、酒)で、玉子とじに。



【クイズの答え】
人魂花火

花火のようで花火でない! ひとだまくん
花火のようで花火でない! ひとだまくん





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 18:09 | 家庭料理 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.20

自家製パンチェッタのクリームパスタ。

00be-kon.JPG


以前、自家製生ハムのリゾットを披露したときに、既に考えていた自家製パンチェッタのパスタです。今回は学習して、ローリエとタイム、粗挽き黒胡椒、塩なぞ使ってみました。


01be-kon.JPG


02be-kon.JPG

1.シュガーレディの豚もも肉ブロック(何でもよい)に、塩・粗挽き黒胡椒・ローリエ・タイムをまぶして、ピチットシートで包む。


03be-kon.JPG


04be-kon.JPG

2.毎日ピチットシートを取り替えて、4日経ったら(好みでよい)食べやすい大きさにカット。


05be-kon.JPG

3.北海道の筍も食べやすい大きさにカットしておく。


06be-kon.JPG

4.エキストラバージンオイルで2.3を炒める。


07be-kon.JPG

5.炒まったら、酒を入れ少々煮てから生クリームを入れて塩で調味。


10be-kon.JPG

6.茹でたてのパスタを湯切りして5と合わせ、手早く混ぜながら炒め、水分をパスタに吸収させる。


08be-kon.JPG


09be-kon.JPG

7.グリーンペッパーを潰して、たっぷりかけていただきます。

12_1237.JPG



【自家製パンチェッタ味噌味】
これはトンカツ用のロース肉を水で少々のばした味噌をぬって、ピチットシートで作ったパンチェッタのパスタ。

13be-kon.JPG




市販の生ハムやパンチェッタ(豚塩漬け)は、添加物や防腐剤の宝庫である。
以前厚労省の統計を担当している大学の先生と呑んだことがある。
添加物・防腐剤が人体におよぼす影響について質問した。
答えは、
「正に統計データを集積している真っ最中だよ」
つまり、人体実験中だそうです。。。
当然その先生も無添加志向でした。

ピチットで手作りすれば、安心して食べられるってもんだ。

ピチットシート
ピチットシート





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 15:54 | パスタ | COM(1) | TB(0) |
2006.07.18

お弁当な日々2。(クイズの答え付き)

あと一週間で、子供の夏休みが始まるというのに、梅雨が明けませんね。
明けるどころか、日本列島の真上に梅雨前線がとぐろを巻いています。。

先日も書きましたが、電車通勤を始めて良かったこと。
・夜更かしが減った。
・朝早く起きれる。
・息子と朝食を摂る。
・家内が毎日弁当を作ってくれる。
・体脂肪が減った。
・本が読める。
・家内が毎晩晩酌の用意をしてくれる。
ってなところでしょうか。
そのかわり、テレビを一切観なくなりました。
仕事柄、世の情報には敏感でいなくちゃならないので(CM、ニュースなど)、ちょっと困りもの。
まあ、それだけ差し引いても悪くはない。
JR線よりも、東横線のほうが品が良いのも知った。

そんな中、たまりにたまった家内の弁当をご紹介。
お世話になっている他ブログの方で、旦那様のためのお弁当を披露している奥様は多いですが、
逆バージョンは少ないのではないでしょうか?


00bentou.JPG

【お握り弁当】
梅干し2個、塩鮭2個。海苔は別で。
おかず(半熟茹で玉子、昆布の煮付け、グリーンアスパラおかか和え)。


01bentou.JPG

【魚弁当】
御飯(ゆかり、梅干し、海苔佃煮)。
おかず(左から、大根煮物、きんぴらごぼう、さわら柚味噌漬け、厚焼き玉子)。


02bwntou.JPG

【ひじき御飯弁当】
御飯(ひじき煮物を混ぜたもの)。
おかず(左から、キュウリ朝漬け、昆布&椎茸の煮付け、揚げたじゃがいも、プチトマト、グリーンアスパラの炒め)。


03bentou.JPG

【魚弁当】
御飯(鮭、若布、ちりめんを混ぜたもの)。
おかず(左から、厚焼き玉子、ピーナッツ煮もの、さわら柚味噌漬け、プチトマト、ミズと油揚げのきんぴら)。


04bentou.JPG

【ドライカレー弁当】
御飯(ドライカレー、キュウリのじゃこ和え)
おかず(左から、干し椎茸&こんにゃく&大豆の煮物、茹で玉子、ボイルきぬさや、ガリ、プチトマト、ピーナッツ煮もの、ミズと油揚げのきんぴら)。


05bentou.JPG

【魚弁当】
御飯(古代米入り御飯、梅干し)
おかず(左から、茹で玉子、ボイルきぬさや、ガリ、さば塩焼き、ピーナッツ煮もの)。


06bentou.JPG

【魚弁当】
御飯(鮭、若布、ちりめんを混ぜたもの、梅干し、ピーナッツ煮もの)。
おかず(左から、肉じゃが、さわら柚味噌漬け、たくあん、キュウリの漬け物)。


07bentou.JPG

【おにぎり弁当】
しそひじき混ぜ御飯のお握り。海苔は別で。
おかず(鶏肉と枝豆の炒め煮、プチトマト、たくあん)


08bentou.JPG

【しそひじき御飯弁当】
御飯(しそひじき乗せ)
おかず(左から、ガリ、ピーマン&白ごまの炒め、茹で玉子、豚肉の海苔&チーズ巻き、じゃがいもカレー炒め、ピーナッツ煮もの)。

まあ、細かい部材は作り置きしてある常備菜が多いですが、ありがたいものです。
昼にラーメンを食べに行かなくなりました。。


【クイズの答え】
以前紹介した『平塚七夕祭』に行くと、必ず立ち寄る豆屋さんで買ったミルクピーというものです。梅干し味となってますが、あまり感じません。
梅干しと答えた方、それじゃクイズにならないし。。。

09mame.JPG


10mame2.JPG


ままちりさん正解。
ゴローさん大正解!
aoazulさん、ニアピン賞!





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!












Posted at 16:40 | 弁当 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.12

独断的パスタ2。(満月付き)

00_1082.JPG



先日、息子が『たらこキューピーオルゴール』なるものがほしいといいだした。。
我が家ではインスタントのたらこマヨパスタなんぞ食わした憶えはないのに。
んなもん! と一蹴したが日曜の朝、その日勝手に僕が決めていた花探しのこともあるので、息子へのご機嫌とりで明太子マヨネーズ・パスタを作ったのだった。。。

最近息子はロングパスタに飽きてきているので、お子ちゃまなマヨネーズを使えば食べるだろうとの読みもあった。
例の友人、穴澤賢の父ちゃん(あっちのブログでは有名らしい)が、上京したときにお土産で持って来てくれた博多の絶品辛子明太子も冷凍庫の中で賞味期限がぎりぎりになってきてもいる。

いくらマヨネーズとはいっても、チューブからチュ~っと出すんじゃ、noodlesの名がすたるってもんだ。では、久しぶりに作るか? 自家製マヨネーズ!


01_1060.JPG

1.室温にもどした玉子を卵黄と白身に分ける。


02_1065.JPG

2.卵黄に白胡椒、酢、辛しを加えシェイク&シェイク!


03_1070.JPG

3.さらに菜種油をほんの少しずつ加えながらシェイク&シェイク!!


04_1072.JPG

4.辛子明太子は皮から出しておく。


05_1078.JPG

5.先程のマヨネーズに辛子明太子を混ぜてソースを作る。


06_1075.JPG


07_1081.JPG

6.茹でたてパスタが固まらないように、パスタを湯切りしてパスタパンにもどし、菜種油でさっと炒めておく。


08_1087.JPG

7.炒めたパスタを器に盛り、5のソースをたっぷりかける。

万能ねぎの薬味に、1で分けておいた白身を溶いた味噌汁と一緒に。
た~らこ~~、た~らこ~~~♪
歌わなくてもよいが、かなり美味しいぞ!

※息子の小学校で、た~らこ~♪ の歌が流行っているそうです。。。


で、おまけに。

09_1018.JPG

【干海老とピーマンのナンプラー風味】
1.ニンニクみじん切りと干海老、エリンギをエキストラバージンオイルで炒める。
2.次にピーマンも炒め、酒、ナンプラーで調味。
3.茹でたてパスタを2のソースと加熱しながらよく混ぜ合わせる。
みょうがを薬味にいただきます。
香ばしい干海老の香りがたまりません♪


10_1040.JPG

【山かけパスタ!】
これはクリームを使わない、クリーミーなパスタを思案中に閃いた。。
長芋をすりおろし、卵黄とみりん、醤油で調味。
米油を混ぜた茹でたてパスタにかけていただきます。
簡単、スピーディ! 美味しい!!
熱々をガツンと。生きているならテキパキと。。
青のりが合います♪


さらにおまけ!
昨夜は満月。
うさぎが写ると思っていたら、月明りって強いのね。。
次回は8月9日だそうな。
今から、デジカメのマニュアルを研究しておこう。。。

mangetu.JPG






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


Posted at 17:05 | パスタ | COM(0) | TB(0) |
2006.07.10

平塚の七夕祭。

00tanabata.JPG


01tanabata.JPG


02tanabata.JPG


03tanabata.JPG


04tanabata.JPG



先週末、土曜は毎年恒例の平塚の七夕祭に行ってきました。
今年は天気も良く、かなりの人出が予想されましたが、案の定とんでもない人出でごった返していました。
何といってもメイン通りの大掛かりな飾りが見物ではあるが、息子にとってはやはり出店が楽しみ。僕の子供の頃から比べると、今のお祭りは見せ物小屋などがなくなり寂しい限りではあるが。


05tanabata.JPG

よくわからんが、今年の特選はあの『イナバウアー』!


06tanabata.JPG


15tanabata.JPG

『お化け屋敷』もあり、お化け好きな息子も興味津々であるが、まだ入る勇気はないらしい。。


07tanabata.JPG


08tanabata.JPG


09tanabata.JPG

願い事のお札は一枚100円、とりあえず書いてぶら下げる。


10tanabata.JPG

決して落ちない『射的』で、ゴジラとミニトランプを息子がゲット!
500円で7発! もとはとれたのか??


11tanabata.JPG


12tanabata.JPG


13tanabata.JPG


14tanabata.JPG

適当に、一回りして3時頃に腹ごしらえ。
もう、咽もカラカラ、小腹も空いてきた。
毎年必ず立ち寄るのが、この宇都宮餃子の出店。
店の奥にテーブルがあり、イートインスタイルになっている。
僕と家内はまずキンキンに冷えた生ビール(おかわりしました)。。
息子はラムネ。
餃子と牛肉串焼き、イワナの塩焼きで小休止。

息子のためとはいい、人ごみを歩くのは疲れますね~。
皆さんの七夕はどんなでしたか?






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 16:38 | 散歩・旅 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.07

韓国料理 炭火焼肉 キムさんの店。

000yaki.JPG


なんせ、我が家は焼き肉というより内臓好きなものだから、近所にある有名店ながら、未食だった『キムさんの店』本店。
本当に店主のキムさんが、テーブルに韓国語で挨拶に来てくれる。


00tubo.JPG


01tubo2.JPG


02tubo3.JPG

【壷漬カルビ】
メニューをながめていると、この店の売りは壷漬けのようだ。
で、壷漬けカルビなるものを注文。
壷の中のタレに大型のカルビ肉と各種野菜がロールにされて詰まっている。
トングで引き出してみると、肉のでかいこと!
でかいまま、さっと焼き、また壷にもどし蓋をしてタレをからめ、再度焼き網にもどしてハサミでカットしていただく。味もボリュームも満点。


03reba-.JPG

【レバー刺】


04senmai.JPG

【センマイ刺】


05kimu.JPG

【キムチ】


06kyuri.JPG


07makkori.JPG

【キュウリハイ(上)&マッコリ(下)】


09harami.JPG

【特上ハラミ】


10siotan.JPG

【塩タン】


11mino.JPG

【ミノ】


12horumon.JPG

【ホルモン】


13tori.JPG

【鶏もも肉】


14reimen.JPG

【冷麺】


15hasi.JPG

【キムさんの店】
住所:横浜市栄区長沼町208-4
電話:045-871-3459
定休:無休
営業:17時~24時半(土日祝日12時~23時半)


※すみません、まだ元気がでないので焼肉でもながめてお帰りください。。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 20:39 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.07.05

暗い気持ち。

00tomato1.JPG


テポドンが飛んでいたそうで。。
はたして命中させる気はあるのだろうか?
それとも噂通り、そこまでの精度に至っていないのか?
どちらにせよ、威嚇しているだけなのか?
何を考えているのか。
理解の外である。。。

さらに朝から気持ちを暗くさせるほどの、激しい雨。
以前書いた、優しい叔母の後を追うように昨夜旦那である叔父が心不全で倒れ遺体となって浴槽で発見されたという。


で、書く気が起きないのですが、
憂さ晴らしに今朝作ったトマトとチンゲン菜のタンメンです。
家内と二人で無言ですすりました。

01tomato2.JPG

●トマト、エリンギを食べやすい大きさに裂いたものをニンニクみじん切りと米油で炒める。
さらにチンゲン菜を加えて炒める。


03tomato3.JPG

例のスープを投入し、乾燥キクラゲを加え、塩、酒、みりん、薄口醤油少々で調味して弱火で煮る。


04tomato4.JPG


05tomato5.JPG

●冷凍しておいた横浜中華街永楽製麺所のタンメンを、凍ったままたっぷりの沸騰した湯で茹でる。冷凍により固まった麺をほぐす感じで。



ついでに、先週末に作った濃い口醤油の鮪頬肉チャーシュウ麺も。
たっぷりの若布と一緒に。

06hohoniku.JPG


お粗末さまでした。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 18:53 | らーめん | COM(0) | TB(0) |
2006.07.03

晩酌の情景。

00banshaku.JPG


01banshaku.JPG

【焼き鰯ののっけ盛り、無添加蒲鉾】
冷凍の焼き鰯(フィレ)に生姜、ねぎ、大葉、みょうがを刻んだものを乗せて、ポン酢でいただく。


02banshaku.JPG


03banshaku.JPG

【冷や奴、グリーンアスパラ、ドライカレー】
みょうが、ねぎ、おかかの冷や奴。茹でたグリーンアスパラはオリーブオイルと塩、胡椒にレモン汁をかけていただく。〆に豚ひき肉と茄子のドライカレー。


04banshaku.JPG


05banshaku.JPG


06banshaku.JPG


07banshaku.JPG

【鯛のブラジル風カルパッチョ、白アスパラの豚肉巻き、白アスパラの刺身、】
鯛刺しを新玉葱スライス、ドライバジルとケッパーでカルパッチョに。何とか3分クッキングでブラジル風といっていたそうだが、どうなのだろう。。
白アスパラは豚肉で巻いても、山葵醤油で刺身にしても美味い! 大好きです。


09banshaku.JPG


08banshaku.JPG

【山椒縮緬雑魚、納豆鶏ひき肉丼】
グリーンの生山椒の縮緬雑魚、これは山椒がぴりぴりで舌が痺れる。日本酒にぴったり。
納豆、鶏ひき肉、ねぎ、オクラを醤油味で炒めたものの丼。これは普通に納豆御飯にしたほうが美味しいかも。。


10banshaku.JPG


11banshaku.JPG

【無油ツナとインゲンの醤油煮、焼き秋刀魚ののっけ盛り】
冷凍の焼き秋刀魚(フィレ)に生姜、ねぎ、大葉を刻んだものを乗せ、ポン酢で。
驚くほど油が乗っていて美味しかった。


12banshaku.JPG


13banshaku.JPG

【さわら西京漬、梅干し、トマトとオクラのリゾット風雑炊】
これぞ、晩酌! って感じの組み合わせ。梅干しはシュガーレディのものだが、僕が今まで食べた梅干しの中で一番である。


最近、わけありで毎晩電車で帰宅。
終電は“乗り馴れていない”僕にはまだハードルが高いので、9時半ぐらいの電車に乗る。
電車のいいところは本が読めるってとこ。
それはそれで楽しい理由を作り出すのが得意なので、先週など一度も飲み会を入れなかった。
で、毎晩電車でもう記憶が薄くなってきている宮本輝『蛍川』をうるうるしながら再読したりしている。
駅から徒歩20分弱だが、バスを使わないで歩く。
おかげさまで、体脂肪が5%ダウン!

さすがに帰宅時間が11時近くになっているので息子は寝ているが、定時に帰るようになると、家内が晩酌の用意をしてくれている。こんなことは新婚時代以来なかったことだ。
ってわけで、今回はすべて家内が作った料理でした。

ごちそうさまでした。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!





Posted at 17:05 | 晩酌 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。