--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.31

夏休み♪(クイズ付き)

行ってきました、ゲゲゲの鬼太郎の旅!
【ねずみ男駅(米子駅)】
*00ge.JPG


01ge.JPG

【猫娘電車】
02ge.JPG

【傘化け駅看板】
03ge.JPG

【境港駅前の水木しげる像】
04ge.JPG

【境港駅前の鬼太郎ポスト】
05ge.JPG

【境港駅前のぬらりひょん像】
06ge.JPG

【境港駅前の河童公衆便所】
07ge.JPG

【境港駅前交番】
08ge.JPG

【境港駅前で鬼太郎と記念撮影】
09ge.JPG

【観光客もまばらな駅前を孤独に歩く鬼太郎】
10ge.JPG

【商店街の記念撮影ポイント】
11ge.JPG

【客商売ではない店でもディスプレイは妖怪】
12ge.JPG

【酒屋も妖怪】
13ge.JPG

【飲み物も妖怪】
14ge.JPG

【履物屋も妖怪】
15ge.JPG

【119体の妖怪案内図】
16ge.JPG

【床屋さんも妖怪。鬼太郎ちゃんちゃんこ、下駄で】
17ge.JPG

【パン屋さんも妖怪】
18ge.JPG

【土産屋で紙皿に絵を描き、無料で店内に展示される】
19ge.JPG

【ねずみ男と記念撮影】
20ge.JPG

【大好きなキジムナー像(沖縄の妖怪)と】
21ge.JPG

【等身大水木先生と】
22ge.JPG

【街灯も目玉親父】
23ge.JPG

【帰りは鬼太郎電車で】
24ge.JPG



すっかり妖怪にハマった息子の夏休みの思い出に、水木しげるの故郷である境港へゲゲゲの鬼太郎のルーツを辿る旅。
日頃、北海道へ飛行機ばかりの息子に電車の旅を、ということで早朝7時半、新横浜からのぞみで岡山へ、岡山で八雲に乗り換え米子に到着。
米子→境港行き0番ホームは『ねずみ男駅』と仮称されている。
米子から猫娘電車に揺られ40分。途中駅は全て妖怪の仮称で統一されている。
境港到着は15時過ぎである。いや~、遠い。。しかも猛暑!
境港駅前からいきなり水木しげるロードがスタート! 駅前のポストも交番も何もかもがゲゲゲの鬼太郎である。
現在、妖怪ブロンズ像119体!
境港市観光協会が全国からスポンサーを募り、平成16年11月より『妖怪ブロンズ像めざせ100体』と銘打ってはじめた観光プロジェクトだそうだ。
2泊3日の旅は全てゲゲゲの鬼太郎で終わってしまった。
松葉蟹は11月から漁が始まるそうで、食べられなかった。。
だが、人口の少ない、静かな街はかなり気にいった。
次回は冬、是非松葉蟹を食べに行きたいなあ。

※グルメ編は次回に。



【クイズ、これな~んだ?】
25ge.JPG






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!

スポンサーサイト

Posted at 17:16 | 散歩・旅 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.30

横浜おいしいミニオフ報告。

先週金曜日、横浜でフレンチを楽しむオフ会に参加しました。
横浜駅西口にほど近い、ひっそりと落ち着いたたたずまいの店アンサンセ。
では、ごゆっくりどうぞ。
22of.jpg


【プチトマトのシャンぺンコンポート】
食前酒のシャンペンの付け合わせ。皮を剥いたプチトマト、フルーティです。
01of.JPG

【全粒粉の自家製パン】
外側はカリッと香ばしく、中は全粒粉の風味が生きたもちっとした食感。
温かいまま、供されます。
02of.JPG

【勝山のスズキとホタテ貝のカルパッチョ仕立て】
新鮮なスズキにはトマトのジュレ、帆立には甘く煮付けた無農薬レモンの皮が乗っています。
付け合せの柔らかく煮たポロネギ、サヤごと食べる四角豆、フルーツトマトが彩り鮮やかです。
散らしてあるのはバジルの原種だそうで、通常のバジルよりも小振りな葉でした。
これらの主役を引立てるオリーブオイルも絶妙で、特筆すべきはホタテの寝かし具合、濃厚な風味でした。
03of.JPG


04of.JPG


魚料理に合わせてグラスワイン(白)を2種、ソムリエの御薦めでいただきました。
♪Macon Chaintre Vieilles Vignes(Domaine Valette)2002(マコン・シェイントレ ヴィエイユ・ヴィーニュ(ドメーヌ ヴァレット))
♪CUVEE MARIE jurancon Sec 2004(ジュランソン セック キュベ マリー)
僕は上のドメーヌ ヴァレットを飲みましたが、シャルドネベースのドライで魚料理にぴったりの相性でした。
キュベ マリーは貴腐ワインを彷彿させる甘いスモーキーな味わい。
05of.JPG


06of.JPG


【フレッシュフォアグラのポワレ、アレキサンドリア添え】
表面がカリッとソテーされた新鮮なフォアグラと、アレキサンドリアのフルーティな味わいが絶妙なバランスでした。
07of.JPG


ここで、メインの肉料理に向けて、赤ワインをボトルでいただきました。
♪Chateau de Cazeneuve Pic-Saint-Loup Roc des Mates 2003 Cteaux du Languedoc(シャトー・ド・カズヌーブ ピク・サンループ、レ・ロック・デ・マテ コトー・ド・ラングドック)
シラー80%、ムール・ヴェドル(地葡萄)20%のフルボディのどっしりした味わい。
09of.JPG


08of.JPG


【子羊のロースト】
メインは3種の中から、チョイス。
驢馬人さん、palmeritaさんが選んだもの。
鞍下肉という部位で、多分肩ロースだと思われ。見るからにジューシーで柔らかそう。
驢馬人さんに別けていただいたが、見た目に違わぬ美味しさでした。
10of.JPG

【シャラン産鴨胸肉のロースト】
まさとし&よしみさんご夫婦が選んだもの。
同じ鴨肉のささみ部分も乗っていました。
11of.JPG

【アンドゥイエット】
ricetta-casualeさんと僕はこれ。
フランスシャンパーニュの郷土料理、内臓好きにはたまらないソーセージ。
細かく刻んだ各種豚の内臓がぎっしりと詰っていますが、巧みなスパイス使いで臭みは皆無。
驢馬人さんの子羊のローストも良かったが、こちらにして大正解!
付け合わせの小玉葱のローストが柔らかく、香ばしい。
12of.JPG


14of.JPG


13of.JPG


ここでデザートにいく前に、さすが皆食ブロガー!
物足りないってことで、コース外でチーズなど。
豊富なチーズを前に、「全部食いたい!!」と思ったのは僕だけではないはず。。
ここで、チーズ用にグラスワイン赤(ドメーヌのボジョレー系)を所望(写真写りが悪く検索不能)。
色鮮やかなミモザ、青カビ系、山羊、ウォッシュ系から5品をチョイス、枝付きの干葡萄が美味しい。
なんとpalmeritaさんも、臭っさいチーズ大好きとのことで多いに意気投合!
フランスパンをカリカリに焼いたもの、上記全粒粉パンのカリカリ、レーズン入りのカリカリパンと一緒に。
15of.JPG


17of.JPG


18of.JPG


16of.JPG


19of.JPG

【フルーツのスープ仕立て】
デザートはローズヒップとハイビスカスの赤い冷製スープにたっぷりのプラム系フルーツ、ミントとバニラ(半分ずつ)のアイスクリームが乗っています。
甘すぎず、僕にも美味しくさわやかな味わい。
20of.JPG

【コーヒー】
ローストの効いたモカブレンド。
香り高く、美味しい、最後までお店のセンスが光ります。
以上で¥5.500のコース(ワイン、チーズを除く)。
最後に我々ブロガーのために、手書きでコースメニューを書いていただいた。
ありがとうございました。
21of.JPG


23of.JPG




今回は盟友驢馬人さんのお誘いで、『横浜の美味しいミニオフ』に参加。
参加メンバーは、

驢馬人さん(横浜発 驢馬人の美食な日々)
palmeritaさん(遊食な日々 )
ricetta-casualeさん(偶然のレシピ )
♪理恵さん(ブログなし、驢馬人さんの読者の方)
まさとしさん&よしみさん(横浜発! おいしいもの!!)

※僕のつたない説明より、上記参加メンバーさんのブログの方が参考になるかも知れません。是非どうぞ。

人見知りな性格ではあるが、驢馬人さんからのお誘いということで翌日からの夏休み前夜祭的なノリで出かけた。
全員が食べること大好き人間の集まりであるから、会話に詰ることはないので楽しい。
お店はワインスクールの講師の方がソムリエなので、気軽にワインを楽しむお店としても重宝しそうです。
さらにラーメン関係のオフ会と違って、ハンドルネームではなく本名で自己紹介し、職業なども明かすので、いたって大人なオフ会であった。



ワイン&レストラン アンサンセ
住所:横浜市西区北幸2-5-22福井ビルB1F
電話:045-290-0800
定休:月曜・第3日曜
営業:17時~23時LO
24of.JPG






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 13:09 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.24

晩酌3。(クイズ付き)

【湯豆腐】
僕の湯豆腐は、おかかと生醤油が基本。
これにネギ、生姜、一味唐辛子などあるものを足していく。
麦焼酎ロックで。
00ban2.JPG


【獅子唐じゃこ醤油炒め、切り昆布、鯛刺し、えのき茸醤油煮大根おろし】
レッドアイで。
02ban2.JPG


【焼き塩鮭(カマ)】
シンプルに、日本酒で。
03ban2.JPG


【鶏ささみ唐揚げ、長芋、みょうが酢の物】
長芋は山葵マヨネーズ和え。レッドアイで。
04ban2.JPG


【切り干し大根、小松菜おひたし、ずんだ、鯵干物】
日本酒で。
05ban2.JPG


【ぶっかけうどん】
晩酌じゃなく、夜食です。家内が疲れていてこの日はおつまみ無し。
06ban2.JPG


【カボチャと牛肉煮物、イカ一夜干し、キュウリ2配酢、インゲンとシーチキンの和え物】
イカ一夜干しはバター醤油炒め。シーチキンはノンオイル無添加の缶詰。
レッドアイで。
07ban2.JPG


【カボチャと牛肉煮物、切り干し大根、もやしおひたし、ミニ帆立刺身】
麦焼酎ロックで。
08ban2.JPG


【一夜干しさんま開き、ネギ出汁巻き玉子】
一夜干しさんまの開きは大好物。秋さんま以外ならこちらのほうが好きです。
背骨以外、全て食べられます。
レッドアイで。
09ban2.JPG


10ban2.JPG



冒頭の湯豆腐について。
昨日も書きましたが、暑いときこそ熱いものを食べます。
ですから、駅から徒歩20分、汗だらだらで帰宅→シャワー→湯豆腐→汗だらだら。。
我が家の湯豆腐は、昆布と水と豆腐のみ。
これに鰹おかか、生醤油が基本です。
出汁醤油よりもおかかをたっぷり使い、卓上で、醤油をかけながらいただくのが一番美味しいです。醤油が豆腐の昆布出汁で薄まってきたら、飲む。
これが正調湯豆腐の食べ方です。




【クイズ!】
11ban2.JPG

夏休みの息子が、僕の帰宅時間に合わせて焼酎をディスプレイしてありました。。
怪獣の名前、わかりますか?
ヒントは、全てウルトラQ怪獣です!





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!






Posted at 17:08 | 晩酌 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.23

最近の自作らーめん、など。

【支那そば】
例のスープを濃口醤油、みりん、海老油で調味。豚モモ肉の焼豚、黄身二つの味卵、菜の花(冷凍)、ネギなどを乗せて。麺は横浜中華街永楽製麺所の伊府麺。
00ra.JPG


【穂先メンマと搾菜炒めらーめん】
例のスープを濃口醤油、みりん、にんにく油で調味。刻んだ搾菜を青ネギと牡蠣油、酒、粗挽き黒胡椒で炒め、穂先メンマと麺に乗せて。麺は横浜中華街永楽製麺所の伊府麺。
01ra.JPG


【穂先メンマの作り方】
1.乾燥穂先メンマを水で洗う。
02ra.JPG

2.洗ったメンマを一日一回、一時間ほど茹でる。茹でこぼし水に浸す。これを毎日10日繰り返す。
03ra.JPG

3.10日経った状態、これで柔らかく戻っている。
04ra.JPG

4.菜種油とごま油(少々)で炒め、ニンニク(一片)の擦りおろしを加え、塩、白胡椒、酒で調味。
05ra.JPG

5.完成。らーめん以外にお惣菜としても重宝します。
06ra.JPG


【冬瓜と鶏ささみらーめん】
例のスープを濃口醤油、みりん、鶏油で調味。鶏ささみのボイル、冬瓜の皮を塩茹でしたものを乗せて。麺は横浜中華街永楽製麺所の伊府麺。
07ra.JPG


【油麺】
刻んだ昆布を豆板醤、塩、酒で炒める。搾菜も胡麻油、牡蠣油、酒で炒めておく。
彩りにインゲンを茹でておく。
茹でたての麺は海老油を和えておく。
丼にニンニク油、濃口醤油、みりん、白胡椒、魚粉を入れておき、麺、具材、酢を卓上で混ぜていただく。とろろ昆布のお吸い物と。麺は横浜中華街永楽製麺所の伊府麺。
08ra.JPG


【ソース焼そば】
キャベツ、自家製生ハム、イカゲソ、おたふくソースで。
09yaki.JPG


10yaki.JPG



以前、夏限定冷やし麺をご紹介しましたが、個人的には暑いときこそ熱いものを食べたい。
高校を卒業後上京してすぐの夏休み、猛暑に不慣れで清涼飲料水をガブ飲みしていた。
でも、飲んでも飲んでもノドが乾く。
みるみる食欲がなくなり、素麺ぐらいしか受け付けない。
あとは清涼飲料水の糖分だけで過ごしていたら、むくんで発熱し、起きれなくなった。
少し落ち着いた頃、北海道に帰り、肉体労働のアルバイトをしました。
3食の規則正しい食事と、労働による発汗で見事復活したという苦い経験があります。
夏バテ対策は発汗し、新陳代謝を促すのが一番ですね。。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!





Posted at 16:51 | らーめん | COM(0) | TB(0) |
2006.08.21

子供の夢、オヤジの夢。

000urufesu.JPG

今年も池袋サンシャインシティ文化会館において『ウルトラマンフェスティバル2006』が開催された。
今年はウルトラマン生誕40周年とのことで、展示内容は群を抜いて充実していた。
初代ウルトラマンの放映は1966年。
当時僕は小学校3年、奇しくも息子も3年生のときウルトラQ、ウルトラマン怪獣にハマった。
まあ、ハメたのは僕と家内であるが。。
会場は当時のイメージで再現されており、昭和の懐かしい雰囲気が大人の僕にも郷愁を誘う。

00urufesu.JPG


01urufesu.JPG


02urufesu.JPG


03urufesu.JPG


04urufesu.JPG


05urufesu.JPG


06urufesu.JPG


07urufesu.JPG


懐かしい、ソフビ人形(ソフトビニール)、怪獣のぬいぐるみ、ウルトラQ~の台本、衣装などが処狭しと展示されている。
ビートルズの来日も1966年である。
何故かビートルズのコーナーまであり、イベント企画スタッフの気合いの入り具合が微笑ましい。

08urufesu.JPG

ところがなんと、特撮の父円谷英二氏とウルトラマン、怪獣、隊員の記念撮影まで展示されている。
ちょっと、待った~! いいのか?
改めて、初代ウルトラマンのプロフィールを見る。

●身長:40メートル
●体重:3万5千トン
●年齢:2万歳
●職業:宇宙大学の先生、宇宙警備隊支部長。
●父:宇宙保安庁長官
●母:ウルトラ学校の先生

円谷先生と同じ背丈でいいのか?
僕は何時頃、ウルトラマンには人が入っていると知ったのだろう。
息子には早い段階で、特撮の意味を教えた。
だが、会場内で催されるウルトラマンショーでは、現ウルトラマンファンの子供達が必死で、
「頑張れ~~~、ウルトラマ~ン!!!」と声援を贈っている。。
あの子供達は、いつまで身長40メートルのウルトラマン像を描くのだろう?

09urufesu.JPG


おいおい! ウルトラセブンは靴はいて、グローブはめてたんかい!!
今年のウルフェスは子供より、僕らオヤジを相手にしていた気がする。。。


※我が北海道代表、駒苫は惜しくも夏の甲子園3連覇ならず、でも頑張った! ご苦労さん。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!





Posted at 18:46 | 散歩・旅 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.18

『沈まぬ太陽』を読んで。

xo_gekka2.JPG

どうしても妥協なんかできない。
しかし、仕事においても、家庭においても、妥協との葛藤の毎日である。
自分と他人の倫理観の相違は往々にしてある。
「流れを読めよ」
「お前独りが正義感をふりかざして英雄きどりか?」
自分の倫理を押し通せば、必ずそう批判される。
そして、王道からの脱落者として社会から追いやられてしまうだろう。
では、正義とは少数派なのか?
正義とは王道から逸脱する行為だというのか?
正義を曲げて、流れに乗ることが王道(メジャー)なのだろうか?
民主主義、資本主義とは己の倫理を押し殺した上で成立するという矛盾を、常に抱える。
勿論、内外の状況を無視して靖国参拝した頭首Kは論外であるが。。

※戦後、国の統括企業として世界への空路を確保し、物流・文化発展の一因を築いていった日本航空。日航労組の委員長を勤めた主人公(実在)は、東大卒のエリート社員だったにもかかわらず、自らの倫理(空の安全)を貫いた末、中近東・アフリカ諸国赴任という10年に及ぶ、流刑の罪を課せられる。

あとがきを読むと、作者は正義の意義において悩み続け、一時断筆しようかとまで思ったというようなことを書いておられる。
しかし、21年前の8月12日におこった日本航空123便の520名もの命を奪った世界最大にして最悪の御巣鷹山事故を取材しながら、被害に遭われたご遺族の方々の声を広い集めていく中で、あの悲劇を埋没させてはならないという使命にかられ、全5巻の大作を完結させたそうだ。
執筆にあたっての作者のご苦労ぶりは、ここに詳しい


前から読みたかったが、大作故になかなか時間が取れなかった。
やっと『沈まぬ太陽』を、電車通勤で読みふけった。
人命にかかわる正義の重さと、単なる一企業人として保身にひた走る姑息な正義の重さ。
大いなる理念と、今そこにある理想、貴方ならどちらを選ぶだろうか?

追伸)本来ならば8月12日の21回忌にこの記事をアップしたかったが、遅読なため叶わな
   かった。。
   僭越ながら、御巣鷹山事故被害者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

沈まぬ太陽(1(アフリカ篇・上)) 沈まぬ太陽(2(アフリカ篇・下)) 沈まぬ太陽(3(御巣鷹山篇)) 沈まぬ太陽(4(会長室篇・上)) 沈まぬ太陽(5(会長室篇・下))





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!








Posted at 16:27 | 読書 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.17

鎌倉散歩。(クイズの答え付き)

昨年まで、毎週のように通っていたせいか、息子が鎌倉散歩を嫌うようになった。
ちょうど、親戚の家に泊まりがけで遊びに行って息子がいない隙に、久々の鎌倉散歩に出かけた。
まず、北鎌倉駅で下車し、駅前の『光泉』でお昼用に稲荷鮨を買うのが恒例。

00ina2.JPG

浄智寺の裏から、源氏山を抜け長谷寺までの徒歩約1時間のハイキングコースが僕の定番散歩コース。
ハイキングコースとはいえ、かなり起伏に富んでいてすぐに息が上がるが、山道の木陰に抜ける涼しい風が心地よい。
歩いている途中、春先と違いさほど花は多くはないが、ヤブランがあちらこちらで咲いている。

【ヤブラン(薮蘭)ユリ科】
01yaburan1.JPG


02yaburan2.JPG

立ち止まって撮影していると、すぐにヤブ蚊が襲ってくるが何のその!
また歩き始めると、ツルボの蜜に止まるしじみ蝶を発見。

【ツルボ ユリ科】
03turubo.JPG

行き交うハイキング客と挨拶をかわしながら、途中、銭洗弁天近くの休憩場所でランチタイム。
光泉の稲荷鮨は賛否両論あるようだが、僕は大好きだ。

04ina1.JPG

いつも山の中の空気と一緒に味わうからか、とにかく美味しい。
一折り600円はリーズナブルで、まだ半分を残す散策のための鋭気を充分に再燃させてくれるのだ。
腹ごしらえが済み、そぞろ歩いていると100メートルほど続くミズヒキの群生に出会う。
以前撮ったとき、ゴローさんに教えていただいたギンミズヒキ(白花)があるかも知れないと期待が膨らむ。
ありましたよ! 視力の良い家内が見つけてくれました。

【ギンミズヒキ(銀水引)タデ科】
05ginmizuhiki.JPG

気を良くして歩いていると、ミズタマソウも発見。

【ミズタマソウ(水玉草)アカバナ科】
06mizutamasou1.JPG


07mizutamasou2.JPG

噴出す汗と、既に10カ所かく蚊にくわれた痒みに耐え披露もピークに達するころ、大仏で有名な高徳院脇に到着する。
お盆休みの観光客がごった返す、山の道の風情とのギャップを横目に目指すは甘味処『旬憩』。

08tokoroten.JPG

餡蜜を頬張る家内をよそに、僕のお楽しみは鎌倉ビールとところてん。
鎌倉地ビールの濃厚な苦味と、ところてんの取り合わせの粋は歩き疲れた者だけが知りえる特権である。
汗も乾いたころ、長谷寺を右に見ながらさらに鎌倉駅に向かって40分ほど歩く。

09kama1.JPG


11kama2.JPG

古い街並みを眺めながら、眼に鮮やかな深紅のハゴロモルコウソウを発見。

【ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)ヒルガオ科】
10hagoromorukousou.JPG

民家の塀伝いで蔓をめぐらせ、昼下がりの蝉時雨に、緑と赤のハレーションが眩しかった。
こんな週末が、近頃のお気に入りである。




【クイズの答え】
12MANDAM.JPG

マンダムの看板。
この古いロゴの看板はかなりのレア・アイテム!
鎌倉からの帰り、我が街の古い化粧品屋さんで発見。
15年以上住んでいて、今まで気がつきませんでしたよ。。。






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 16:41 | 散歩・旅 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.16

MOVIE BATON(クイズ付き)

てんてんさんから、暗にご指名されたMOVIE BATON ですが、コース料理が嫌いな僕はやっぱり俺流に逸脱することにします。
簡単には流せません、映画については。。


【モスラ】
モスラ
モスラ

詳細はここを参照されたい。
息子が怪獣にハマったときに再び観たが、フランキー堺をはじめとする豪華キャストや、作品のエンターテインメント、社会的なメッセージから当時世界放映を目指していたことに納得する。
60年代の数ある怪獣特撮物が今も鮮烈に印象に残るのは、やはりビデオなどのメディアがなかったからだと思う。
ウルトラマンもその日見逃すと、二度と観れないという通念があり、だからこそ子供ながらにもの凄い集中力で観ていたのだろう。

【狼の挽歌】
狼の挽歌
狼の挽歌

僕が小学高学年の頃、何故か男性化粧品ブームがあった。
資生堂MG5の団時郎、同ブラバスの草刈 正雄、満を持して登場したのが丹頂マンダム(現在はMANDAMに社名変更)である。当時ポマード、ヘア・チック(懐かしい)しか製造していなかった丹頂が資生堂に対抗して、3億円のギャラでチャールズブロンソンをCFに起用。監督は当時売れっ子CF監督だった大林宣彦。
グランドキャニオンで馬を駆り、「ウ~ン、マンダム」とブロンソンがお茶の間に登場したときはぶっ飛んだ!
んなわけですっかりハマったブロンソンをスクリーンで観た最初の映画が『狼の挽歌』だった。

【ある愛の詩】
ある愛の詩 スペシャル・エディション
ある愛の詩 スペシャル・エディション

「愛とは決して後悔しないこと……」
アカデミー賞作曲賞に輝いたテーマ曲が大ヒットした。
街を歩いても、テレビを観ても、ラジオを聴いても『ある愛の詩』だらけだった。
で、超純愛映画だと思って(確かに純愛映画である)、中学2年のとき初恋の彼女と観に行った。
しかし、予想に反してキス・シーン、ベッド・シーンの連続で、思春期ど真ん中でありながら純な田舎者だった僕にはばつが悪かった。

【ゴッドファーザー】
マーロン・ブランド/ゴッドファーザー
マーロン・ブランド/ゴッドファーザー
ゴッドファーザーPART2 ◆20%OFF!
ゴッドファーザーPART2 ◆20%OFF!

映画が好きな紳士淑女は数あれど、この映画を観ずして映画を語るなかれ、と僕はいいきる。パート3はまあ観なくても問題はない(金に困ったコッポラが惰性で制作したので)。
しかし、1、2は観ないとあなたの人生に多大な損害をもたらすであろう。
僕は100回以上観てます。もう人生のバイブルです。
1920年代のファッション、車、街並、経済など視覚で楽しんでまず一回、それぞれのキャスティングの妙と俳優の演技、魅力でまた一回、何といっても今だにアメリカのヤッピーが会議で引用するといわれる数々の名台詞を楽しんでさらに一回、最低三回は観れます。
僕が持っているボックスセットにはボーナストラックに紛失したとされていたマーロンブランドのドン役テストフィルムや、パート1で実はソニー役のテストをデ・ニーロも受けていてそのすさまじいテストフィルムも納められている。蛇足だが、このデ・ニーロのソニー役は演技が迫真過ぎてボツとなった。だが若きデ・ニーロの才能に惚れ込んだコッポラ監督がパート2のシナリオを書くときに若き日のドン役をデ・ニーロのイメージで書き上げたという逸話がある。

【未知との遭遇】
【新品】 DVD洋画 未知との遭遇(ファイナルカット版)
【新品】 DVD洋画 未知との遭遇(ファイナルカット版)

僕が小学生のときに読んでいた『少年マガジン』の雑コラムに不定期でアメリカのUFO情報が載っていた。当時米空軍が数あるUFO目撃情報を解析するために『プロジェクト・ブルーブック』が組織され、アレン・ハイネック博士がほとんどのUFO目撃情報は気象条件などが理由として否定しまくった。しかしその後、一割の否定しえない目撃情報により同博士はUFO肯定論者になっていったという。
小学生時代、夢中になって読んでいたUFO目撃情報を見事なまでに映画としてエンターテインメント化した作品であり、実際この映画のスーパーバイザーはアレン・ハイネックが努めている。

【バットマン】
バットマン スペシャル・エディション ◆20%OFF!
バットマン スペシャル・エディション ◆20%OFF!

若きティム・バートン監督の傑作である。アメリカンコミックヒーローのバットマンを暗く重厚な演出とイメージで撮り上げたティム・バートンの天才性がかいま見れる作品だ。そして何といっても数あるバットマン役者でナンバー1はやはりマイケル・キートン以外にないと僕は思っている。
昨年公開された『バットマン・ビギンズ』の失敗点はバットマンをヒーローに仕上げてしまったことであり、まるでスーパーマンにしてしまったことだ。一方、ティム・バートンのバットマンはあまりに弱い。何故なら大富豪が自らのトラウマを引きずりながらその財力をかけて頼まれもしない悪者退治をする、アンチ・ヒーロー物語でなければバットマンは成立しないのだ。
ティム・バートンの鋭い視点とビジュアルセンスは完璧なまでのバットマン像を作りあげている。必見!

【ナイトメアー・ビフォア・クリスマス】
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 通常版 ◆20%OFF!
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 通常版 ◆20%OFF!

同じくティム・バートン作品。
『バットマン』が89年、『シザーハンズ』90年、『バットマン・リターンズ』92年、そして93年にこのナイト・メア~が公開された。
バットマンよりずっと以前の作品のように見紛うが、原案・制作・キャラデザインを手掛け、あえてティム・バートンが監督してない御存知人形アニメ。しかもミュージカル形式だ。この作品を観るとティム・バートンの本質がかいま見れる気がする。
何故かシザーハンズの延長のようにとらえられ、パンク・キッズ達に支持されるが、そのキャラクターデザインは秀逸であり宮崎アニメなどにも多大な影響を及ぼしていることが伺える。映画も必見だが同監督によるデザイン画はアートの極みまで到達している。一昨年から東京ディズニーランドのホーンテッド・マンションが期間限定で『ホリデイ・ナイト・メア』を催しているが、実はティム・バートンはカルフォルニア生れの49歳。アートスクールを卒業し、ディズニーのアニメーターとして雇われた経緯がある。

【ビッグフィッシュ】
bigfish.jpeg

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディ

一昨年公開されたティム・バートンの秀作。僕と同年齢の監督の感性が嫌というほど伝わってくる作品である。誰でも経験する幼い日の不安定で摩訶不思議な出来事や周りの怪しげな人物達の回想をファンタジックに描いている。特に決して華美になりすぎないSFXが効果的で、ラストは思わず泣きます!

【東京原発】
東京原発
東京原発

一昨年公開の単館上映作品。舞台劇のような画一的な撮影手法は低予算というリスクを見事なまでに克服している。一癖も二癖もある役者さん達のロング台詞には同情するが、ぐいぐいと画面に引き込まれる。ラストの茶番は若き監督のいたりと見逃しても、日本における原発の歴史資料としても観る価値のある作品である。

ってわけで、楽天ブログ時代に未完成だったフリーページで書いたもの(好きなもの)に加筆訂正しました。劇場で観た回数は憶えてないぐらい、ビデオ、LD、DVD合わせると1000本前後はあると思う。

本来のバトンは以下です。
【MOVIE BATON 】
●初めて映画館で観た映画
●最後に映画館で観た映画
●最後に買ったDVD又はビデオ又はLD
●有している映画の本数は?
●よく見る、または特別に思い入れのある5本
●バトンを渡す5人
正直、おつき合いのあるブロガーさん全てに渡したいですが、
お好きな方、是非どうぞ~。


【クイズ! これな~んだ??】
文中にも書いたMANDAMですが、偶然最近見つけたものです。
MANDOM.JPG







banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 17:55 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.15

夏限定冷やしらーめん2種。

00natugen.JPG

昨日は恩師の別荘に遊びに行き、クルージングしてました。
でも、魚はまったく釣れず。。
夜はしこたま飲んでしまい、一泊するはめに。

ってなわけで、今週のnoodles日記、今日からスタート!
aoazulさんから挑戦を受けていた、冷やし中華ではなく夏限定冷やしらーめんです。

01natugen.JPG


1.鶏ひき肉を全卵と塩、白胡椒、酒で練り合わせつみれを作ります。つみれを茹でたスープは塩、酒で調味して冷やす。
02natugen.JPG


2.水、昆布、宗田鰹で出汁をとり、薄口醤油、濃い口醤油(少々)、みりんでかけ汁を作り、冷やす。
03natugen.JPG


3.キュウリ千切りに梅肉を和えておく。プチトマトは半分にカットし、万能ねぎとキムチの素で和えておく。両方を冷蔵庫で1時間ぐらい冷やす。
04natugen.JPG


4.麺のように細長くカットしてある乾燥昆布をもどし、飾り結びにしておく。なければ若布でも可。
05natugen.JPG


5.茹でた中華麺を水で〆て、1のスープ2割、2のかけ汁8割をかけて、1のつみれと3と4の具、冷蔵庫に余っていた茹でインゲンを乗せて完成。
06natugen.JPG


これはあえて、酸味(酢)は使わず、トマトキムチとキュウリの梅肉の酸味でいただきました。
※キムチトマトはaoazulさんのアイディアを応用しました。

ついでに、冷やし味噌らーめん。
07natugen.JPG


水、昆布、宗田鰹の出汁に西京味噌、韓国味噌、みりん、塩で調味したかけ汁を冷やして、
冷たく〆た中華麺、ロース焼き豚、味付け温泉玉子、ほうれん草、昆布を具にいただきました。
長ねぎではなく、玉葱のみじん切りと豆板醤を薬味に。

冷やしらーめんは、全てを一度冷まさなくてはならないので手間がかかりますが、猛暑の中、涼味を満喫できるさわやかな一杯です。
勿論、クーラーなどかけずにいただきましょう。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 14:18 | らーめん | COM(0) | TB(0) |
2006.08.11

お弁当な日々3。

【鶏ひき肉そぼろ寿司弁当】
さわら柚味噌漬け、味玉子、ガリ、生落花生の甘煮、ピーマンと胡麻、じゃこの炒め。
鶏ひき肉のそぼろ寿司。
00ben.JPG


【ツナとトマトソースの炊込み御飯弁当】
豚味噌漬け、グリーンアスパラ、エリンギの炒め。キュウリの酢のもの、ガリ、とうもろこし、キュウリの味噌漬け。ツナとトマトソースの炊込み御飯。
01ben.JPG


【鮭若布ちりめん御飯弁当】
さわら柚味噌漬け、グリーンアスパラとピリ辛こんにゃく、鶏の柚胡椒焼き、生落花生の甘煮、昆布の煮物。ツナとトマトソースの炊込み御飯。
02ben.JPG


【ゆかり御飯弁当】
厚焼き玉子、グリーンアスパラ(ボイル)、塩鮭、インゲンとこんにゃくのピリ辛、茄子の白味噌炒め。ゆかり御飯。
03ben.JPG


【ツナとトマトソースの炊込み御飯弁当】
むき枝豆、ピリ辛こんにゃく、昆布の煮物、ピーマンと胡麻、じゃこの炒め。ジャガイモのカレー炒め、キュウリの味噌漬け、厚焼き玉子。
ツナとトマトソースの炊込み御飯。
04ben.JPG


【ゆかり御飯弁当】
ウインナー炒め、北海道筍の味噌漬け、プチトマト、カボチャの煮物、厚揚げのマスタードサンド。ゆかり御飯。
05ben.JPG


【稲荷寿司】
シュガーレディの稲荷寿司の皮で。プチトマト、ミズのきんぴら。
06ben.JPG


【鮭若布ちりめん御飯弁当】
昆布の煮物、プチトマト、かぼちゃの煮物、キュウリの漬け物、人参と茄子の炒め物、縞ホッケ。
鮭若布ちりめん御飯。
07ben.JPG


【梅紫蘇ひじき御飯弁当】
小松菜のおひたし、大根の胡麻炒め、シュウマイ、ピーマンと胡麻、じゃこの炒め。人参のきんぴら、とうもろこし、キュウリの漬け物、昆布の煮物。
08ben.JPG



いことなのか? 朝御飯を食べると、お昼にはお腹が空く。
くづく胃は正直だ。で、昼過ぎに家内の弁当を食べる。そして、、
う、夕方には腹が減る。
まり大声でいえないが、今まで酷かった。朝抜き夜飲みとか朝昼抜き夜飲みだった
とか、当たり前! それに比べれば天変地異ってくらいなもんだ。
、一つ問題もある。昼にラーメン屋に行けなくなった。朝の自作らーめんも週末のみ。。
んと、自作らーめんネタが少なくなっている。。
ん、これも息子のために強いたこと。そういう時期も必要だよね。
お弁当! な日々に感謝。。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 17:48 | 弁当 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.10

晩酌の情景2。

【昨夜の満月】
11man.JPG

夜のお楽しみ、晩酌シリーズ2回目です。


・肉じゃが、鰹のポン酢かけ、市販の野菜天、レッドアイ。
00ban.JPG


・鮪頬肉生姜焼き、グリーンアスパラ(ボイル)、昆布の煮物、日本酒。
01ban.JPG


・ミズのきんぴら、茄子の白みそ炒め、もずく酢、昆布の煮物、日本酒。
03ban.JPG


・厚揚げのずんだ挟み、カボチャと牛肉の煮物、レッドアイ。
04ban.JPG


・もやしのおひたし、北海道筍の味噌漬け、メザシ、日本酒。
05ban.JPG


・鰹のポン酢かけ、小松菜と鶏ささ身の和え物、枝豆、レッドアイ。
06ban.JPG


07ban.JPG


・ししとうのじゃこ炒め、茄子の煮浸し、冷や奴、みょうがの酢漬け、レッドアイ。
08ban.JPG


・ピリ辛こんにゃく、鶏胸肉とほうれん草の揚げ巻き、レッドアイ。
09ban.JPG


※以上、全て時計回り。


会社から渋谷駅まで6分早足で歩き、
東横線で読書しながら、横浜まで30分。
横浜で東海道線に乗り換えて、読書しながら15分。
駅から自宅まで、早足で10分。
帰宅すると汗だらだら!
シャワーを使って、食卓に着く。
まず、発泡酒+無塩トマトジュースでレッドアイを流し込む。
これが最高に美味いのだ!
レッドアイはビールで割るより、発泡酒のほうが炭酸がキリッと効いていて咽越し最高!!
あれやこれやつまみながら、日本酒あるいは焼酎ロックか焼酎炭酸割に移行する。
夏休みなので息子が起きていれば、話をする。
興に入れば、『ゲゲゲの鬼太郎花札』で、一勝負!
後はまた読書しながら、眠ってしまう。大体就寝24時半。

こんな規則正しい生活は生涯始めてである。
結果、朝6時半に眼が覚める。
暑いと、汗が不快で5時とかに起きてしまう。。
今まで、いい歳になって何故朝起きれなかったのか疑問だった。
どうも無呼吸症候群らしいので、それが原因だと決めつけていた。
でもね、車を使っていると電車の時間を気にしないので会社にだらだらいてしまうのだ。
企画書の調べものしたり、社員が帰ったあと小説書いたりとかね。。
さらに会社にだらだらいると、悪友たちから誘いの電話がきたりもする。
明け方まで飲んで、高いタクシー代もいい加減バカらしい。

でも、生活スタイルを改めた本当の理由は?
息子のためです。
もう小学5年生。
色々物事がわかってきた。
だから、突っ込まれない生活を強いたのだ。
仕事がら、外で飲んで色々な情報収集が必要ではあるけれど、
最近は外で飲むなら、居酒屋の店主が驚いたりするが17時から飲むことにしている。

今の規則正しい生活スタイルになって良かったのは、
かみさんと息子の機嫌が良いこと。
読書時間がとれること。
まあ、自宅居酒屋も悪くはないね。。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 16:45 | 晩酌 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.09

自家製イカの塩辛。

siokara.JPG

スルメイカが旬で安い。
スルメイカといえば、大きなゴロ(内臓)。
ゴロといえば、塩辛! となる。
さらに塩辛といえば、日本酒だね。
では、自家製イカの塩辛(赤造り)のはじまり~。


1.新鮮なスルメイカ2ハイは足(ゲソ)とゴロを一緒に抜いておく。(イカの処理画像はグロくなるので割愛)
siokara1.JPG


2.抜いたゴロは足部から丁寧に切り分けて、塩をまぶし冷蔵庫へ入れておく。
siokara2.JPG


3.イカ(今回はエンペラもゲソも全て使う)は、丁寧に皮をむいておく。
siokara3.JPG


4.皮をむいたイカを食べやすい大きさに切って、キッチンペーパーなどで水気をとっておく。
※水気をきちんととることにより、保存期間が長くなる。
siokara4.JPG


5.皮むきや、水切りの作業で20~30分経ったところで、冷蔵庫からゴロを出す。
塩によって、ゴロからも余分な水分がとれている。
siokara5.JPG


6.処理した4にゴロ(袋からしぼり出して)を和えて、塩、みりん、あれば柚の皮を混ぜる。最初からあまり塩を強くしないのがポイント。ちょっと塩気のあるゴロ和えくらいな感じで。2日目以降、毎日塩を足しながら乾いた箸で混ぜ合わせる。そうすることで、マイルドなゴロ和えから、塩辛までの行程を楽しめるのだ。
siokara6.JPG



【応用編】
・4の段階で、ゴロを使わず塩だけ和えると『白造り』になる。
・6の段階で、イカスミも加えると『黒造り』になる。
・6の段階で、発酵を促進させるため麹を使えば『麹造り』になる。


翌日から、美味しい自家製イカの塩辛が楽しめる。
水切りの行程と毎日の塩混ぜをきっちりやれば、数週間は大丈夫。
日本酒のあて、茶漬けにもぴったりだよ♪
我が家では、大好物なので一週間もかからぬうちに完食してしまいます。
市販の塩辛だけ食べて、今まで塩辛が苦手だった方!
目の鱗が落ちること必至!!

siokara7.JPG


ゴロ(中腸腺)に含まれる消化酵素によって自己消化が起こり、アミノ酸が生成する。
自らの身と内臓と、海の塩で絶品塩辛になるイカは偉大なり。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 15:32 | 魚料理 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.07

宮ヶ瀬湖。(クイズ付き)

00miyagase.JPG

毎日、暑いですね!
先週は我が家から徒歩5分のオアシス!(市営子供プール)が、例の事故による影響で横浜市より点検整備指導が入ったとかで閉鎖。
夏休みで猛暑、さすがに息子も家内も花探しなんぞ、つき合ってくれない。。

で、涼をとるべく神奈川の水源である『宮ヶ瀬湖』へドライブ。
昼頃出発したので、道も空いていて2時間強で到着。
かつては宮ヶ瀬町があったが、治水整備のためのダム建設で水没したそうだ。
ダムを見学に行ったが、いつでも入れるわけではないそうだ。
しかし、湖周辺は立派に観光地化されている。
とにかく、広い!

01miyagase.JPG


02miyagase.JPG


炎天下の中、ひたすら歩く。
遅い朝食を摂り、余った御飯でハスカップ塩漬けのお握りを一人一個持参していった。
北海道から送ってきたハスカップを塩漬けにするのはミーヤン4さんのブログで知った。
梅干しより、酸っぱく、なかなか美味。
03miyagase.JPG



だが、猛暑の中歩き回り、3時にはお腹がペコペコに。
土産物店が並ぶ中、手打ち蕎麦屋があり入ってみた。
場所柄か、鹿肉の刺身(¥1.000)がある。
04miyagase.JPG


05miyagase.JPG


これまたミーヤン4さん曰く、「ジンギスカンの次は鹿肉だ」と豪語していたが、馬刺ほど油っぽくなく、勿論牛刺しより美味い!
さらに鮎の塩焼き(¥600)で、ちびちび呑んでいるとお蕎麦が到着。
06miyagase.JPG


07miyagase.JPG


08miyagase.JPG


皿蕎麦(¥900)といって、お蕎麦は一皿¥145で追加できる仕組みらしいが充分な量であった。
4時半ぐらいに帰路へ。
09miyagase.JPG



途中、露天風呂の看板を発見。
こんなところに? って山道をどんどん進む。
10miyagase.JPG


まもなく『リッチランド』に到着。
一人¥650で入浴のみ可能。
スーパー銭湯と変わらぬ料金であったが、森の中の風情が良い。
おまけに貸し切り状態だったので、ゆっくり温泉を堪能できました。
11miyagase.JPG


12miyagase.JPG


13miyagase.JPG


14miyagase.JPG



最後にクイズ!
【これ、な~んだ?】
15miyagase.JPG






banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


Posted at 17:02 | 散歩・旅 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.04

海幸料理 きじま

00kijima.JPG


01kijima.JPG


02kijima.JPG

【活イサキお造り刺身盛合わせ(三~四人前)\6.200】
活イサキお造り、あわび、中とろ、活たこ、ぶり、サーモン、赤身(時計まわり)


03kijima.JPG

【北寄貝の浜焼き¥980】
卓上で北寄貝を帆立の貝殻で水菜、舞茸、椎茸と煮付ける。


04kijima.JPG

【越乃寒梅(二合)¥1.200】


05kijima.JPG

【黒潮握り(三~四人前)¥5.500】


06kijima.JPG

【活イサキのあら汁】
最後に刺身のあらで、味噌汁にしてくれる。


最近、我が家での晩酌が多いので、居酒屋が恋しくなる。
もっというと、魚が食いたい!
で、昔から通っている戸塚『きじま』のご紹介。
美味いものがない戸塚において、今や貴重ないけす料理の店である。

創業(昭和35年)当初は作業服を扱う店だったようだ。
家内(戸塚生まれ)がいうには、ジーンズ屋さんだったともいう。
昭和53年より持ち帰り寿司に転業。
衣料品販売業は先代の時代で、今の社長が一気に、鮮魚を武器にきじまグループにまで発展させた。
作業服→ジーンズ→鮮魚居酒屋と、現社長の時代を読むセンスが光る。
関東初、九州から活イカ輸送に成功(平成2年)でも有名。
今では遠方からわざわざ足を運ぶ方も多いようだ。

この日は残念ながら活イサキだったが、かなりの頻度で活イカの刺身が食べられる。


海幸料理 きじま
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町73-1
JR戸塚駅西口徒歩1分(実際は30秒ほど)
TEL:045-881-4133
(昼)11:00~2:30 (夜)5:00~11:00





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


Posted at 16:56 | 外食 | COM(0) | TB(0) |
2006.08.02

暑気払い! 鍋物2種。

さあ、夏本番!
暑いときこそ、鍋である。
ただでさえ暑い中、台所に立って何種類もの惣菜料理は僕も辛い。
だから、鍋!
これなら、一気に色々な食材を摂取できるしね。


00*tougan.JPG


01tougan2.JPG


03tougan3.JPG


04kodomo.JPG

【冬瓜と豚バラ肉厚切り鍋】
例のスープ(和出汁にガラスープの素で代用可)に酒、みりん、味噌で調味。
材料/豚バラ肉ブロックを5ミリぐらいにスライス。冬瓜、椎茸、小松菜、もやし、豆腐、長ねぎ、しめじ。
薬味は豆板醤で。


この時期、野菜コーナーに顔を出す旬の冬瓜。

旬の素材には、その時期身体が欲する栄養分が豊富に含まれている。
だからこそ、旬なのだ。
冬瓜はまるごと冷暗所で、冬まで貯蔵できることからついた名前だそうで、れっきとした夏野菜。
身体を冷やす効果に加え、利尿作用もあり、ビタミンCが100g中に41mg!
免疫力アップに効果的なため、夏バテ解消にはもってこいです。
因みに種はリノール酸が豊富で、漢方で利尿薬、消炎剤、緩下剤として利用されるので、家庭でも乾燥させて乾煎りし、ぽりぽり食べれば一石二鳥というものだ。

味にクセがないので、色々な料理にアレンジできそう。
僕はスープや鍋に使うことが多いが、この夏はもっと研究してみよう。


05harusame.JPG


06harusame2.JPG


07harusame3.JPG


08IMG_0523.JPG

【中華風鍋】
例のスープ(和出汁にガラスープの素で代用可)に酒、みりん、塩、ごま油で調味。
材料/鶏もも肉、海老、チンゲンサイ、えのき茸、豆腐、春雨、椎茸。
薬味は黒胡椒で。
因みに春雨を使わずに最後に中華麺を入れれば、タンメン風になる。

クーラーなぞ利かせず、汗をだらだら流しながら食べよう!


※画像中、『こどもののみもの黒』を指している息子の爪が伸びていますが、突っ込まないでね。。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!



Posted at 15:33 | | COM(0) | TB(0) |
2006.08.01

干物でパスタ!

00ika.JPG

スルメイカの旬。
あえて、一夜干し(干物好きなもので)を使ってパスタを作りました。


01ika.JPG


02ika.JPG

1.一夜干しのイカを食べやすい大きさに切っておく。


03ika.JPG

2.まな板の上で、塩(軽く)、白胡椒(たっぷり)をふる。


04ika.JPG

3.さらに2に酒をふりかけ、和える。そのまま10分ほど置いておく。


05ika.JPG

4.フライパンにバターと3を同時に入れて、弱火で炒める。


06ika.JPG

5.イカに八分ぐらい火が通ったら、酒、塩、白胡椒で調味。


07ika.JPG

6.茹でたてパスタを5に投入し、中火で混ぜ合わせる。薬味は大葉で。


08ika.JPG

イカ一夜干しと白胡椒が抜群の相性です。



09tomato_past.JPG


おまけ【アンチョビ・トマト】
1.ちぎった赤唐辛子とニンニクみじん切り、刻んだトマト、パプリカをエキストラ・バージン・オイルで炒める。
2.トマトがくずれてきたら、酒、塩、粗挽き黒胡椒で調味。
3.茹でたてパスタを5に投入し、中火で混ぜ合わせる。薬味はパセリで。

10tomato.JPG

これは、アンチョビ風味のヘルシーでボリューム感のあるパスタです。





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!




Posted at 19:47 | パスタ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。