--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.31

給食は不味かった……。

00oriben.JPG


家内が持たせてくれるお弁当がなくとも、どうも“お弁当”に固執してしまう。

昼どきに、定食屋やラーメン屋、蕎麦屋などなど、ランチの選択肢がいくらあっても、何故かお弁当屋に向かってしまうのだ。

ランチ難民になりたくないとか、出かけて食べるのが面倒だとか、愛妻弁当がないとか関係なく僕にはお弁当なのだ。

01oriben.JPG


僕が小・中学生の頃は、給食だった。
小6の息子の小学校の給食は、すこぶる美味しいそうだ。
しかし僕のときは、とにかく不味かった。
不味いくせに残さず食べることを強いられた。
不味いと思いながら完食する行為は、暴力と一緒だ。

家庭内での親の好き嫌いが子供に影響する場合を覗き、学校給食が美味しければ、子供の好き嫌いも減少するはずである。

どうも僕が、お弁当に過分な魅力を覚えるのは、そんな不味い学校給食のせいなのではないだろうか。事実、運動会の母のお弁当が嬉しくてたまらなかったもの。

02oriben.JPG


そもそも、平安時代にお握りや干し飯を携帯したのが、お弁当の起源だとされる。
もともとは質素なものだったのだ。
これが、安土桃山時代になると漆器の弁当箱を使うようになり、花見や茶会に用いられることになった。

03oriben.JPG


さらに天下太平の江戸時代には文化レベルも向上し、能・歌舞伎の観覧で幕間に特製の弁当を食べるようになり、幕の内弁当が生まれた。

04oriben.JPG


明治時代になると、鉄道のインフラが整い駅弁が生まれる。

05oriben.JPG


昭和に入り、アルミニウムをアルマイト加工した弁当箱が登場。当時小学校の冬期の暖房対策にストーブを使用していたことから、ストーブの上で直接保温・加熱できるアルマイトの弁当が一気に普及した。

06oriben.JPG


第二次世界大戦後、当時の児童たちの栄養失調に危惧した米国の要請により、学校給食制度がはじまり、パン食が導入された。しかし、一見粋な計らいにみえるこの制度は小麦輸出という思惑から、国内米の自給率を低下させ日本を輸入国家へ変貌されるという米国の商戦略の何者でもない。

07oriben.JPG


よって、僕は不味い給食を強いられたわけである。
だから、そのトラウマから逃れられない僕は、市販だろうと家内のものだろうと、いまだに“お弁当”という響きに憧れを抱くのである……。

08oriben.JPG


【折詰料理弁当(白)】
うるち米、奈良漬け、はじかみ、玉子、鰆照焼、豆きんとん、蒲鉾、紋甲イカ、うま煮(里芋、筍、牛蒡、つと麩、椎茸)、天豆、揚げボール、チーズフード。






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト

Posted at 17:08 | 弁当 |
2007.08.29

ずぼらパスタ……。

00hijiki.JPG


秋です。
昨日、花ブログのほうに『秋の七草』を、早くも披露しました。
しかし、まだまだ東京・神奈川は暑い。
死ぬほど、暑い。

暑い中、毎日キッチンに立つ主婦のみなさんは、本当にご苦労様でございます。
で、考えられるかぎり最速の“ずぼらパスタ”に挑戦してみました。
包丁は使いません!

今回は1.4mmのフェデリーニ、茹で時間8分を使用。
従って、調理時間は8分でございます。(茹で湯が沸騰するまでの時間以外で)



まず、ガーリック・オイルでコンビーフとマッシュルーム・スライスを炒める。
01hijiki.JPG


さらに、ヒジキを投入し、炒め、酒を入れる。
02hijiki.JPG


たっぷりの白胡椒、塩、醤油(隠し味程度)で調味する。
刻んだ万能ネギも合わせておく。(麺類が多い我が家では刻み万能ネギは常備品)
03hijiki.JPG


茹でたてのフェデリーニを投入し、中火でソースとよく混ぜ合せる。
04hijiki.JPG


暑いですから、冷えたビールでじっくりいただきましょう♪
05hijiki.JPG


ガーリック・オイルとコンビーフ、マッシュルームが合うのは想像に難しくありませんよね? でもね、そこに何か意外性をプラスすることで、暑い日の料理も楽しくなるわけです。今回は食在庫にあったヒジキ!
栄養バランスも良いでしょ?!
もともと、ヒジキと油は相性が良いですから、ドレッシングでレタスとサラダにしても美味しいですよ♪
06hijiki.JPG


これは、『4人と一匹、夏鍋の宴♪』で、御一緒した友人の某有名作家秘書氏から、以前いただいた小豆島産のEXバージン・オイルです。
食卓で、これをたらりと垂らすと俄然旨味が倍増します♪
07hijiki.JPG


いかがですか?
調理時間8分の“ずぼらパスタ”!
えっ?
どこが、ずぼらだって???
ヒジキを戻したり、けっこう面倒くさいって?
08hijiki.JPG




じゃ~ん! これが、今回の材料。
超ずぼらでしょ?
一切、包丁は使いませんでした!!
09hijiki.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 13:37 | パスタ |
2007.08.24

多目的、シンプル・カレー♪

00kantankare.JPG


それにしても、暑い。

7月いっぱい梅雨が続き、8月の残暑がまた異常な暑さ。
夏休みの子供達が、かわいそうです。

さて、暑いときは、カレーです。
今回はクソ暑いキッチンで、パパッと作れる和風シンプル・カレーに挑戦。
よくある、蕎麦屋の和風カレーのアレンジでございます。

まずタマネギ3個をスライス。
菜種油(なんでもよい)で炒め、しんなりしてきたらカレー・パウダー(ガラムマサラでも可)を混ぜ合せ、さらに炒める。
01kantankare.JPG


タマネギがしなしなに炒まったら、水を加え煮る。
沸騰してきたら、カレーの素(何でもよい)を加え、酒、塩、蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)、八丁味噌少量で調味し、さらに軽い沸騰を保ちながら煮続ける。
※八丁味噌を加えると、濃くがでてまろやかな風味になるよ♪
02kantankare.JPG


03kantankare.JPG


30分ほど煮たところで、豚バラ肉薄切りを食べやすい大きさにカットして、まな板上で酒を和えて、10分おく。
次に片栗粉を肉に和えておく。
04kantankare.JPG


05kantankare.JPG


フライパンに菜種油(なんでもよい)とバターを入れて加熱し、片栗粉を和えた豚バラ肉薄切りをじっくり炒める。
※片栗粉のコーティングで肉の柔らかさを保ち、カレーにも粘度をプラスします。
※バターを加えることでカレーの濃くが増します。

06kantankare.JPG


炒めた肉をタマネギ・カレーに投入し、さらに10分ほど煮る。
肉の調理時間を含め、なんやかやと1時間ほど、煮ることになります。
07kantankare.JPG


サフランをぶち込んで炊いた、サフラン・ライスにかけていただきます。
この時点では、スープ・カレー的な粘度のカレー。
08kantankare.JPG


09kantankare.JPG


10kantankare.JPG


今回は休日の朝から調理開始。
煮炊き以外は、扇風機の風邪にあたりながら、のんびり缶ビールです♪
朝のビールが、また美味いのだ!
朝ビールの美味さを堪能するためにも、決してエアコンをかけてはいけない。



えっ?
どこが、多目的カレーなんだ??? って?
慌てちゃ~いけない、ぼっちゃん、おじょうちゃん。

鍋いっぱいに仕込んだカレーは、翌朝また20分ぐらい煮詰めます。
そして、また蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)を加え、濃いめのかけ汁ぐらいの味に調味し直します。

じゃ~ん!
みんな大好き、カレー蕎麦だよ~~ん♪
11kantankare.JPG


12kantankare.JPG


んでもって、また翌日20分ぐらい煮詰めます。
この頃には、豚肉もタマネギも溶けてしまっています。
ズッキーニを一緒に煮込んでから、またまた蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)を加え、前日よりもさらに濃い、つけ汁ぐらいの味に再々調味。

じゃ、じゃ~~ん!!
13kantankare.JPG


カレーつけ麺で、どうだっ!
ズッキーニがアクセントになり、煮込み続けたカレーのつけ汁が美味い♪
14kantankare.JPG


15kantankare.JPG


16kantankare.JPG


今回は、自家製穂先メンマと豚モモ肉の自家製焼豚もつけちゃいました!
正に一石二鳥、いや三鳥。
多目的、シンプル・カレー!!
暑い中、ちょっと我慢してカレー作った甲斐があったでしょ?

※よかったら、自家製穂先メンマの作り方もどうぞ♪






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪



Posted at 11:30 | 家庭料理 |
2007.08.22

手前味噌、完成しました~♪

00temaemiso_07_8.JPG


やったぜ!!
初のnoodles自家製味噌が、完成しました~♪

2月に初めて仕込んだ手前味噌が、7ヶ月の秋(とき)を移ろい、見事に味噌へと成長したのであります。
あれからは、我が家で一番温度差の少ないキッチン下の収納庫にひたすら放置。
梅雨明けの頃、正確には先々週末に待ちに待って封印を解いた。
01temaemiso_07_8.JPG


どれどれ。
おお、表面には香ばしい溜まり醤油が浮いているではないか!
しっかり、空気を抜いておいたせいか心配していたカビもほとんどなし!!
02temaemiso_07_8.JPG


さあ、最後の一仕事。
手を突っ込み、上下をひっくり返し混ぜる。
おお~! あの生白かった大豆と麹が、まったく別の生き物のように香しい飴色の味噌に変身しているではないか。
03temaemiso_07_8.JPG


04temaemiso_07_8.JPG


手前味噌完成時に是非試したかったのは、やはり、新鮮な冷え冷えのキュウリでございます。
己が仕込んだ味噌で、いただくキュウリ。
こんな贅沢は、ないってもの。
市販の味噌しか知らなかった僕には、ほんと香りがいい♪
06temaemiso_07_8.JPG


07temaemiso_07_8.JPG


そして、手前味噌の副産物たまり醤油!
さつま揚げで試してみる。
こ、これは!!
たまり醤油の甘味のある奥深い風味が、悶絶の美味さです♪
08temaemiso_07_8.JPG


冷や奴も、いける!
当たり前であるが、豆腐と醤油という大豆の因果関係に改めて感服!!
09temaemiso_07_8.JPG


ならば、さらに大豆の兄弟船♪
うっ、ウマっ!
言葉を並べ立てるのが、アホらしくなってきます。
10temaemiso_07_8.JPG


実はこの後、カビに注意しながらまた半年ほど育てると、もっと熟成するらしい。
確かに今はできたてなので、風味は申し分ないが、まだ塩の角が立っている感じ。
味噌汁に使うには、もう少し熟成させたほうが良いかも知れない。

05temaemiso_07_8.JPG


それにしても、意外に簡単な手前味噌造り。
来年はもっといっぱい仕込もうっと♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪





Posted at 12:34 | 味噌づくり |
2007.08.20

ばか鍋の宴♪

00baka.JPG


先週火曜夜は、盟友驢馬人さんからオフ会のお誘い♪

ばか鍋なるものを食してまいりました。
参加メンバーは驢馬人さんと僕、それに某セレブ社長の男性3人。
さらに女性陣は、お馴染みpalmeritaさんらすかるさん&ご友人に、お初のひらめさんiemeiさん、chiakickさん、アフロディーテさんの総勢10名。

ばか鍋 浜幸
住所:横浜市中区野毛町1-24
電話:045-231-0070
定休:日祝
営業:17時~23時
※お料理の詳細記事は、ここで。
01baka.JPG


03baka.JPG


02baka.JPG


店外のチープなサンプルが、渋さを醸し出しております。
ばか鍋とは、馬と鹿の馬鹿鍋(ばか鍋)のこと。さすがに野毛辺りにはまだまだ未知のグルメが存在しております。
この界隈は、良き時代の横浜が忍ばれる街並ですが、ヤ○ザ屋さんも多く、深夜の女性独り歩きは怖いかも。

【お通し(バイ貝煮付け、馬ハム、枝豆)】
05baka.JPG


04baka.JPG


渋い店内(宴会用個室)には、和洋折衷のお飾り。
さすがに女子7名ともなると、賑やかです。
わいわいとばか鍋を囲むには、最高の布陣!
今回は一人¥4200のコース。
期待に胸が膨らみます!!
06baka.JPG


07baka.JPG


08baka.JPG


【馬刺し盛り合わせ(霜降り、ヒレ、タテガミ)】
09baka.JPG


タテガミとは、馬の首筋の脂身で“こうね脂”ともいいます。脂身とはいっても淡白です。
馬刺は牛と違いクセがまったくないので、いくらでも食べられますね。
美味い♪
10baka.JPG


11baka.JPG


12baka.JPG


【馬肉の叩き】
これは、今回最も人気の高かったメニュー。
13baka.JPG


【おたぐり】
長野県飯田市の郷土料理、馬の腸の塩味のモツ煮をアレンジした炒め物。
珍味系です。樽酒に合います♪
皆さん苦手だったようですが、僕は独りでむしゃむしゃしてました。
14baka.JPG


【馬鹿鍋(ばか鍋)】
さあ、メインのばか鍋です。
左上部(紅葉生麩が乗っている)が、鹿ロース肉。右(桜生麩が乗っている)が馬ロース肉。
肉の下の野菜は、タマネギ、牛蒡、豆腐、麩、マロニー。
箸で摘める、しっかりした卵黄の卵に浸けていただきます。
さて!
鹿肉、美味しい。
馬肉は、あれ?
馬肉のほうは、本来臭いがないはずですがちょっと臭い。
昔、長野の茅野で、バカウマのすき焼きを食べたことがあるんです……。
残念。
15baka.JPG


16baka.JPG


17baka.JPG


18baka.JPG


【ヒレ肉とタテガミの握り鮨】
このヒレ肉とタテガミは、前述の刺身と同じものですから酢飯との相性も抜群♪
美味いです。
19baka.JPG


【讃岐うどん】
本場讃岐うどんと称していますが、普通の茹でうどんでした。
腰がないのが、残念。
20baka.JPG


このほかに、お新香の盛り合わせとデザートのスイカがあったようですが、話に夢中で気がつきませんでした。
女性に囲まれて幸せなオフ会でしたが、肝心のばか鍋がもう一つってところ。
充分にお腹も空いていたし、体調は万全だったんですが。
ほかで美味い馬肉や鹿肉を食べているので、味覚が上がってしまったのか? 俺??
馬鹿鍋のばか~っ!





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 17:46 | 外食 |
2007.08.15

夏のパワー・メニュー♪

00natupower.JPG

いや~、毎日暑いですね。

夏を乗り切るパワー・メニュー!
夏といえば、ホヤ♪
先日、いつもの市場でパンパンに張りのある新鮮なホヤを発見。

苦手な方もいらっしゃると思われるので、さばき画像は割愛しましたが、ホヤは“海のパイナップル”ともいわれ約90%が水分ですが、鉄の造血作用により疲れにくくしたり、貧血を予防する効果がある。
また亜鉛も豊富で、味覚・嗅覚障害を正常に保つほか、皮膚や髪の健康を保つのに有効。プラズマローゲン(脂質)は、アルツハイマー病予防に効果的とされ、勿論タウリンも豊富に含む!

【ホヤの酢の物(パクチーを乗せて)】
01natupowe.JPG
実は、僕は30代前半までは苦手だったんですよ。
でもね、当時行きつけの鮨屋で、新鮮なホヤの刺身をいただいたときから、開眼しました。そう、それまで美味しい新鮮なホヤを食べたことがなかったということです。

【ホヤの刺身】
02natupowe.JPG
002natupowe.JPG
新鮮なホヤは、ポン酢で酢の物にして絶品ですが、刺身はもっと美味い。
潮の香りと甘味、そこにちょっと加わるほのかな苦みがたまりません!
あの苦みこそが、夏の疲れた脳と身体を覚醒させてくれるのだ♪

【蒸し野菜(モロッコインゲン、ニンジン、ズッキーニ)】
03natupowe.JPG
04natupowe.JPG
モロッコインゲン、ズッキーニ、ニンジンは蒸し野菜にすると美味しい。
蒸し器で15分程度蒸すだけで、ふかふかで素材の甘味が出てくる。
味噌、卵黄、辛子、マヨネーズを混ぜた辛子味噌マヨでいただきます。
これだと、和風な食卓にもマッチします♪

【豚肩ロース塊肉の焼豚】
05natupowe.JPG
06natupowe.JPG
07natupowe.JPG
そして、メインの焼豚!
今回は、豚肩ロース塊を千枚通しでぶつぶつ穴をあけ、酒、塩に10分浸けて、ガス・グリルで外側に焦げ目がつく程度焼き上げ、あとは耐熱容器に入れて電子レンジ(弱)で20分加熱。
そのまま、濃口醤油とみりん同量の調味液(市販の焼肉のタレでも可)に20分浸けて、胡麻をふりかけていただきました。

新鮮な野菜、海鮮、肉!
しばしの残暑を乗り切る、我が家のパワー・メニューでした♪








人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 13:21 | 家庭料理 |
2007.08.08

07年、夏限定創作冷やし麺♪(2)

00_07_8.JPG


夏限定冷やし麺、弟2段!(弟1段はここ)今回は冷たいスープのらーめんに挑戦です。



鶏挽肉と全卵1個、おろし生姜をよく混ぜて、塩、白胡椒で調味する。
02_07_8.JPG


03_07_8.JPG


昆布、鰯煮干し、宗田鰹節でとった出汁に、パクチーの根を入れて、調味した鶏挽肉をスプーンでぽとぽと落とし、つみれを作る。
出来上がった、つみれは粗熱をとり冷蔵庫で冷やしておく。
04_07_8.JPG


つみれをとりだした出汁を、みりん、酒、塩、薄口醤油で調味。粗熱をとり冷蔵庫で冷やしておく。
05_07_8.JPG


夏野菜の主役キュウリをスライスして、塩をまぶし、しんなりするまで放置。しんなりしたら水洗いして冷蔵庫に。
01_07_8.JPG


出汁に使った昆布を食べやすい大きさに切り、豆板醤を和えておく。
06_07_8.JPG


ニンニク・スライスを菜種油で炒め、ニンニク・オイルを作り、冷ましておく。
07_07_8.JPG


丼に調味した冷たいスープをはり、茹でた中華麺を冷水で洗い水気を切って投入。
用意しておいた鶏つみれ、キュウリ、昆布を乗せて、彩りにパクチー、分葱、ニンニク・オイルを垂らす。
08_07_8.JPG


昆布に和えた豆板醤が、ピリッとアクセントに♪
09_07_8.JPG


生姜の効いた鶏つみれも、ふかふか♪
10_07_8.JPG


麺と具材を、よ~く混ぜて、いっただきま~す♪
11_07_8.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 15:28 | らーめん |
2007.08.03

ロックな天ぷら♪

00rock.JPG



先週末金曜夜は、ロック談義に花が咲く、ロックなオフ会♪

メンバーは、僕のロック・ブログを通じて知り合った、カブリエルさんpenguinlandさん。お二人とも高校時代からともにロック・バンドを組んでいた音楽好き社会人。

カブリエルさんは『ロックギタリスト養成所』というサイトを運営されていて、元プロの超ハイテク・ギタリストでもある。

僕的には、カブリエルさんのテクニックは、あのエディ・ヴァン・ヘイレンやイングヴェイ・マルムスティーンを軽く越えていると思う。
一方、ギターはヘタだが、ロック・レヴューは誰にも負けないと自負する僕と、ベーシストであり幅広い音楽知識を持つpenguinlandさんが集まるわけだから、終止音楽談義の滅茶苦茶楽しいオフ会なのだ。

【お通し/たこの柔らか煮】
01rock.JPG


場所は渋谷『天松』。
なにかと僕が、少人数の会合に使う店。
低価格で、お座敷をキープできる便利な老舗天ぷら料理店である。

カブリエル氏「noodlesさん、この前、オジーの新譜レビュー書いてましたよね?」
noodles「そうなんですよ! いや、ザック・ワイルドってのは滅茶凄いギタリストですよね!!」
penguinland氏「僕は、ジェイク・イー・リーのオジー・オズボーン・バンドまでしか聴いてなかったんで、noodlesさんとこのリンク動画観て、ぶっ飛びましたよ~!」

ってな具合で(すみません、わからない方には何のこっちゃ? ですね)、あっという間に閉店時間。

【車エビ】
02rock.JPG


03rock.JPG


【キス、茄子、イカ】
04rock.JPG


【ゴーヤ、サザエ、タマネギ】
05rock.JPG


【穴子】
06rock.JPG


【背骨素揚げ】
07rock.JPG


【追加/ミョウガ、グリーンアスパラ】
08rock.JPG


【追加/カボチャ】
09rock.JPG


【お食事/天茶】
10rock.JPG


11rock.JPG


【焼き茄子のみそ汁】
12rock.JPG


【香の物/牛蒡、瓜、ダイコン、キュウリ&茄子、ニンジン】
13rock.JPG


お二人とも、滅多に渋谷へはいらっしゃらないとのことで、終電ぎりぎりまで、やはり僕の行きつけのバーでシングル・モルトを飲りながら、さらに音楽談義。

14rock.JPG


思うに、いいオヤジ(お二人は30代だが)たちが、喜々としてマニアックなロック談義しながら酒を飲むなんて、平和な世の中である。
つい50~60年前の日本じゃ考えられない話だ。

ところで知人から聞いたところによると、いまや“ロックな居酒屋”なるものが存在するらしい。
秋葉原の某所。
外観はごく普通の立ち飲み居酒屋らしいのだが、店内に一歩踏み入れると仕事帰りでスーツ姿の団塊の世代のオジさんたちが、観たこともないクラプトンのブートレッグDVDに魅入って、お酒を飲んでいるという。
興味本位に、一見で入店した知人に、

「お兄さん、見ない顔だね。この店初めて? で、誰(ロック・バンド)が、好きなの?」
「ツェッペリンあたりが好きです」
「そうか。ツェッペリンか。だったら、ヤード・バーズあたりだな」
な~んていいながら、観たこともないヤード・バーズのブートレッグDVDを、勝手に店の棚から出して観せては、蘊蓄を語ってくれるのだそうだ。

う~~、ロック魂が疼くぜ。
いつか、オジさんたちと勝負しに、秋葉原へ行ってみたいものである!

いや~、楽しい時代になったものだ♪
最近、ロックとの話で飲るのが、一番幸せな者でした♪



天松/渋谷本店
IMG_3287.JPG


竹(てんぷら7品、お食事 ¥7.350)に、お通し、追加野菜天ぷら3品、生ビール、お酒一人2合。
一人、¥15.000
なり。






 
人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 16:43 | 外食 |
2007.08.01

稲庭うどん♪

00ina.JPG


例の取引先より、伊勢丹のお中元が届いた。
四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんと並ぶ、日本三銘うどんの一つ、秋田の稲庭うどん♪

01ina.JPG


手延べの干しうどんである稲庭うどんは、乾麺好きの僕の大好物である。
秋田県稲川町稲庭地区は、うどんづくりの里として知られる。
稲庭うどんが誕生したのは江戸時代初期。
当時、小沢地区に住んでいた佐藤市兵衛が、地元産の小麦を使って干しうどんや各種麺類を製造。その後、佐藤吉左衛門がその技を引き継ぎ、さらに技術改良に努めた結果、藩主の御用を賜るまでになった。
当時は生産量も少なく、庶民の口に入ることの少ない高級品だった。特産品として知られるようになったのは、明治以降のこと。

飲んだあと、しこしこつるつるの、あの咽越しはたまらない!
でも、週末のお昼には旬の茄子なんぞを添えてみたくなる。
まず、茄子を二分に切り分け、皮に包丁目を入れ10分ほど水に浸ける。
02ina.JPG


たっぷりの胡麻油(茄子は油を吸うからね)で、生姜の千切り、唐辛子を炒める。
03ina.JPG


水気を拭き取った茄子をじっくり炒める。
04ina.JPG


二番出汁、みりん、濃口醤油の調味液(市販の蕎麦つゆをかけ汁ぐらいに薄めたもので可)を投入し、煮ながら味を含ませる。
05ina.JPG


彩りに大葉を乗せて♪
06ina.JPG


冷たい淡白な稲庭うどんと、胡麻油が馴染んだ茄子とが至福のハーモニーを奏でます♪
07ina.JPG




【おまけ】
むろん、若布や野菜天ぷらなんかも良い♪
08ina.JPG







人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 16:03 | 麺色々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。