--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.26

ずぼらパスタ2。

00tirimen.JPG


今回も、ややずぼらなパスタ

材料は、しそわかめちりめん、ガーリック・オイル、ヤリイカ(冷凍)でございます。
01tirimen.JPG


02tirimen.JPG


しそわかめちりめんとは、生活クラブの製品で、お弁当などのふりかけやご飯に混ぜてつかうもの。よくスーパーでも同様のものを見かけます。
ガーリック・オイルはシュガーレディの各種スパイス入りニンニク油。
03tirimen.JPG


ガーリック・オイルで、ちりめんが狐色になるまでじっくり炒めます。
04tirimen.JPG


酒を投入し、イカを炒めます。
イカに白く火が通り、ふっくらしたら白胡椒、粗挽き黒胡椒、塩で調味。
05tirimen.JPG


アルデンテに茹で上げたスパゲッティーニを投入して、強火のままソースとよく混ぜ合わせます。
06tirimen.JPG


イカはヤリイカが柔らかくてベスト!
ほんのりしそ風味と、こんがり炒めたちりめんに、イカの食感がアクセントになります♪
07tirimen.JPG


ご飯に混ぜたり、ふりかけにして美味いのだから、パスタにも合わないわけがない。考えてみたらおかか主体のふりかけもパスタに合いそうな感じがします。
さすがに、インスタントのふりかけは駄目だと思うが。
だって、イメージしただけで不味そうだもんなあ……。
08tirimen.JPG


そうそう、今回のスープを!
昆布と煮干し、干し椎茸でとった出汁に、搾菜の千切りと鶏胸肉を入れて煮込んだもの。乾燥キクラゲを入れてさらに栄養アップ!
調味は酒と、搾菜の塩気だけです。
09tirimen.JPG


どうですか?
むふふ。
イタリア人も、こんな食い方するとは思うまい♪
10tirimen.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト

Posted at 18:15 | パスタ |
2007.09.21

海風季。

00kabuki_07_9.JPG


我が街戸塚は駅前東口再開発により、只今グルメ不毛地帯と化しております。
よって、美味しいものが食べたいときは隣駅の大船に遠征します。
そんな中、最近見つけた『海風季(かぶき)大船店』でございます。

近頃流行りの外食産業、株式会社せんざんの経営。
この手の店は、サービス料やシート・チャージがないのが嬉しい。
それでいて、ヴェンチャーだけに経営ポリシーが“最上のおもてなし”であるため、安くて美味しく安心である。

02kabuki_07_9.JPG


【お通し¥630】
玉子豆腐ウニ乗せ&生シラス。
03kabuki_07_9.JPG


【トマトの赤ワイン煮¥480】
赤ワインで甘く煮付けたトマトと白ワイン・ビネガーのジュレ。
04kabuki_07_9.JPG


【おこぜの唐揚げ¥920】
旬のおこぜのアラをじっくり揚げた唐揚げ。骨まで食べられます。
05kabuki_07_9.JPG


【湯葉豆腐刺¥714】
この店の定番人気メニュー。濃厚で美味。
06kabuki_07_9.JPG


【お刺身】
本日のお薦めから、シマあじ刺¥1100、〆サバ刺¥900、かつを刺¥780、活つぶ貝刺¥880を盛り合わせに。お薦めだけにどれも美味♪
07kabuki_07_9.JPG


08kabuki_07_9.JPG


09kabuki_07_9.JPG


【シマあじカブト焼き¥880】
やっぱり、焼き物がないとね♪
10kabuki_07_9.JPG


【鶏なんこつ唐揚げ¥609】
魚だけじゃなく、充実のメニュー!
11kabuki_07_9.JPG


【湯葉チーズ揚げ¥714】
子供大好き、人気メニュー。
12kabuki_07_9.JPG


【砂肝¥567】
魚だけじゃなく、しっかりした焼き鳥メニューも美味しい♪
13kabuki_07_9.JPG


【板そば¥1260】
僕のお気に入り。3人でお腹いっぱいになる充分な量です。何人かで飲んだときの〆に最高~♪
14kabuki_07_9.JPG


15kabuki_07_9.JPG


アルバイト店員たちも、しっかり教育されており、終止和やかな食事が楽しめます♪
この他に生ビール2杯、お酒4合、子供のソフト・ドリンク2杯を入れて、お値段〆て¥14.970也。
ひとり5000円弱で、この内容なら申し分なし♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 19:58 | 外食 |
2007.09.19

流しそうめん♪

00nagasi1.JPG



日本史と仏像にハマっている息子と、毎週のように鎌倉へ行く。
以前は花探しに批判的だった息子とは、見事に利害関係が一致している。
先週末も北鎌倉へ。
いや~、猛烈に暑かった。
で、いつも横目に通り過ぎていた、流しそうめんで有名な“茶屋かど”で昼食。

・流しそうめんとろろ付き1350円。
・天ぷら付き1800円。
・天ぷら&とろろ付き2100円。

猛暑のためか、僕も息子も天ぷらやとろろには無反応。
とりあえず僕は生ビール、息子はジンジャーエール!
ただの流しそうめん(¥1000)をいただくことに。

01nagasi.JPG


お店のおばちゃんが、手際良く、絶妙なタイミングでそうめんを流してくれます。
息子は初めての体験だったので、楽しかったようだ。(ふだん、そうめん嫌いなのに)
子供は雰囲気に弱いのだ!

02nagasi.JPG


03nagasi.JPG


04nagasi.JPG


05nagasi.JPG


しかし、厳しいことをいうと、そうめんに今ひとつ腰がない。
つゆが甘口……。
水に流れてくるそうめんである。
案の定、すぐにつゆが薄まってしまうのだ。
仕方がないので、つゆ(¥500)を2つ追加。

06nagasi.JPG


07nagasi.JPG


お勘定は、4000円近い。(高っ)
後で知ったのだが、そうめんだけだと割高になるので、天ぷらとかとろろ付きを注文する方が良いのだそうだ。そうすると浸け汁がオプションで付いてくるのだという。
通りで、周りの方々は天ぷら食ってたわけだ……。
くそっ、やられたぜっ!

【茶屋かど】
鎌倉市山ノ内1518 0467-23-1673
10時~17時(夜は予約のみ) 不定休
駐車場2台分あり ※流しそうめんは4月~10月
08nagasi.JPG




実は息子はうどん好きですが、そうめん、冷麦はあまり食べない。
で、流しそうめんで雰囲気に弱いことを知ったので、三連休の最後の朝、思いっきり演出した冷麦を作りました~!

09hiyamugi_07_9.JPG


10hiyamugi_07_9.JPG


11hiyamugi_07_9.JPG


むろん、喜んで食べていました♪
搾菜がミソです。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪



Posted at 16:27 | 外食 |
2007.09.14

愛されてるかい?

00aiben_07__9.JPG


例年以上の猛暑からか、このところ家内のお弁当が激減していたわけです。
ちょっと、考察してみます。

1. 暑いので、弁当が傷みやすい。
2. 実は家内は、気まぐれで作っていた。
3. 何らかの原因から、家内に反感をかっている。

1については、あまり関係ない。
僕は朝9時に家を出て、冷房の効いた電車で通勤。12時~13時頃にはお弁当をひろげますから。しかも、忙しいときは夕方になって食べたこともありますが、問題はない。

2はもっとも充当要因が多く挙げられます。
子供の夏休み期間中は、毎日のように息子と出歩いていますから、家内も疲れていたでしょうし、まして高温多湿なキッチンに立つのも辛かろうというもの。
そんな中でも、家内がコーラスの練習日は自分もお弁当を持参するので、併せて作ってくれたりする。

問題は、3でしょ!
いや、平和です。平和なはず? です。(←トーン・ダウンしてるし)
大体、僕はネエーちゃんの店が好きではない。
いや、女性が嫌いってことではないんですよ。
でも基本的に男飲みが好きですし、家内以外の女性と二人で外食なんて、神に誓ってないのです。
そりゃ、友人宅での飲み会に女性の友人がいたり、オフ会とかは女性が混じる。
でも、家内を裏切るようなシーンはあり得ません……。

確かに、知人女性社長と仕事の相談事で食事したことはあります。
そんで、仕事やプライベートの愚痴を聞いてあげたりするわけです。
「あぁ・・・。私ちょっと飲み過ぎたみたい。noodles社長って、どうしてそんなにお強いの?」
「こらこら、社長たる者、酒は飲んでも飲まれちゃいけない。俺の酒はね、いかに酔わずに飲み続けられるか? それがテーマなのさ」
「うふふ。私、そういう子供みたいなnoodlesさんが、ダ・イ・ス・キ・・・」
おっと、だからないって!
大体、こんな陳腐な台詞書いてるようじゃ、エロ小説にも劣るって。


とにかく、このところの家内のお弁当が激減した理由(わけ)は、やはり2の原因が濃厚でございます。

えっ? 
疑ってますね??
そこの貴方……。

では、久々に昨日作ってくれた愛妻弁当から、“愛されてるかい?”度合いを計測してみましょう。

メインは、カジキマグロの照焼。
香のものは、高菜漬け。
01aiben_07__9.JPG


揚げものは練り物で、カジキマグロと同じお弁当用の冷凍総菜だと思われます。
金平牛蒡は、家内が作り置きして冷凍保存してあるもの。
プチトマトは彩りと思われ。
まあ、このあたりまでは“愛されてるかい?”度合いは、平均値でしょう。
02aiben_07__9.JPG


実はこの卵焼きこそが、今回のお弁当の“愛されてるかい?”度合いナンバーワンなのである!
瓶詰めではあるが、えのき茸の醤油煮と小ネギを出汁巻きで仕上げてある。
通常の朝食も別メニューで作って、これは朝から大変な手間である。
そして、昆布の鰹佃煮。
ご飯を最後まで、おかずが尽きずに食べ終えるための細かな配慮。
03aiben_07__9.JPG


ご飯を見てみよう。
おかずとして勿論、お弁当の傷みを防ぐ梅干し。
冷めたご飯だけでも、美味しく噛みしめられるように、ゆかりと胡麻まで乗っている。
実にきめ細やかな心づくしである。
04aiben_07__9.JPG


05aiben_07__9.JPG


ね。
みなさん、愛されてるかい?





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪





Posted at 17:10 | 弁当 |
2007.09.12

晩酌の愉しみ♪

00ban_07_9.JPG


久々に、晩酌ネタでも。

とある日、深夜帰宅時に家族が寝静まってしまって、自分で作った晩酌メニューでございます。

この日は忙しく、昼食を抜きソイジョイを会社でぼりぼり食べて過ごしたという、ひもじい一日。

まずは、酒の肴に冷凍庫の備蓄の干しガレイを焼きはじめる。
しかし、干しガレイ一枚じゃ、腹の虫は治まらない。

01ban_07_9.JPG


薬味いっぱいの蕎麦が、無性に食べたくなる。
食庫をひっくり返していたら、永坂更科市販の乾麺を発見♪
安いときに、素麺、冷や麦、蕎麦と乾麺を買いだめしてあった徳である。

02ban_07_9.JPG


市販の乾麺では、僕の中でかなりベストな永坂更科の乾麺。
家庭では、生蕎麦を買ってきて茹でるより乾麺の方が、美味しくいただけます。
むろん、やる気のない下手な蕎麦屋より、断然美味い。

03ban_07_9.JPG


あと、蕎麦つゆです!
これだけは、市販のものじゃもの足りない。
僕は多めに作り、冷蔵庫に常備しています。

1. 大きかろうが、小さかろうが、鍋底に1cmほどのみりんを入れ煮立てます。沸騰したら火を点けます。火が消えれば煮切りみりんとなります。(火災には充分に注意を)

2. 煮切ったみりんに同量の濃口醤油を投入します。沸騰してアクがでたら火を止めます。

3. 出汁(水、昆布、鰹厚削り節を20分煮出す)を、2に二倍の量投入し、沸騰させて耐熱容器に入れ、流水で冷まします。

04ban_07_9.JPG


ちょうど、薮系の濃い口なつけ汁となります。
例の、「死ぬ前に一度でいいから、たっぷりつけ汁につけて蕎麦を食いたかった」といわれる薮系のつけ汁です。
濃いつけ汁に、箸ですくった蕎麦をちょっとだけ浸して食べるわけです。
そうすることで、蕎麦の風味が生きるわけですが、まあ好みで出汁の量を加減して下さい。

このつけ汁を冷蔵庫に常備しておけば、汁蕎麦にしたいときも、さらに水で伸ばせばかけ汁にできるわけです。

干しガレイを突き、蕎麦を啜りながらの独りの晩酌。
色々、凝った料理を作るときもあるが、こういう小料理をぱぱっと作れるのが、今まで食を愛し、料理に親しんできた醍醐味であろう。

秋の夜長、悦に入りながら、なかなかおつなものですよ♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 12:43 | 晩酌 |
2007.09.10

夏ふぐ♪

00natufugu.JPG


夏の虎ふぐでございます。

むろん、養殖ものであります。
ふぐ養殖は、主に愛媛、長崎が盛んであるが、一度下関の市場に持ち込まれるため天然ものであろうと、養殖であろうと一様に“下関のふぐ”として流通するのだとか。

何故、下関がふぐの集積地となったのか?
東シナ海、日本海、瀬戸内海などふぐの主要産地を結ぶ交通の要衝地であるため、昭和8年に唐戸魚市場がふぐ取引所として開設。
よって、毒性のある内臓処理加工業者が近隣に終結したため、下関沿岸以外で漁獲されたふぐも一旦下関に集まるようになったためだそうです。

【煮凝り】
02natufugu.JPG


冬場が旬とされるのは、産卵のため日本海沿岸に接近したところを漁獲するからである。むろん、一年中ふぐは海にいる。
しかし、冬以外に一本釣りによるふぐ漁で遠洋に出漁するのは効率が悪く、バカ高い値段になってしまうため、冬場が旬ということになった。
また、冬場の方が鍋物がふさわしいという理由もあるようだ。

【鉄皮】
03natufugu.JPG


04natufugu.JPG


北九州から関西で、“ふぐ”ではなく“ふく”と呼ばれるのは、“不遇・不具”が縁起が悪く、濁らせずに“福”としたなど諸説あるらしい。

江戸時代には、猛毒なため、ふぐを食べることが禁じられていた。
それは、今のような調理技術が徹底していなかったからである。
そこでその殺傷率が高い毒性から“鉄砲”とあだ名され、それでも食べたいという好事家の間で、隠語として“鉄”と呼ばれたそうである。
だから、刺身は“鉄刺(てっさ)”、ちり鍋を“鉄ちり(てっちり)”、皮を“鉄皮”(てっぴ)と呼ぶ。

【ひれ酒】
05natufugu.JPG


バブル期以降は東京の料理店でも、広く活けのふぐが供されるようになった。
それは、とりわけ鉄刺(てっさ)にする場合、一日ほど餌を与えず身を締めるのが良しとされ、それを陸送の時間に充当させることで効率を計ったからだそうです。
結果、ふぐ調理の免許取得者も各地域に広まったのでしょう。

【鉄刺】
06natufugu.JPG


07natufugu.JPG


08natufugu.JPG


えっ?
堅い話は、もういいって??
いやいや、昔の愛好家は、命をはってふぐを食べたわけです。
実際、昭和初期、よく“ふぐで死んだ人”の報道がありました。
勿論、今はそんなこともなくなりました。

【唐揚げ】
09natufugu.JPG


【ふぐサラダ】
10natufugu.JPG


でもね、限られた人生、刻々と身を削って生きているわけです。
毒があろうと、なかろうと、日々何がしか摂食しながら死に突き進んでいるわけです。
突発的な要因で5分後には死んでいるかもしれないし、また、孫と対面するまで生き長らえるかは、誰にもわからない。
せめて、己が食うもんのことぐらいは、知っておきたいじゃない?

【鉄ちり】
11natufugu.JPG


12natufugu.JPG


13natufugu.JPG


14natufugu.JPG


15natufugu.JPG


16natufugu.JPG


【雑炊】
17natufugu.JPG


【バニラアイス】
18natufugu.JPG


今回は、一年中リーズナブルにふぐ料理を味わえる『下関 虎福亭 渋谷店』の、“とらふぐコース(お一人¥5229)”でございました♪



●最近、読んだ本。

ここで、俺は死ぬのかも知れない。
死ねばそこまでの生であり、死ななければその秋(とき)が、順延するだけなのだ!
戦において、その死生観を問い続ける豪傑たちの壮絶な大河ロマン。
北方水滸伝、三国志、絶好調!!

水滸伝(11(天地の章))


三国志(3の巻)


三国志(4の巻)





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 16:55 | 外食 |
2007.09.05

スヰートポーヅ♪

00sueet.JPG


先週末土曜は、家内と息子を伴って、本の街神田神保町へ出かけました。

実は僕は毎週木曜夕方には、雨が降ろうと槍が降ろうと仕事で神保町へ出向くのですが、最近日本史と仏像にハマっている息子の、たっての願いで関係本を探しに、休日出かけました。

朝から古本屋さんと新書書店を端から攻め、午後1時半頃にお腹の虫が鳴き出します。
休憩を兼ねて、昼食へ。
神保町といえば、すずらん通りの老舗餃子専門店『スヰートポーヅ』でございます♪
僕が学生の頃から通っていますから、そうとう古い。

09sueet.JPG


なんと創業昭和11年! 焼き餃子、水餃子、包子オンリーの専門店です。
創業当時餃子は一般的でなく、客は中国人や中国で暮らしたことのある人だけだったそうな。店名のスヰートポーヅは、美味しい(スイート)、包子(ポウヅ)から。

僕と、家内、息子でそれぞれ餃子定食を注文し、水餃子もひとつ注文。
あ、勿論ビールもね♪

01sueet.JPG


02sueet.JPG


水餃子はまるで小龍包のようで、口に含むとジュワッと肉汁がほとばしります。
そもそも、僕が初めて食べた水餃子はここのものだった。
昔、食べたときは心底感動しました。
当時、学生のぶんざいが味わえる水餃子は、この店しかありませんでしたから。

03sueet.JPG


04sueet.JPG


05sueet.JPG


そして、焼き餃子。
これは感涙ものの逸品、絶品!
本場仕込みなだけに、餃子にはニンニクが入らず、ラー油も使用しません。
したがって、胃もたれなし。
カリッと、焼き加減も申し分なし。
醤油と一味唐辛子で、ご飯がもりもりイケちゃいます!!

07sueet.JPG


初めて食した、家内と息子の反応?
「帰りに、夜もここで食べたい!」とまで感激しておりました~♪

06sueet.JPG


みなさんも、本と餃子の神保町散歩、どうですか!



【スヰートポーヅ】
住所:東京都千代田区神田神保町1-13-2  
TEL:03-3295-4084
営業時間:11:30 ~ 15:00、16:30 ~ 20:00
08sueet.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 21:07 | 外食 |
2007.09.03

秋刀魚の味♪

00sanma.jpg


秋の味覚は数あれど、最も庶民的で美味いのが秋刀魚である♪

今年も7月24日から10t未満の小型船の操業がスタート。
20t未満船も8月7日に解禁。
9日、40t未満解禁。
18日、40t以上解禁。
北海道道東の各出漁基地から操業開始です。

本来は10月下旬から11月に、福島、千葉県銚子で水揚げされるものが最も脂が乗って旬とされるが、実は日本の秋刀魚の漁獲高の50%以上は北海道で水揚げされ、この時期でも脂が乗った秋刀魚が流通するようになった。

02sanma.JPG


血液の流れを良くするエイコサペンタエン酸が多く、脳梗塞・心筋梗塞などの予防効果。また、ドコサヘキサエン酸も豊富で、体内の悪玉コレステロール(LDL)を減らす作用、脳細胞を活発化、頭の回転を良くする効果もあるとされている。

03sanma.JPG


僕は秋刀魚の干物も好きで一年中食べるが、 やはり旬の生秋刀魚は塩焼きに限る。
熱々の焼きたてに、柑橘類を絞っていただきます♪
ジュワッとした脂の旨味もたまらないが、やはりワタである!
苦みばしった複雑かつ濃厚な甘味が、冷酒を誘う。
う~ん、幸せ……。

04sanma.JPG


ところで、ワタまで食べる方なら経験があると思うが、ウロコがかたまっている部位がある。これは秋刀魚を棒受け網漁で大漁に採る時にウロコはお互いの体でこすれてほとんど取れてしまうが、 どういうわけかサンマの口の中に入り消化管に溜まるのだそうです。
僕は、このウロコと骨以外は綺麗に食べ尽くします♪



【鮪赤身の山かけ】
近頃、異常に長いもの擦りおろしが食べたくなる。
鮪赤身はサイコロ状に切り分け、酒、薄口醤油で漬け(15分ほど)にします。
器に大葉、カイワレを飾り、山かけに炒り胡麻を乗せて。
山葵を溶いた濃口醤油を垂らしていただきます♪
05sanma.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 15:41 | 魚料理 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。