--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

SALONE 2007(元町中華街のイタリアン)

00salone2007.JPG

11月27日(火)、20時半。
オフ会に指定された場所へ到着すると、そこは見慣れた街並……。
足繁く通う、元町中華街の一角に、その店はあった。

10月に銀座『リストランテシチリアーノ』が、中華街へ移転。
SALONE 2007』としてオープンした。


01salone2007.JPG


02salone2007.JPG


【Zuppetta】
ホワイトアスパラのズッペッタ/水牛のモッツァレラチーズを浮かべて
03salone2007.JPG


【Sorpresa】
クッキアイオのスカレッタ/宮城牛イチボと佐島の伊勢えび
05salone2007.JPG


06salone2007.JPG


07salone2007.JPG


【Primo Pasta】
ブレシャネッラのラビオリーニとスーゴ ディ フンギ
08salone2007.JPG


09salone2007.JPG


10salone2007.JPG


ホール担当は、心地よいサービスを提供してくれる、藤巻氏と若きイケメンくん。
厨房を含め、4人のチーム・ワークでの範疇として、いまのところコース料理¥10000のみ、ランチ・サービスはなし。

サロンと称するだけあり、こじんまりとしながらも天井高めのゆったりしたテーブル・セッティング。
ガラス窓ごしに望める隣接のワイン・セラーは、自由に入ることが許され、藤巻氏より丁寧なワインの説明が受けられる。

決して華美ではないミュートの効いた照明が、極上のワイン・グラスに、星のように乱反射する。
それを眺めながら、ゆったりと料理、会話を楽しんでいると、不意にこの店の心地よさからくる、確かなコンセプトが浮かび上がる心憎い演出……。


11salone2007.JPG


12salone2007.JPG


13salone2007.JPG


14salone2007.JPG


【Vapore】
地魚の蒸し物/オレンジの香り
16salone2007.JPG


17salone2007.JPG


18salone2007.JPG


【Piatto Tiepido】
秋田うさぎのレバーパテ
19salone2007.JPG


20salone2007.JPG


21salone2007.JPG


【Secondo Pasta】
秋田うさぎのサルシッチャとちりめんキャベツのグラミーニャ
23salone2007.JPG


【Carne】
茨城エトフェ鳩胸肉のロースト/ジビッボ風味のイチジク添え
24salone2007.JPG


25salone2007.JPG


26salone2007.JPG


【サプライズ・メニュー(お店からのサービス)】
28salone2007.JPG


29salone2007.JPG


【お店からのサービス】
30salone2007.JPG


【 Formaggio】
チーズ
32salone2007.JPG


【Dolce】
ドルチェ
33salone2007.JPG


【お店からのサービス】
34salone2007.JPG


37salone2007.JPG


食後、厨房から挨拶にきてくれた、若いシェフを見て、しばし唖然。
若きオーナー・シェフ平氏(写真左)と、一緒にイタリア修行をしてきた相棒樋口氏(写真右)。
30代前半でありながら、平氏と樋口氏とが繰り広げるドラマティックな料理の数々は、決して熟練・熟年シェフには真似のできないクリエーティビティに溢れ、且つ見せかけではない複雑な旨味をも合わせ持つ逸品である。
これからは若い人たちが、食文化を担っていくということを改めて実感する。


35salone2007.JPG


36salone2007.JPG


優良客として、限定ショップ・カードを供していただいた。
ちょっとした優越感である。
正直、オープン間もない店内は、空席が目立つ。
実際、この夜も貸し切り状態であった。
だがその静けさは、来るべき喝采へのイントロにすぎない。
この店は間違いなく、有名店に成長するであろう。
横浜のみならず、東京エリアを網羅しても、屈指の店になると思う。
だから、いまなら店と客側が二人三脚で、成長していく至福を味わえるというもの。
よって、あまりお教えしたくは、なかったのだが……。

あえて、いおう。
僕はこんな店の登場を、待ち望んでいた!






料理の詳細は、他参加メンバーさんたちが随時アップされると思います。(他力本願)

♪驢馬人さん
♪palmeritaさん
♪アフロディーテさん
♪ひらめさん

注)今回は店内暗しで、画像がお見苦しいかと思われます。
  次回(クリスマスに予約入れました♪)は工夫してリベンジに望みます……。








人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト

Posted at 17:27 | SALONE 2007 |
2007.11.26

北海道の美味しいもの♪

00hokki_07_11.JPG


先週水曜~土曜まで、北海道からお袋と親父が遊びにきました。

ってことで水曜の晩酌は、北海道土産で俄然豪華に♪
活けの北寄貝に、お袋が漬けたカブと鰊の漬物、スドキ♪

01hokki_07_11.JPG


02hokki_07_11.JPG


03hokki_07_11.JPG


活けの北寄貝は、ヒモ部分を取り除いたら、まな板に叩き付けます!
そうすると、身に括が入りプクッとふくれます。
そこを、さっと切り分けて、速攻でいただきます♪
醤油に浸けても、生きているのよん♪

04hokki_07_11.JPG


05hokki_07_11.JPG


取り除いておいた北寄貝のヒモは、翌日エリンギとインゲンでソテイに。
ガーリック・オイルでエリンギとインゲンを炒め、貝ヒモを投入。酒、塩、たっぷりの白胡椒で調味。仕上げに粉チーズと柚皮を添えて♪

06hokki_07_11.JPG


それにしても、いまインゲンが高い。(反省)





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 17:26 | 魚料理 |
2007.11.21

生きるために食い、悩む。

00take.JPG


今頃のお楽しみといえば、はたはた♪
市場でびっしり卵(ブリコ)をもったものを発見!
昨年同様、煮付けでいただきました♪

01take.JPG


塩焼きや煮付けだと、卵がプチプチ、ネバネバの食感がたまらない。
昔は秋田を中心に、北陸地方の冬のタンパク源として味噌漬けにしたそうで、その場合は顎が疲れるほどゴムのように硬質化し、ブリッブリッという食感になることからブリコと呼ばれたそうな。

03take.JPG


04take.JPG


そして、もう一つの楽しみは鵡川のししゃも♪
昨年も説明しましたが、そこらのスーパーのはししゃもじゃないからね!

05take.JPG



と、まあ。
人は生きてる証に、美味いもんを食うわけでございますが……。

一昨日、月曜昼頃に友人の穴澤からメールが入った。
もとは彼から紹介され、何度か飲んだことのある共通の友人が、その朝に急逝した。
昨年、結婚したばかりで、パーティーにも顔をだした。
それ以来、僕は会っていなかったのだが。

穴澤の説明によると、朝起きていきなり、
「息苦しい……」といって倒れ、そのまま逝ってしまったのだそうだ。
来月、奥様が出産予定だったという……。

人は、必ず死ぬ。
そのときが、人により千差万別であることも認識しているつもりだ。
でも早過ぎるよ、○ちゃん。
急逝心不全?
僕より10歳以上も若かったくせに……。
君じゃなく、世の中には死んだほうがいい悪い奴がいっぱいいるのに。
ちょっとお惚けで、明るい君ともう飲めないなんて……。
穴澤の友達だというだけで、喜んで僕も仲間に入れてくれた君に、もう会えないなんて……。
サラリーマンのくせに、ギター、ツーリング、ヨットと人生を謳歌していた。
仕事と遊びを両立し、これからは家庭も充実するはずだったろうに……。

悪いけど通夜も告別式も、僕はいかないよ。
別れの儀式なんて、まっぴらだ。
ず~っと、僕の中で君は生き続けるのだから。

いつどんなとき、どんな場所でも、僕が乾杯と発したときには、心の中で君にも参加してもらうよ。
そして、僕の心の中のその見えない参加者が、君で3人目になっちまったよ……。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 17:22 | 魚料理 |
2007.11.19

中華蕎麦♪

02chuukasoba_07_11.JPG


以前、申し上げたようにメンマを作りました。
ツマミにも最高です♪(作り方はこちら

01chuukasoba_07_11.JPG


で、らーめんを作ろうかと思ったんですが……。

いつものように和出汁を昆布、宗田鰹節、鰯煮干し、干し椎茸に、新たに手に入れた鯵節でとったら、極めて美味しい出汁がとれまして。

むろん中華麺も常備しているのですが、和出汁だけで食べたくなったので急遽、日本蕎麦にしてみました。

03chuukasoba_07_11.JPG


焼豚が反り返っているのは、あらかじめ仕込んだ焼豚を再度炙ったから。(焼豚の作り方はこちら
焼豚に乗っているつぶつぶは、京都鞍馬で買って来た鞍馬名物“粒山椒”でございます。

04chuukasoba_07_11.JPG


小松菜と出来立てのメンマで、ほんとの中華蕎麦。
美味いです♪

00chuukasoba_07_11.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 16:51 | 麺色々 |
2007.11.16

まい泉の “新元祖ロースかつ弁当” ¥630♪

00tonkatuben_07_11.JPG


まい泉の “新元祖ロースかつ弁当” ¥630ってのを、東横のれん街で買ってみました。なにが新元祖なのかは、定かでない。

01tonkatuben_07_11.JPG


02tonkatuben_07_11.JPG


以前ご紹介した、“カツ・サンド” と同様のロース豚カツがで~んと横たわり、御飯がたっぷり詰まったこの内容で、¥630(税込)なら申し分ない。
きんぴらごぼう、しそ昆布、大根つぼ漬けといった福菜に、ギュッと詰まってはいてもふっくらな御飯に小梅、野沢菜ふりかけが彩りを添える。
前述のカツ・サンドよりもお得なくらいだ。

03tonkatuben_07_11.JPG


04tonkatuben_07_11.JPG


05tonkatuben_07_11.JPG


06tonkatuben_07_11.JPG


しつこいようだが、¥630(税込)である。
吉野家の牛丼・特盛¥630と同じなのである!
いまどきのご時世、非常に良心的な価格設定ではないだろうか?
調べてみたら、

・ヤマハのネットカラオケが月額¥630で歌い放題!

・「猫の時間」というカフェでは、猫触り放題で¥630!

・楽天市場の青森屋の山菜づくしが、250gで¥630!

・タクシー小型車の初乗り運賃が、¥630!

う~ん、色々あるものだ……。

07tonkatuben_07_11.JPG


08tonkatuben_07_11.JPG


09tonkatuben_07_11.JPG


・高速道路のSAで、愛犬用ヘルシー弁当が¥630!

犬の弁当だって、¥630なのよ。
いかに “新元祖ロースかつ弁当” ¥630がお得かというもんだ! 偉い!!
うん?

・Yahoo!ショッピングで、キャンティ6本飲み比べセットが¥630!

ううっ、これはちょっと揺れるかも~♪

10tonkatuben_07_11.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 18:41 | 弁当 |
2007.11.14

シナチクのパスタ♪

00sinatiku_07_11.JPG


朝晩、肌寒い毎日が続いております。
ってことで、短冊メンマ(塩漬)を仕込んでます♪
夏場は、戻す途中で傷んでしまうので、この時期が最適。

01sinatiku_07_11.JPG


これが、3日目。
まだ、らーめん用には硬い。
しかし、毎日水を換えていると、食べたくなってくる。
で、歯ごたえのあるメンマで、パスタに挑戦!

まず、細かく拍子木に切り分ける。
02sinatiku_07_11.JPG

材料はメンマの他に、まぐろ油漬缶詰、椎茸、ピーマン。
03sinatiku_07_11.JPG


EXヴァージン・オイルでニンニク微塵切りを炒め、香りが出たらタマネギ・スライスを弱火でじっくり炒める。
04sinatiku_07_11.JPG


次にメンマを投入、炒める。
05sinatiku_07_11.JPG


次にまぐろ油漬缶詰、椎茸、ピーマンを炒め、酒、塩、ナンプラー(隠し味程度)、白胡椒(たっぷり)で、調味。
06sinatiku_07_11.JPG

アルデンテの茹で時間表示1分前にあげたスパゲティーニを投入し、強火で一気に混ぜ合せる。
07sinatiku_07_11.JPG


生の春菊をちぎって、トッピング。
これがまた、美味い♪
08sinatiku_07_11.JPG

春先の筍にはない、シナチクの風味とシャキシャキの歯ごたえが美味い♪

09sinatiku_07_11.JPG


そういえば、もう11月も中盤。
今年も、色んなもんを使って奇想天外なものを作ったなあ……。

昔、デップリ太っていた人が、最近会うと別人のように痩せていたりする。
原因は、糖尿・痛風・癌だったりする。

10sinatiku_07_11.JPG


人間、食えなくなったらお終いよ。
来年も、色んなもん食って元気に生きよう!

ん。来年?
富士丸カレンダーでも買っておくか……。







人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪









Posted at 18:40 | パスタ |
2007.11.12

干しエビ・ワンタン鍋♪

00wantannabe_07_11.JPG


今日は寒いですね。
ワンタンのお鍋で、暖まりませんか?

干しエビをぬるま湯に20分程度浸けておく。
01wantannabe_07_11.JPG


戻した干しエビを刻む。
02wantannabe_07_11.JPG


豚挽肉(脂身の多いもの)に、刻みネギ、刻みニラ、刻みハクサイを入れ、酒、薄口醤油を少々入れる。
03wantannabe_07_11.JPG


刻んだ干しエビとお戻し汁も入れ、丁寧に手もみして混ぜ合せる。
04wantannabe_07_11.JPG


鍋の野菜は豆腐、白菜、ニラ、シメジ。
05wantannabe_07_11.JPG


食卓で各自、ワンタンを包み、鍋に投入します。
ワンタンは皮に具材を乗せ、茶巾に絞っておくだけ。
06wantannabe_07_11.JPG


鍋の出汁は、水と昆布、鰯煮干し、干し椎茸。
調味は、酒、薄口醤油、塩。
ワンタンから、旨味がしみ出します♪
07wantannabe_07_11.JPG


干しエビが複雑な旨味を演出。
乾物を侮ってはいけない!
アミノ酸、タウリン、亜鉛、カルシウム、キチンが豊富で、糖尿病改善や免疫力を高め、動物性の食物繊維としては昆布や鰹節に匹敵する。
特にカルシウムは、生エビの40倍。太陽は偉い!!

08wantannabe_07_11.JPG


ワンタンは煮ると熱々で、舌を火傷しそうになります。
これを、ハフハフいって食べるわけ。
ね! ふう、ふう、ハフハフやっているうちに身体が暖まってきたでしょ♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 17:51 | |
2007.11.09

茘香尊酒家と関羽将軍。

00raishanson.JPG


中華食材買い出しに、久々に横浜中華街へ。
窓から関帝廟を眺めながら食事ができる、『茘香尊酒家(らいしゃんそんしゅか)』でございます。


【なまこの醤油煮 ¥2000】
01raishanson.JPG


【紹興酒(ポット250ml)¥1000】
003raishanson.JPG


【渡り蟹とたまごの炒め ¥2800】
03raishanson.JPG


【季節野菜とはたの炒め ¥1600】
03raishanson.JPG


05raishanson.JPG


【筍と椎茸の煮込み ¥1000】
06raishanson.JPG


07raishanson.JPG


【蟹肉入りコーンスープ ¥400】
08raishanson.JPG


【厚切り豚ロースの蒸し煮 ¥1200】
09raishanson.JPG


10raishanson.JPG


【葱とチャーシューのつゆそば ¥800】
11raishanson.JPG


12raishanson.JPG


リーズナブル、そこそこゴージャスな店内。
味はどの料理も、不可がない。
家族で気軽に立ち寄れる店として重宝しております。

僕が行くのはいつも週末で、中華街は人でごったがえしていますが、この店は2Fがバイキングの食べ放題をやっているため、そちらに観光客が集中します。
従って、3Fのこちらは空いていて、いつも窓側のボックスに陣取れるのです。

そして窓からは、眼の前に関帝廟を望めます。
関帝廊は関聖帝君が奉られており、僕にとっては超リアル!
そう、関聖帝君とは中国三国時代、三国志の名将関羽雲長のこと。
北方謙三 三国志、九の巻 軍市の星で、その関羽将軍が謀略にはめられ死んでしまいました。
泣きました。
そして、十一の巻 鬼宿の星では、その関羽の弟(義兄弟)張飛将軍までが、暗殺される。
むろん夜、独りで弔い酒を飲みながら、泣きました……。

ところで、中華街のレストランでの楽しみは、なんといってもなまこ料理。
乾燥なまこは、ネット通販でも100g¥4000以上。
食材店で乾燥なまこを見ると、いつもつい買いたくなります。
しかし、下処理(戻し)に膨大な手間暇が必要で、買う勇気も作る気力もござんせん。

02raishanson.JPG


そんなときは潔く専門店で味わうに限ります♪
ごちそうさまでした~。


●最近読んだ本。


三国志(9の巻)


三国志(10の巻)


三国志(11の巻)





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 16:20 | 外食 |
2007.11.07

らーめんの顔♪

00ra_kao.JPG


グラスの底に顔があってもいいじゃないか!

と、いったのはかの岡本太郎氏であるが、日頃自作らーめんを作っていて、いつもその名言を思い出す。

毎回、動物系と魚系の出汁の配合を変えたり、麺の太さ、そのときのトッピングの具材に応じて、そのレイアウトは変わる。

01ra_kao.JPG


いままで食べて来た、記憶の中の数々の名店のラーメンの顔はもとより、自分なりに美味しい顔作りをするのが楽しい。

だが、麺の茹で上がりと同時に一瞬で、デザインを構築しなければならない。
もたもたやっていたら、麺はのびていく。
茹で上がった麺には、命が宿っているのだ。逡巡は許されない。

02ra_kao.JPG


らーめんに顔があってもいいじゃないか!
名付けて、びっくりらーめん!!
泡吹いてます!

03ra_kao.JPG


うん? ちょっと、遊び過ぎたか……。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 19:18 | らーめん |
2007.11.05

イクラの愉しみ♪

00ikura_07_11.JPG


北海道の母から、イクラが届きました♪


【イクラおろし蕎麦】
01ikura_07_11.JPG


02ikura_07_11.JPG


思えば昔は正月の貴重品で、ナマスに混ざっているのを箸で摘み、口の中でプチッと弾けるのが嬉しく、愛おしんだものでございます。


【親子丼】
06ikura_07_11.JPG


07ikura_07_11.JPG


僕は、焼き塩鮭のほぐし身とイクラの親子丼が好きです。
イクラだけどど~んってのは、逆に貧乏ったらしい。
やはり親子というストーリーが、丼としてロマンティックである。


【イクラ丼】
03ikura_07_11.JPG


04ikura_07_11.JPG


それでも、一応イクラ丼♪
熱々の御飯に、ふんだんにイクラを乗せるなんていう贅沢は、記憶を辿ってもごく最近の話。函館の朝市あたりが発祥でしょうか?
今や、ちょっとした居酒屋にも登場する定番メニューとなってしまった。
イクラ丼、むろん美味い。
でもやはり、なんか後ろめたい気分もつきまとう贅沢丼ですね。

05ikura_07_11.JPG


ごちそうさまでした~♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 16:46 | 魚料理 |
2007.11.02

明太子のクリームパスタ♪

00mentai_07_10.JPG


安売りの明太子と紫蘇の葉、えのき茸のクリームパスタでございます。
01mentai_07_10.JPG


バターと少々のEXヴァージン・オイルで、えのき茸を炒め、生クリームを加え、塩・白胡椒(ともに少量)で調味して、火を止める。
03mentai_07_10.JPG


火を止めた後、明太子を投入。かき混ぜる。
03mentai_07_10.JPG


時間差で茹であげたパスタ(今回はフェデリーニとスパゲティーニの混合)を、ソースの中に入れ、手早く混ぜて完成♪



先日、帰宅時の東横線、渋谷発・横浜中華街行き通勤快速での出来事。
10時半頃で帰宅ラッシュ。車内は混雑していた。
僕は優先席前に立って、本を読んでいた。
眼の前の3人掛け優先席には、左から中年サラリーマン、茶髪のサービス業風中年、大学生らしき青年が座っている。

渋谷駅で発車寸前に隣の車両に飛び乗ったと思しき老婆が、ガツンガツン人を押しのけ我が車両へ。僕にも体当たりして隣に立った。

眼の前の、中年サラリーマンは新聞、茶髪のサービス業風中年はi-podかなんかで音楽聴きつつ爆睡、大学生は漫画を読んでいる。
従って、起きている中年サラリーマンか大学生いずれかが、席を譲るだろうと思っていた。優先席だし。
が、彼等はまったく譲る気配がない。
因に、僕は優先席には座らない主義である。

ところが、ガツンガツン人にぶつかる老婆も食えないのだ。
周囲にはっきり聞こえる声で、ぶつぶつ独り言を発しはじめた。
「は~~~~、疲れた」
「昔の東横線は良かった。今の東横線は駄目」
「明治の男は良かった。昭和の男はマザコンで駄目」
「は~~~~、疲れた」
「70過ぎてるのに……。優先席……座れない」

優先席に陣取っている3人は、無視している。
そのうち老婆は、新聞・中年サラリーマン批判をぶつぶつ。
「バッジなんかつけて、どこの会社だってんだ? マザコン野郎」

爆睡・茶髪のサービス業風中年には、
「いい歳して、髪赤くして。オカマかお前は?」

漫画・大学生には、
「70過ぎてんの。優先席……。」
と、いいながら広げた漫画の上に自分の荷物を乗せた。
それを無言で押し返し、漫画を読みふける大学生。

そのうち老婆は、歌いだした。
昔の~東横線は~~良かった~♪ 今の東横線は~~~駄目~♪
明治の男は~強かった~~♪ 昭和の男は~~マザコンで駄目~~~♪

新聞・中年サラリーマン、顔真っ赤にして老婆を睨む!
だが、そのときは老婆は無言でよそを見ている。
茶髪のサービス業は、爆睡決め込み!
大学生、まったく無反応……。

老婆。
独り言と歌。
交互に繰り返す。

約20分。菊名で老婆、新聞・中年サラリーマン、茶髪のサービス業、ともに何事もなかったかのように下車していった。

みなさんならどう対処しますか?
老婆は決して酔っている風でもない。(そう見えた)
ひょっとしたら、若干心身症ではないかと思われる。
じゃなければ普通に、席を譲ってほしい旨、促せば良いのだ。
席を譲ろうとしなかった3人は言語道断ではあるが、憎まれ口を叩く元気な老婆に、ああまでいわれ無気になっているのもわかる。
結局その老婆は、僕を含め車両中の全員を敵にまわしたのだ。

老人に席を譲れないのは、嘆かわしい。
第一、優先席に座る健常者が悪い。
だが、喧嘩を売るような老婆の態度も、また悲しい。
双方にモラルが欠如している。

譲れないやつ、譲ってもらえないやつ。
どちらにもなりたくないと思う。

04mentai_07_10.JPG


なんだかなあ。
明太子パスタでも食おうっと。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 11:20 | パスタ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。