--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.29

アボガドの、クリーム・パスタ♪

00abo_08_2_29.JPG


スーパーで、つい買ってしまう食材にアボガドがあります。
基本的に、山葵醤油で刺身にすると、下手な鮪のトロより美味い。

しかし、なんかほかに調理法はないか? なんて野菜室に寝かしているうちに痛んでしまい、家内に小言をいわれるはめに……。

ってことで、今回は痛まないうちに、パスタに応用してみました♪

材料は、チェダーチーズ、パセリ粗微塵切り、茸類(エリンギ、シメジ)、完熟のアボガド、生クリーム(写ってないけど)でございます。
01abo_08_2_29.JPG


まずエリンギ(縦に手でほぐし)とシメジを、EXヴァージン・オイルでじっくり炒めます。次にアボガド(適宜切り分けて)を投入して、さらに炒めます。
02abo_08_2_29.JPG


チェダーチーズ(適宜切り分けて)を入れ溶かし、白ワインを入れます。
03abo_08_2_29.JPG


生クリームを加えたら、塩、白胡椒で調味。
茹でたてのスパゲッティーニを投入し、中火で加熱しながらソースを絡めて出来上がり。
04abo_08_2_29.JPG


05abo_08_2_29.JPG


パセリ&粗挽き黒胡椒をちらして♪
ほんのりグリーンなアボガド・ソースが彩りよく、ヘルシーで風味豊かなパスタに仕上がりました〜♪

06abo_08_2_29.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

スポンサーサイト

Posted at 19:29 | パスタ |
2008.02.27

親子な麺♪

00oyako_08_2_27.JPG


世には、親子〇〇というものがある。

鶏肉と鶏卵の、ご存知親子丼。
日本橋の鳥料理専門店『玉ひで』の五代目当主の妻「山田とく」が1891年に考案したのがはじまりだとか。
鮭のほぐし身とイクラの、海鮮親子丼なんてのもある。

ってことで、親子縛りで麺を2種♪
まずは、ひねりなしの直球ストレートで、親子うどん。
煮切りみりん、出汁、濃口醤油の割り下(市販の蕎麦つゆで可)で、予め酒をまぶしておいた鶏もも肉ぶつ切りを煮て、溶き卵でさっととじる。
01oyako_08_2_27.JPG


昆布、干し椎茸、鰹節、鯵煮干(和風出汁パックで可)の出汁に、みりん、酒、薄口醤油で調味。乾麺のうどんで。
02oyako_08_2_27.JPG


暖まります♪



ちょっと、まった〜!
ここで、終りじゃ仕様がない。
親子らーめん♪
03oyako_08_2_27.JPG


昆布、干し椎茸、鰹節(厚削り)、鯵煮干、帆立貝柱を水から(一晩置いて)煮出し、沸騰直前に昆布を取り出し、桜えびを入れて香りをつける。
沸騰したら火を弱め(軽い沸騰を維持)、30分炊く。
次に鶏手羽先を投入し、臭み消しの生姜スライスを2〜3枚入れ、1時間炊く。
04oyako_08_2_27.JPG


スープの中で卵を8分茹で(深ザルで転がしながら)、流水で15分冷やした半熟卵を常備したらーめんタレ(チャーシュウの漬けダレ)に15分浸けておき、切り分けておく。
05oyako_08_2_27.JPG


スープで使った、鶏手羽先を流水で冷まし、身を手でほぐして豆板醤、酒、小ネギで和えておく。
06oyako_08_2_27.JPG


丼に適量のらーめんタレ(チャーシュウの漬けダレ)を入れ、白胡椒、粗挽き黒胡椒、ラード(チャーシュウの漬けダレに浮いた油を取り分け冷やしたもの)を入れる。
07oyako_08_2_27.JPG


今回の麺は、西山製麺の熟成麺。
冷凍しておいたものを、沸騰したたっぷりの湯で茹でます。
08oyako_08_2_27.JPG


09oyako_08_2_27.JPG


丼に適量のスープをそそぎ、タレを混ぜておき、湯きりした麺を投入。
10oyako_08_2_27.JPG


半熟卵、鶏手羽先ほぐし身、小ネギを飾って親子らーめん♪
11oyako_08_2_27.JPG


豆板醤のピリ辛が、たまりませんのよ……。
12oyako_08_2_27.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪




Posted at 18:07 | らーめん |
2008.02.25

鎌倉で、美味い蕎麦と酒に出逢う♪

00takenoya_08_2_23.JPG


先週末土曜午後。
春一番が吹く中、息子と鎌倉へ散策。

02takenoya_08_2_23.JPG


まずは、鎌倉駅から安養院へ。

01takenoya_08_2_23.JPG


さらに、安養院から安国論寺へ抜ける途中、閑静な住宅街に蕎麦屋発見♪

03takenoya_08_2_23.JPG


こんな目立たない場所で、営業し続けているということは、さぞかし美味い蕎麦を供するのではないか?
ってことで、入店。

午後2時頃だったので、店内は空いていて、落ち着いた良い雰囲気。
何より無駄なBGMがなく、歩き疲れた身にはホッとする。

05takenoya_08_2_23.JPG


06takenoya_08_2_23.JPG


ご近所の常連さんと思しき初老の男性が、持参した朝刊を読みながら、からすみでお銚子を傾けている。

僕も、板わさ(¥800)とからすみ(¥800)で、冷や酒を一杯。
板わさは、3センチほどの厚切り。からすみは本からすみではないが、ほどよくスモークされたもので美味。
昼下がり、つい一杯飲りたくなるような、本来の蕎麦屋然とした雰囲気が良い♪

04takenoya_08_2_23.JPG


息子は、ゆず切り蕎麦(冬期限定)天盛り(¥1200)。

07takenoya_08_2_23.JPG


息子が蕎麦を美味しそうに啜っているのを、眺めながらしばし一献傾け、僕はせいろそば(¥1000)で、〆。
引き締まった蕎麦は、口に運ぶと歯ごたえ良く、噛み締めるたびに蕎麦の香りが広がる。良い仕事してるなあ。

08takenoya_08_2_23.JPG


09takenoya_08_2_23.JPG


10takenoya_08_2_23.JPG


そして、なにより望外の収穫はここのお酒!
知らなかったのだが、曙光(しょうこう)は、茅ヶ崎の熊澤酒造の酒で、これが端麗辛口で、非常に美味い♪
しばらく、ハマりそうです。

11takenoya_08_2_23.JPG


【手打ちそば処 竹乃家】
電話:0467-25-3872
営業時間:午前11時~午後6時(売切れ次第早仕舞あり)
休業日:月曜日(祭日の場合は翌日)
12takenoya_08_2_23.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪


Posted at 14:28 | 散歩・旅 |
2008.02.20

哀愁のタイ♪

00ton_08_2.JPG


相変わらず我家は、タイ料理好きです。
1年3ヶ月ぶりに、横浜駅相鉄ジョイナス地下『タイレストラン沌』にて食事♪

【生ビールと落花生の塩茹で(お通し)】
001ton_08_2.JPG


【パッパッルアムミッ¥780】タイ風五目野菜炒め
01ton_08_2.JPG


02ton_08_2.JPG


【サクロークイサーン¥880】イサーン地方のソーセージ
03ton_08_2.JPG


04ton_08_2.JPG


【ヤムウンセン¥780】春雨と海老の辛口サラダ(作り方はここ
05ton_08_2.JPG


06ton_08_2.JPG


【タカイパッタレー¥1180】シーフードのレモングラス炒め
07ton_08_2.JPG


08ton_08_2.JPG


【ヌアパッナンマイホイ¥980】牛肉のオイスターソース炒め
09ton_08_2.JPG


10ton_08_2.JPG


【プーニンプリックタイダム¥1480】ソフトシェルクラブの揚げもの(黒胡椒風味)
11ton_08_2.JPG


12ton_08_2.JPG


昔、結婚寸前にいまの家内と別れ、傷心旅行でタイに行ってから僕は数度訪れている。
そんなわけで一時、バンコクで英語ガイドをしてもらったタイ人女性と結婚まで考えたことがあった。馴れない英文で文通していたのが、いまは懐かしい。
紆余曲折の果て、無事家内と結婚。
その2年目に一度家内をプーケットに連れて行き、すっかり彼女もタイにハマった。
息子が生まれたのは、その5年後なのに息子はタイ料理が大好きである。
大人が食べてもそれぞれそれなりに辛い料理ばかりなのに、息子は美味い旨いと喜んでいる。
トムヤムクンなぞ、独占してあまり僕らに分けてくれないのだ。
ま、世界三大スープだからね……。
今年こそ、家族3人でタイに行けたらなあ。

【トムヤムクン¥1480】海老の辛酸味スープ
13ton_08_2.JPG


14ton_08_2.JPG


【メコンウィスキー・ロック¥600】
15ton_08_2.JPG


【センレクナム¥800】蒸し鶏の汁そば(ビーフン)
16ton_08_2.JPG


17ton_08_2.JPG


【デザート全種盛¥980】
左から、マンゴープリン、バイトーイアイス、ココナッツプリン、ココナッツアイス、タロイモの焼きプリン、カボチャのカスタード。
18ton_08_2.JPG


タイレストラン沌
横浜市西区南幸1-5相鉄ジョイナスB2F
045-320-6780
yokohama_ton.gif




北方謙三『水滸伝 十七 (朱雀の章)』、本日発売!
読むぞ~!


水滸伝(17(朱雀の章))






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 14:19 | 外食 |
2008.02.18

焼きビーフン♪

00yakibi_08_2.JPG


今回は好物の焼きビーフン♪

材料はあり合わせで!
白菜、えのき茸、豚バラ・スライス、小柱と小エビ(冷凍シーフード・ミックス)。
写っていませんが、ニンニク微塵切りと生姜微塵切りも。
※エビに背わたがあれば、取り除く。
01yakibi_08_2.JPG


ビーフンはぬるま湯に10分浸してから、ザルに上げておく。
※長ければキッチン鋏で適当にカットしておく。
02yakibi_08_2.JPG


フライパンに菜種油と辣油を少々入れ、ニンニク微塵切りと生姜微塵切りを炒め、肉、白菜&えのき、シーフードの順で炒める。
03yakibi_08_2.JPG


別鍋で、鶏ガラスープ(顆粒でも可)に、乾燥キクラゲ、搾菜千切りを煮立てスープを取っておく。調味は酒、薄口醤油、粗挽き黒胡椒で。
04yakibi_08_2.JPG


炒めた肉野菜類に、ひたひたのスープ(搾菜以外)を投入。
※多めに作って残ったスープは、サイド・メニューに。
05yakibi_08_2.JPG


さきほど戻したビーフンを入れてスープを吸わせ、汁気がなくなったら、仕上げに少量のごま油を足して炒める。味見をしてもの足りなければ醤油(オイスター・ソースでも可)で調味。
06yakibi_08_2.JPG


07yakibi_08_2.JPG


08yakibi_08_2.JPG


美味そうでしょ♪



鰐印 新竹米粉





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪



Posted at 16:46 | 麺色々 |
2008.02.15

ヒイカのトマトソース♪で、正義を問う?

00hiika_08_2.JPG


パスタづいておりますが、今回は旬のヒイカを使ったトマト・ソースでございます♪

ヒイカとはジンドウイカや剣先イカなどの子イカのことだそうで 、スーパーで袋詰め(30杯弱)が¥500円ほどで売っていました。

01hiika_08_2.JPG


ブログをはじめる前の遠い昔、雑誌danchuの烏賊特集に紹介されていた、三崎のヒイカの握り鮨を食べに行ったことがありますが、鮨ネタや煮付け用としても重宝されるようです。

材料はヒイカ、トマト缶詰、刻んだ大葉、ほうれん草。(ヒイカは脚、内蔵を取り除いておく)
02hiika_08_2.JPG


今回のパスタは、生活クラブの手打ち風モチモチのスパゲティ。
03hiika_08_2.JPG


EXヴァージン・オイルで、ニンニク微塵切りを炒め香りを出して、脚と内蔵を取り除き塩洗いしたヒイカを炒める。
04hiika_08_2.JPG


白ワインを入れ煮詰めてから、トマト缶詰を投入し、さらに20分ほど煮詰める。
05hiika_08_2.JPG


ほうれん草と一緒に茹で上げたパスタを湯切りし、そこへソースを投入。強火で加熱しながら一気に混ぜる。
06hiika_08_2.JPG


07hiika_08_2.JPG


刻んだ大葉を乗せて。
08hiika_08_2.JPG


プクッと柔らかいヒイカが、たまりません♪
09hiika_08_2.JPG


10hiika_08_2.JPG


さて、美味しいものを作り、食べたら、次は読書!(無理矢理な……)

ってことで、北方謙三水滸伝十七を待つあいだ、久々に山崎豊子を読んでいます。
電車読書対応ということで、選択肢としてはとにかく長編を。
『不毛地帯』全四巻。

以前読んだ『沈まぬ太陽』全五巻、『大地の子』全四巻同様、テーマは一貫しています。
今回も正義と現実の狭間で葛藤しながら、人としての正道を問う大作。
相変わらずのテーマでありながら、ぐいぐい引き込まれてしまう。

昨今の守屋前防衛次官による、一連の汚職事件ともダブり、いま読んでも色あせない問題作である。

山崎豊子の脂の乗った安定した文体にかかると、世知辛い日常忘れがちな、正義という青臭い言葉や生き方の意味を改めて突きつけられる。


不毛地帯(1)


不毛地帯(2)


不毛地帯(3)


不毛地帯(4)





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪



Posted at 13:39 | パスタ |
2008.02.13

コンビーフのラグー♪(SALONE 2007もどき)

00konbiragu_08_2.JPG


コストコで買ったブルーチーズ、ロックフォールパピヨンを使って♪
弟2段でございます。

毎月通うこととなった極上のリストランテ、SALONE 2007の見事なラグー・ソースに感化され、自宅にある材料で安直に再現してみました。

材料は、生活クラブのコンビーフ缶詰とトマト缶詰、パスタはマカロニで♪
02konbiragu_08_2.JPG


先月、SALONE 2007で食べた、“ 自家製ラガーネ 乳飲み仔羊のラグーソース ” は、半頭分の乳飲み仔羊を丸ごと鍋に入れて煮込み、手で肉をほぐして~というものであった。
家庭で乳飲み仔羊を丸ごとなんて無理ですが、考えてみたらコンビーフだって塩漬けした牛肉のほぐし身である!

まずはEXヴァージン・オイルで、ニンニク微塵切りと刻んだ赤唐辛子を炒め、香りを出してからコンビーフを投入し、じっくり炒める。(10分ほど)
03konbiragu_08_2.JPG


ひたひたになるぐらいの、赤ワインを入れる。
04konbiragu_08_2.JPG


トマト缶詰を投入し、タンメン用に仕込んであった鶏ガラスープを少量入れ、若干煮詰めてから(10分ほど)、バジル、オレガノ、タイム(全てドライ)を少量入れ、さらに煮詰めて(30分ほど)から、ロックフォールパピヨンを投入し煮溶かす。
調味は塩と粗挽き黒胡椒と白胡椒少々。
05konbiragu_08_2.JPG


06konbiragu_08_2.JPG


固めに茹であげたマカロニを入れ、さらに10分ほど煮る。
07konbiragu_08_2.JPG


飾りに生ピーマンのスライスを乗せて、パルミジャーノ(粉末)をかけていただきます!
08konbiragu_08_2.JPG


「うん、SALONE 2007っぽいね、お父さん!」と、家内と息子も申しておりました♪

10konbiragu_08_2.JPG


ラグー・ソースに、濃厚な山羊乳青カビチーズをからめるのがポイントです。
やったね!



ロックフォール パピヨン・ノワール社製100g単位カット販売





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 16:19 | パスタ |
2008.02.12

皮つき豚バラブロック♪

00kawatukibuta_08_2.JPG


珍しい、豚バラ肉ブロック皮つき¥856(600g)で、晩ご飯♪
01kawatukibuta_08_2.JPG


まず、豚バラ肉ブロック皮つきを、1.5cm幅に切り分ける。
02kawatukibuta_08_2.JPG


フライパンで、出汁、濃口醤油、みりん、酒、三温糖を煮立ててスライスした肉を入れ、粒山椒3~4粒と一緒に落とし蓋をして40分ほど弱火でじっくり煮る。
(粒山椒ではなく八角を使えば、中華風にもなりますね)
03kawatukibuta_08_2.JPG


ぷりぷりゼラチン質の皮と柔らかな肉部分の食感が、ビールにも御飯にも合います♪
04kawatukibuta_08_2.JPG


これは、草花撮影時に採取してきたピッカピカのハコベ!
昔は歯痛止めに用いられたそうで、葉を乾燥して粉末にし、塩を混ぜた“ハコベ塩”で歯を磨く習慣もあったそうな。
05kawatukibuta_08_2.JPG


そんな話を知ってしまったので、色々考えたのですがシンプルに茹でこぼしてから冷まし、出汁醤油でおひたしに♪
風味もさることながら、シャキシャキした歯ごたえが、歯の健康に効きそう♪
06kawatukibuta_08_2.JPG


こちらは、絹ごし豆腐のナメコ餡かけ煮奴。
07kawatukibuta_08_2.JPG


寒い日が続きますが、noodles家のあったかパワー・メニューでした♪



肉屋が食べたい、皮付き豚バラ肉(国産ケンボロー・ポーク)400g X 2





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 14:48 | 家庭料理 |
2008.02.08

青カビ・チーズのパスタ2品♪

00burukuri_08_1.JPG


コストコで買った大きなブルーチーズ、ロックフォールパピヨンを使って♪(ちょっと高価でした、業務用サイズ!)

まずは、茸のブルーチーズ・パスタ♪
材料は、ロックフォールパピヨン、エリンギ、ホワイト・マッシュルーム、パセリ(微塵切り)、生クリーム。
01burukuri_08_1.JPG


EXヴァージン・オイルでニンニク(微塵切り)を炒め香りを出す。
茸類を入れて、炒める。
02burukuri_08_1.JPG


白ワインを入れ少し煮詰め、適当に砕いたロックフォールパピヨンを多めに入れて溶かす。
03burukuri_08_1.JPG


生クリームをたっぷり入れ、塩、たっぷりの白胡椒で調味する。
04burukuri_08_1.JPG


例によって、ここから急ぎます!(だから、画像はないの)
茹でたてのパスタを投入し、中火でクリームチーズ・ソースとよく和える。
05burukuri_08_1.JPG


06burukuri_08_1.JPG


07burukuri_08_1.JPG


今回はがっつり濃厚な、青カビが香る男らしいパスタ♪
たっぷりの、パセリを乗せていただきます。
白ワインが合います♪



さらに、ちょっと憂鬱な朝に食べる、優しいブルーチーズ・パスタ♪
何故、憂鬱かというとお米が切れていたから。
しかも寒くて、雨まじりで、6時なのにまだ暗い朝……。
08shakeburu_08_2.JPG


材料は、ロックフォールパピヨン、塩焼き鮭のほぐし身、冷水で〆めたパリパリのレタス。
作る要領は、前述の茸のブルーチーズ・パスタと同じ。
ただし、やさしくしたいので、チーズ、生クリームは控えめにしました。
チーズと生クリームの後に、レタスを投入します。
09shakeburu_08_2.JPG


粗挽き黒胡椒が、アクセントです♪




ロックフォール パピヨン・ノワール社製100g単位カット販売





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 11:53 | パスタ |
2008.02.06

タンメン♪

00tanmen_08_2.JPG


タンメンで、野菜を摂る!

野菜は、画像参照のこと。
注)人参はスープで煮込んだものを流用(後述)。
01tanmen_08_2.JPG


海老、豚肉小間切れ、鶏胸肉は、酒で和えておく。
02tanmen_08_2.JPG


ご存知タンメン(湯麺)は、塩味でございます。
なのでスープが肝心。
昆布、鯵煮干、干し椎茸、帆立貝柱を水と一緒に一晩おく。
翌朝加熱し、沸騰したら昆布を取り出し、弱火で軽い沸騰を維持しながら1時間炊く。
次に予め茹でこぼして、内蔵を取り除いた鶏ガラを投入。
同時に、玉ねぎ、人参、ジャガイモも投入し、さらに1時間炊く。
最後に臭み消しの、ネギの青い部分とパセリの茎、香り付けに海老の殻を入れて20分ほど炊いて出来上がり。
03tanmen_08_2.JPG


大きめのフライパンに菜種油で、海老、豚肉小間切れ、鶏胸肉を炒め、軽く火が通ったら別容器に移しておく。
肉・魚介の香りが移った油に、前述のスープを漉して入れ、野菜類を煮込む。
仕上げに、別に取ってあった海老、豚肉小間切れ、鶏胸肉を入れて、みりん、塩、隠し味の薄口醤油少々で調味する。
04tanmen_08_2.JPG


丼にまずスープだけをすくって流し入れ、茹でたタンメン(元町中華街永楽製麺所のタンメン)を放ち、具材とスープを回しかけて出来上がり!
05tanmen_08_2.JPG


食卓で、辣油と酢をたっぷり入れて♪

えっ?
スープの仕込みが大変そうだって?
僕は、週末習慣としてスープを仕込みます。
noodlesなんだから、当たり前だろうって?
いやいや、このスープは鍋にも使うんだから!

06tanmen_08_2.JPG


07tanmen_08_2.JPG


08tanmen_08_2.JPG


ほ~らね!
魚醤のかわりに、ナンプラーで調味。
ぶり子いっぱいの、しょっつる鍋♪
暖まるよ~。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪





Posted at 12:40 | らーめん |
2008.02.04

エリンギで、カルヴォ♪

00eringi_08_2.JPG


ぶっといエリンギが野菜室で眠っていたので、久しぶりに生クリームを使ったカルヴォを♪

ニンニク微塵切りを、EXヴァージン・オイルで炒め香りを出す。
次に食べやすい大きさにカットしたエリンギを炒める。
01eringi_08_2.JPG


さらにエリンギと大きさを合わせ、ブロックにカットしたベーコンを炒める。
02eringi_08_2.JPG


白ワインを入れ少し煮詰めてから、生クリームを入れ、塩、白胡椒少々で調味。
03eringi_08_2.JPG


ここから急ぎます!(だから、画像はないの)
上のエリンギとベーコンを炒めたフライパンに、茹でたてのパスタを投入し、中火で加熱して混ぜる。
さらに弱火に落として、用意しておいた溶き卵(全卵3、卵黄1個分に、生クリームとパルミジャーノ粉末/4人分)を流し入れ和える。手早く!!

若干、卵がモロモロ(ここは好みで)しだしたら、火を落とし、素早く皿に盛りつける。急げ!!!
04eringi_08_2.JPG


事前に、粒黒胡椒を砕いたものを乗せていただきます♪
あえて、粒を砕きましょう!

05eringi_08_2.JPG


ただでさえ、日々の移ろいの早さに追いまくられているのに、カルヴォナーラを作ると、もっと寿命が縮まる気がするが……。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

Posted at 14:49 | パスタ |
2008.02.01

やっぱり、鮪漬け丼♪

00magurodon_08_1.JPG


晩御飯に食べた三崎鮪の刺身の余りで、翌朝漬け丼を食べました。
酒に浸してから、濃口醤油に20分ぐらい漬ければ良し!
熱々御飯と!!
美味いっ♪

01magurodon_08_1.JPG


03magurodon_08_1.JPG


おかずに正月用の酢蛸と、キュウリ、土佐酢で酢の物♪

02magurodon_08_1.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪



Posted at 14:34 | 家庭料理 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。