--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.30

ホワイトラグーソース2種♪/活力鍋調理(13)

00howaitoragu_09_11_30.jpg
ラグーソース(ミートソース)も、活力鍋で簡単調理!

まずは鍋に、ニンニク微塵切り、タマネギ微塵切り、ニンジン微塵切り、余った小ネギ、シメジ、トマト、ローズマリー(ドライ)、そして冷凍の豚挽肉を一気に投入。白ワインをひたひたになるぐらい入れる。
01howaitoragu_09_11_30.jpg

蓋をして加熱。重りはH(高圧)にセット。
05chashu_09_10_08.jpg

弁が上がり、重りが振れ出す。
06chashu_09_10_08.jpg

重りの振れが最小になるまで火を弱め、5分加熱し、火を止める。
あとは弁が下がる(圧力が抜ける)まで放置(20分ほど)する。
07chashu_09_10_08.jpg

蓋を開けるとこんな状態。
塩、白胡椒で調味し、さらに蓋をとった状態で煮込み、表示茹で時間の2分前に湯きりしたスパゲッティーニを投入し、強火で1分煮る。
02howaitoragu_09_11_30.jpg

彩りにイタリアンパセリ。
EXヴァージンオイル、粉末のパルメザンを振っていただきます♪
03howaitoragu_09_11_30.jpg



こちらは鶏砂肝のラグー。
04howaitoragu_09_11_30.jpg

活力鍋に、タマネギ微塵切り、トマト、マッシュルーム缶、ベイリーフ2枚、そして凍ったままの砂肝を投入。白ワインをひたひたになるぐらい入れる。
蓋をして、上記と同様に調理。
05howaitoragu_09_11_30.jpg

我家は砂肝が好物なので冷凍保存してありますが、無論生のものでも良し。
筋は溶けてしまうので処理しなくても大丈夫。

蓋を開けた状態。
06howaitoragu_09_11_30.jpg

砂肝だけとりだし、フードプロセッサーでクラッシュ。
07howaitoragu_09_11_30.jpg

08howaitoragu_09_11_30.jpg

クラッシュした砂肝をもとに戻し、塩、黒胡椒で調味し、蓋をしないでアクをとりながら煮込む。
アクが出なくなったら、表示茹で時間の2分前に湯きりしたスパゲッティーニを投入し、強火で1分煮る。
09howaitoragu_09_11_30.jpg

10howaitoragu_09_11_30.jpg

彩りに春菊を飾って。
食べる直前にEXヴァージンオイルをかけていただきます♪
11howaitoragu_09_11_30.jpg

お試しあれ〜。
12howaitoragu_09_11_30.jpg








美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト

Posted at 17:55 | 活力鍋調理 |
2009.11.24

ジビエ!/コンフル カフェ&ブラッセリー♪

↓すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00confl_09_11_24.jpg
最近すっかりハマっている駒沢大学「Confl. Cafe&Brasserie」!

オーナーの倉田氏からメールでお誘いがあり、
コルベール(青首鴨)を取り置きしてくれるとのことで、先週月曜夜、お馴染みhideと伺いました。

01confl_09_11_24.jpg

まずはメニューボードを眺め、「今夜はなにを食おう・・・」。
この瞬間が楽しい♪
前菜から3品。魚1品。そしてコルベールはおまかせ。


【豚足のパイ包み焼き¥600】
細かく刻んだ豚足と香味野菜の旨味を封じこめたパイ!
うま〜♪
02confl_09_11_24.jpg

03confl_09_11_24.jpg

04confl_09_11_24.jpg


【金目鯛のカルパッチョ ハーブ仕立て¥1600】
シンプルな調理だからこそ、金目鯛本来の味わいの豊かさを再確認する一品♪
05confl_09_11_24.jpg

06confl_09_11_24.jpg


【下仁田ネギの丸々一本!! グリル マスタードソース¥650】
下仁田ネギの旨味を柔らかく引き出したグリル加減とマスタードソースが秀逸の一品♪
07confl_09_11_24.jpg

08confl_09_11_24.jpg

09confl_09_11_24.jpg

10confl_09_11_24.jpg


【コルベール スペシャルプレート¥4200】
手前が、フランス産コルベール(青首鴨)手羽のグリル。
真ん中が、フランス産 コルベール(青首鴨)胸肉のロースト 赤ワインソース¥2600。
奥が、フランス産 コルベール(青首鴨)モモ肉のコンフィ¥2400。
これらを倉田氏の配慮により、¥4200でワンプレートにまとめてもらいました。
11confl_09_11_24.jpg

モモ肉のコンフィは、最後の最後まで名残惜しく骨をしゃぶってしまいます。
胸肉のローストは、噛みしめるほどにジューシーな旨味が溢れ、ワインが進みます♪
12confl_09_11_24.jpg

お馴染みhide。
「早く食いて〜!」
13confl_09_11_24.jpg

14confl_09_11_24.jpg

15confl_09_11_24.jpg


【スペシャルリゾット¥1500】
もう少し、ワインと食事を楽しみたいということで、魚系で一品所望したら、やはり倉田氏の配慮で、スペシャルリゾを作ってくれました!
オリーヴオイルとトマトベースの、魚介ががつんと香る玄米リゾット♪
16confl_09_11_24.jpg

17confl_09_11_24.jpg


若きオーナー兼ソムリエ倉田俊輔氏。
声はまんま竹内豊でこのマスクという、やや反則男・・・
18confl_09_11_24_20091124174411.jpg
料理に合わせた的確なワインを数本ずつチョイスして、薦めてくれます。

ふらっと気軽に立ち寄れる、快適なお店。
暫くハマりそうです!
ごちそうさまでした〜♪



00komazawa_09_10_02.jpg
Confl. Cafe&Brasserie
お店のHPは、ブログになっています♪








美味しかったら、ポチッと♪


Posted at 17:43 | hide Presents |
2009.11.17

鶏つみれ鍋♪/活力鍋調理(12)

↓画像クリックで正規サイズになります
01toritumire_09_11_17.jpg
本日は我家の簡単本格派の鶏つみれ鍋です♪

まずは活力鍋で、鶏ガラスープ仕込み!
面倒がらずにお願いします。水炊きの場合でも、スープが決手です。

鍋に、鶏ガラ、タマネギ半個、人参(少々)、生姜(適宜)、リンゴ半個、ベイリーフ1枚、鷹の爪1本(種は除く)、黒胡椒粒数個を入れ、鍋の3分の2の浄水を入れる。
↓画像クリックで正規サイズになります
02toritumire_09_11_17.jpg


蓋をして加熱。重りはH(高圧)にセット。
05chashu_09_10_08.jpg

弁が上がり、重りが振れ出す。
06chashu_09_10_08.jpg

重りの振れが最小になるまで火を弱め、5分加熱し、火を止める。
あとは弁が下がる(圧力が抜ける)まで放置(20分ほど)する。
07chashu_09_10_08.jpg


蓋を開けた状態。
いい香りの飴色のガラスープ、完成!
↓画像クリックで正規サイズになります
03toritumire_09_11_17.jpg


つみれは、鶏挽肉400gに出来るだけ細かく微塵切りにしたタマネギ、人参を混ぜ、全卵1個、酒、味醂、塩、薄口醤油適宜を加え、フードプロセッサーにかけ、挽肉の粒を滑らかにする。
↓画像クリックで正規サイズになります
04toritumire_09_11_17.jpg


ほかの鍋の具材は、鶏もも肉、豆腐、ネギ、エリンギ、キャベツ、大根、市販のきりたんぽ。
↓画像クリックで正規サイズになります
05toritumire_09_11_17.jpg

もやしを後半に投入すると、風味が変化して、しゃきしゃき飽きずに食べられます。
↓画像クリックで正規サイズになります
06toritumire_09_11_17.jpg


鮮度の良いササミがあれば、塩と胡麻油で和えて小ネギをちらすと、まるで焼肉屋のレバ刺しのような味わいに♪
↓画像クリックで正規サイズになります
07toritumire_09_11_17.jpg


人参や大根の皮は捨てずに、ポン酢、じゃこと一緒に酢の物に♪
↓画像クリックで正規サイズになります
08toritumire_09_11_17.jpg


冒頭のガラスープを土鍋に移し、野菜類と鶏モモ肉を煮て、あとはつみれをポトポト落とすだけ。
↓画像クリックで正規サイズになります
09toritumire_09_11_17.jpg

↓画像クリックで正規サイズになります
10toritumire_09_11_17.jpg


滋養満点のnoodles流鶏つみれ鍋。
ポン酢でいただきます。
温まりますよ〜☆
11toritumire_09_11_17.jpg








美味しかったら、ポチッと♪

Posted at 17:20 | |
2009.11.11

コンフル カフェ&ブラッセリー♪

★すべての写真は、画像クリックで正規サイズになります
00confl_09_11_06.jpg
後輩hideに教えてもらった駒沢大学「Confl. Cafe&Brasserie」。
過日、仕事の打ち合わせ(だから写真は撮らなかった)で使い、そろそろジビエ(狩猟によって得られた野生の禽獣)が入っているかな? と、三たびhideを誘って行ってまいりました!

01confl_09_11_06.jpg

待ち合わせ時間に到着したら、hideはまだ現れず・・・
すっかり顔馴染みになった、若きオーナー倉田氏の説明でメニューを拝見しながらクレマンを飲む。
残念ながら僕らが行った5日後に、コルベール(青首鴨)が入荷するとのことで、とりあえず前菜から2品、魚は人気のブイヤベース、お肉1品をチョイス。

02confl_09_11_06.jpg

なんと「寝ていたhide」登場。
ってことで今夜も男飲みのスタート。

【confl.風サラダ秋仕立て¥1200】
ボイルした野菜、生葉菜、たっぷりのソテーしたキノコ、そして低温で優しく茹でたカジキマグロ。それぞれの処理から生まれる、それぞれの食感と風味が絡まり、タップナードソースのブラックオリーヴとアンチョビが脇を固めます!
ここの野菜はほんとうに美味しいです♪
03confl_09_11_06.jpg

04confl_09_11_06.jpg


【パン¥100】
あっつ熱です♪
05confl_09_11_06.jpg


【カキと里芋のフリカッセ ピストゥー添え¥850】
牡蠣の出汁が、白ワイン、バター、生クリームと馴染み、ほうれん草と里芋がまた良い塩梅です。ニンニクの効いたバジルのピストゥーが刺激的♪
06confl_09_11_06.jpg

07confl_09_11_06.jpg


【confl.ブイヤベース¥2300】
そしてコンフル自慢の一品、ブイヤベースです。
STOUB社のココット鍋で登場! 柔らかく仕上がったスズキ、イカ、ムール貝、ホタテが、バターの効いたトマトソースで煮込まれていました。
08confl_09_11_06.jpg

09confl_09_11_06.jpg

ニンニクの効いた自家製マヨネーズを添えて。
10confl_09_11_06.jpg

「スープを残していただければ、リゾットに致します」の倉田氏の説明に、
素直に我慢・・・
11confl_09_11_06.jpg

12confl_09_11_06.jpg
お米の粒の歯ごたえがたまらない濃厚なリゾット完成♪


【仔羊背肉のグリル ケッパーソース¥1800】
まず弾力ある肉の食感が素晴らしく、赤ワインベースのケッパーソースがなんともかんとも。
hideと何度「美味〜い」を連発したことでしょう!
付け合せの野菜も申し分なし♪
13confl_09_11_06.jpg

14confl_09_11_06.jpg

15confl_09_11_06.jpg


【焼き林檎とパイ カルバドスのソルベ¥650】
こちらはhideのデザート。
16confl_09_11_06.jpg


【イチジクと巨峰のコンポート パイ生地とバニラアイスを添えて¥650】
これが僕のデザート。
17confl_09_11_06.jpg

18confl_09_11_06.jpg


無論、食後酒を飲りながら、男飲みの夜がふけていくのであった・・・
19confl_09_11_06.jpg



★コンフルのランチも好評です!



00komazawa_09_10_02.jpg
Confl. Cafe&Brasserie







美味しかったら、ポチッと♪

Posted at 13:08 | hide Presents |
2009.11.02

北海道の秋の味覚♪

↓すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります
00aki_09_11_02.jpg
毛蟹に続き、お袋から届いた北海道の秋の味覚♪


鵡川の生干し柳葉魚(ししゃも)!
01aki_09_11_02.jpg


たっぷりの大根おろしにイクラを乗せて・・・
02aki_09_11_02.jpg


焼き厚揚げのイクラおろし乗せ♪
こんな晩酌は、年に一度の贅沢。
03aki_09_11_02.jpg


さて、イクラをはらんでいた生秋鮭で醤油仕立ての鍋♪
生秋鮭は軽く塩をして、チルドで3〜4日熟成させて下さい。
04aki_09_11_02.jpg

05aki_09_11_02.jpg

06aki_09_11_02.jpg

たまらんよ〜♪
美味いもんは、黙々と食うの。
今日も無口でごめんね・・・




本場の味 本物の味【北海道鵡川産本ししゃも(柳葉魚)】オスとメス北海道味比べ北海道産直【送...


礼文島産の新鮮秋鮭から取れた鮮度抜群のイクラ!日本最北の島♪北海道礼文島の【秋の味覚】数...


オホーツク海の天然生秋鮭半身(無頭) 約700g【楽ギフ_のし】【h-hokkaidoupoinnto091030】






美味しかったら、ポチッと♪


Posted at 17:21 | 家庭料理 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。