--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.05.31

干し海老の素麺♪

00hosibisoumen_10_05_31.jpg

素麺が美味しい季節になってきました♪

場所は定かでないが、素麺のつけ汁に「塩味で干し海老」を使う地方があると聞いたことがある。
多分、瀬戸内地方の車エビの殻つきの干し海老を使うのだろうと推測するが、我家にあるのは中華街で手に入れた干し海老。

まずは鍋に水と昆布を入れ煮立たせる。
煮立ったら昆布を取り除き、干し海老を投入。
沸騰直前の火加減を保ちながら、10分煮る。
調味は塩(玉藻塩)と、味醂。風味づけに薄口醤油を少々。
熱いままでも冷やしてもOK。
01hosibisoumen_10_05_31.jpg

ところでこんなブログをやっているせいか、友人・知人から色々な調味料をいただく。
この玉藻塩もいただきものだと思うが、はて誰にもらったのか覚えていない。
02hosibisoumen_10_05_31.jpg
今回は塩味ということで、塩が決手。
食材庫から引っぱりだしてみたら、これが非常に美味いのである。
「玉藻塩をプレゼントしたのは俺だ、あるいは私よ!」という方、是非名乗り出てください・・・

さて薬味は、若布、出し昆布を刻んだもの、ミョウガ、さらしネギ、山わさび。
山わさびとはいわゆる西洋わさびで、山菜狩りマニアのお袋が送ってくれた北海道の天然物。スーパーなどでレフォール(レホール)として売っていますね。
03hosibisoumen_10_05_31.jpg

04hosibisoumen_10_05_31.jpg

おろした山わさびが、つ~んと刺激的。
海老風味でいただく素麺も格別です♪
05hosibisoumen_10_05_31.jpg




玉藻塩(350g)


徳島小松島産 干しエビ 100g袋【無添加・無着色で仕上げた国産干し海老】


山わさび、北海道産(約70~100g前後)







美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 16:07 | 麺色々 |
2010.05.24

行者ニンニクのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ♪

00gyoujya_10_05_24.jpg
※画像クリックで、すべての写真が正規サイズになります

先日、山菜狩りマニアのお袋から行者ニンニクが送られてきました。
今年は北海道も寒いため、例年より遅いそうで、とりあえず少量送ってくれました。

ってわけで、行者ニンニクのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノです。

いわずもがな、
アーリオはニンニク。
オーリオはオイル。
ペペロンチーノは唐辛子。
で、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ。

これを行者ニンニクを使ってnoodles流にアレンジしてみます。

まずは行者ニンニクを茎と葉に切り分け、細かく刻んでおきます。
01gyoujya_10_05_24.jpg

EXヴァージンオイルで、茎の部分とシメジを低温でじっくり炒めます。
02gyoujya_10_05_24.jpg

これは僕が常備している唐辛子の醤油漬け。
赤唐辛子や青唐辛子が売っていると買ってきては、濃い口醤油に漬けておいたもの。
減ったら唐辛子や醤油を足しておきます。
これは冷蔵で永遠に保ちます。
因に、僕は同じ要領で唐辛子のナンプラー漬けも常備しています。
03gyoujya_10_05_24.jpg

その醤油漬けの唐辛子を刻みます。
04gyoujya_10_05_24.jpg

フライパンの行者ニンニクとシメジが炒まったら、酒を加え煮詰まったところに刻んだ醤油漬けの唐辛子を投入。
05gyoujya_10_05_24.jpg

表示茹で時間の一分前に湯切りしたパスタを加え、手早くソースと和える。
このとき、同時に唐辛子の醤油漬けの醤油もまわしかけ和える。
06gyoujya_10_05_24.jpg

行者ニンニクではなく、ニラやニンニクの芽で応用も可能。
醤油漬けの唐辛子&醤油を最後の行程で加えることで、鮮烈な辛さが生まれます。美味い♪
07gyoujya_10_05_24.jpg




幻の山菜 北海道産行者ニンニク・にんにく(アイヌネギ)500g







美味しかったら、ポチッと

Posted at 18:42 | パスタ |
2010.05.17

のっけ鮨Part2♪

00nokke_10_05_13.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります

のっけ鮨Part2です!
何故「のっけ鮨」かは、前回の記事を参照のこと。

去る4月下旬。
息子の15回目の誕生日。
前回ののっけ鮨をさらに進化させてみました♪

メインのネタは、(左下から時計回りに)
ズワイ蟹脚肉、サーモン、北海ボタン海老、〆ママカリ、真ん中が鯵。
01nokke_10_05_13.jpg

鰹、黒鯛、真ん中は燻りガッコ。
02nokke_10_05_13.jpg

こちらは冊を刺身に切り分け、鮨ネタには小さすぎる部位でカルパッチョに。
03nokke_10_05_13.jpg

さあ、のっけましょ!

【黒鯛】
天然塩で♪
04nokke_10_05_13.jpg

【鯵】
煮きりと生姜で♪
05nokke_10_05_13.jpg

【北海ボタン海老】
煮きりと山葵で♪
06nokke_10_05_13.jpg

【ズワイ蟹脚肉】
煮きりと山葵で♪
07nokke_10_05_13.jpg

【鰹】
煮きりと生姜で♪
08nokke_10_05_13.jpg

【鰹】
煮きりと生姜。大葉・カイワレも♪
09nokke_10_05_13.jpg

【サーモン】
煮きりと山葵で♪
10nokke_10_05_13.jpg

【〆ママカリ】
市販の酢〆です。煮きりと山葵で♪
11nokke_10_05_13.jpg

【茄子】
EXヴァージンオイルで炒め、濃い口醤油・味醂で調味。
生姜をのせて♪
12nokke_10_05_13.jpg

【筋子軍艦】
イクラもいいけど、筋子も美味いです♪
15nokke_10_05_13.jpg

【タラコ海苔マヨ】
北海道のお袋が送ってくれたタラコをバラして♪
13nokke_10_05_13.jpg

【燻りガッコ】
チューブ入りの鰹梅をのせて♪
14nokke_10_05_13.jpg

【釜揚げシラス軍艦】
チューブ入りの鰹梅をのせて♪
16nokke_10_05_13.jpg

【鯵手巻き鮨】
野菜も忘れずに♪
17nokke_10_05_13.jpg

18nokke_10_05_13.jpg

誕生日。おめでとう♪♪
19nokke_10_05_13.jpg







美味しかったら、ポチッと

Posted at 15:14 | 魚料理 |
2010.05.11

評価なしのラーメン店3件。

本日は、基本「支那そば」マニアのnoodlesが挑戦した話題店を3件。
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります



00jyurumen_10_05_11.jpg
【じゅる麺 池田】
住所:東京都目黒区目黒1-6-12
電話:03-5740-6554
営業時間:11:30~15:00、18:00~22:00(スープ切れ終了)
休日:年末年始・お盆以外原則無休


01jyurumen_10_05_11.jpg

02jyurumen_10_05_11.jpg

1月6日来訪。
いまや激戦区と化した目黒権野助坂のつけ麺が売りの店。
ランチタイムはいつも行列の話題店。
味は、僕にはジャンク過ぎて・・・
極太の麺は、ガァシガァシの歯ごたえ。
ボリューム満点。若い人向きなのではないでしょうか。



03naoji_10_05_11.jpg
【なおじ】
住所:東京都目黒区目黒1-6-15
電話:03-3779-9199
営業時間:11:30~(スープ切れ終了)
休日:無休


04naoji_10_05_11.jpg

05naoji_10_05_11.jpg

06naoji_10_05_11.jpg

07naoji_10_05_11.jpg

08naoji_10_05_11.jpg

3月3日来訪。
「じゅる麺 池田」から至近のこちらも、ランチタイムは行列の話題店。
新潟の「昔食道 なおじ」の支店だそうで、大量のゲンコツとモミジの無科調のスープが売り。油を使わず魚介を効かし、米粉をブレンドしたスープはポタージュ並みの粘度があります。
この米粉は極太の麺にも使用した丸山製麺のもの
バラ肉のチャーシュー。タマネギと拍子木ではなく、平面的な短冊メンマが面白い。
濃厚過ぎるスープはスープ割りが可能。

入店したとき、魚介の香りではなく「魚粉に鼻を突っ込んだ」ような異臭があり、この時点でかなり引いてしまった・・・



09umeya_10_05_11.jpg
【うめや】
住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東6-1-18 新田ビル1F
電話:045-788-3112
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:00(スープ切れ終了)
休日:水曜


3月27日来訪。
金沢八景と杉田に住む友人が、好評価をつけていた話題店。
実は昨年末のとある土曜に息子と行ったら、
「本日、スープの出来が悪く休業します」の貼り紙があった宿題店。
ラーメン店にとって繁忙日である土曜に、スープの出来に納得出来ずに休むなんて、なんて「こだわり」の店なんだ!

10umeya_10_05_11.jpg

11umeya_10_05_11.jpg

12umeya_10_05_11.jpg

13umeya_10_05_11.jpg

と、満を持しての挑戦。
スープはまんま「家系」的な濃厚なもの。
麺は「八雲@池尻大橋」のニュアンス。
あえてそうしている意図は充分にわかるが、このスープにこの麺は合わないと、僕は思う。

あ、チャーシュー丼も普通に美味しいです。

14umeya_10_05_11.jpg

15umeya_10_05_11.jpg



とまあ、年明けから挑戦した「評価なし」店でした。
ご興味のある方は、是非どうぞ。

味の好みは十人十色。
どの店も話題店だけあり、接客も申し分ないです。

単に僕が「支那そば」マニアというだけです。
あしからず・・・







美味しかったら、ポチッと


Posted at 16:37 | 外食 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。