--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.30

青唐辛子のペペロンチーノ♪

00aotou_10_08_30.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

先日、八百屋でぶっとい青唐辛子を発見!
そして「辛いからね」とオジさんに忠告されたのです。

でも、なんだかグリルしてビールのつまみにしたくなり・・・

いやこれが辛いのなんの。そのすべてを後悔する辛さ!

泣きながらペペロンチーノに変更してみました。

唐辛子って種も辛いわけですが、カリウムを含み栄養豊か。
唐辛子の変種がピーマンですから、ピーマンの種も捨てないほうがいいって知ってました?

01aotou_10_08_30.jpg

青唐辛子のペペロンチーノ。
ニンニク香る、辛ウマです♪

スポンサーサイト

Posted at 15:00 | パスタ |
2010.08.24

合挽つみれ鍋♪

00aibiki_10_08_24.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

なんとかならんのか。
この猛烈残暑!!

昼も夜も熱帯と化した日本列島。
みなさん、お元気ですか?
本日は残暑を吹き飛ばす、元気鍋「合挽つみれ鍋」です!

ちょっと贅沢して合挽肉(牛・豚)に、タマネギの荒微塵切り、片栗粉、水でふやかし水気をしぼったパンの耳をちぎって入れ、ひたすら手で揉み込みます。
塩・酒・薄口醤油・粗挽き黒胡椒で軽く調味。冷蔵庫で数時間寝かしておきます。
01aibiki_10_08_24.jpg

合挽つみれを堪能するために、ほかの具材はシンプルに。
野菜は、椎茸とたっぷりの小松菜。
02aibiki_10_08_24.jpg

こちらは戻したビーフンと絹ごし豆腐。
03aibiki_10_08_24.jpg

活力鍋でとっておいたガラスープ。(作り方はここ
04aibiki_10_08_24.jpg

ガラスープをはった鍋を食卓に運び、つみれをぽとぽと落としながら、野菜とビーフンを煮ながらいただきます。
05aibiki_10_08_24.jpg

06aibiki_10_08_24.jpg

こちらは箸休めのタコのマリネ。
タコのぶつ切りに、EXヴァージンオイル、粗挽き黒胡椒、ドライ・バジル、塩を和える。レモン汁を絞り、冷蔵庫で20分ほど寝かして置く。
熱い鍋の合間、さっぱりと冷たいタコのマリネが美味しい♪
07aibiki_10_08_24.jpg

鍋の薬味は好みで、ナンプラー、シャンラーツィー、石垣島ラー油(トップ画像)などで!
08aibiki_10_08_24.jpg

いかが?
あと数週間の残暑。
なんとか乗り切れそうです♪



Posted at 17:03 | |
2010.08.17

鶏とナスの照焼丼♪

00toriteri.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

なんとかならんのか、このスーパー猛暑!
こんなときは鶏肉と夏野菜で乗り切りましょう。

簡単なのでレシピ写真は省きます。
鶏もも肉を食べやすい大きさにカットして、濃口醤油と味醂同率の浸け汁に2時間浸けておく。このときおろし生姜も一緒に入れて全体に混ぜておく。

フライパンに少量の植物油を熱し、ナスを炒める。
ナスはカットしてから、あらかじめ塩をまぶして10分ほど放置。軽く水洗いしてキッチンペーパーなどで拭いておく。
こうすることで塩分の浸透圧でナスの水分が抜け、少量の油で炒めることができる。

茄子が柔らかくなったら、浸け汁からとり出した鶏肉を炒める。
鶏肉に火がとおり、ぷくっとなったところで浸け汁を投入し、煮詰める。
熱々御飯に乗せ、あれば粉山椒などを薬味に。

01toriteri.jpg

小松菜の味噌汁とキュウリの浅漬けで♪






美味しかったら、ポチッと


Posted at 17:15 | 家庭料理 |
2010.08.11

ポールプランター革命2♪

00suikou_10_08_11.jpg
※全ての写真が、画像クリックで正規サイズになります

8月7日(土)14時。
前回紹介したポールプランターのセミナー「弟2回収穫祭」に行ってきました。

前回種から発芽させた苗を、水耕栽培研究会の方々がポールプランターへ作付けしておいてくれた各種葉菜が、六本木ミッドタウンですくすくと育っていました。

01suikou_10_08_11.jpg

今回は初めて参加された方々も含め11名が集まり、改めてポールプランターの取り扱い説明がありました。

付属のタンクに入れる水に培養液2種類を溶かすだけ。
2種の培養液は農業で長く使われているものと同等のもの。
02suikou_10_08_11.jpg  

03suikou_10_08_11.jpg

このとき、培養液ではなく写真の有機飼料の塊ひとつを溶かすと、オーガニック栽培となります。
(有機液肥も可)
04suikou_10_08_11.jpg

液肥となった水(養液)をタンクに入れる。
この養液が、エアーポンプ(観賞魚の水槽に入れるものと同様)の作用で、ポール内をさかのぼり、トップのチューブからポコッ、ポコッとこぼれ循環します。
05suikou_10_08_11.jpg

06suikou_10_08_11.jpg

07suikou_10_08_11.jpg

養液の交換は一週間に一度が目安。
養液の必要量はポール下部30センチ程度、写真のトレイに排出されている量です。
08suikou_10_08_11.jpg

詰まり毎日の水やりから解放され、観葉植物を眺めるように野菜や花を育てることができるわけです。

09suikou_10_08_11.jpg
前回植えた苗が活きいきと育っています。
ご覧のように作物の名前を付箋しておけば、家庭内で思い思いの野菜や花を同時に植えて(20株ないし20種が可能)楽しむことができます。
床に平置きしないポール型のため、場所入らずで観賞用にも最適。

左が市販の小松菜、右はミッドタウン産ポールプランター栽培の小松菜。
市販品の色が濃いのは肥料過多によるもの。
なにより水耕栽培ですから常に水を吸い上げながら育っているため、市販品と比べ、瑞々しく歯触りがサクサク。味も滋味深い味わいです。
10suikou_10_08_11.jpg



ってわけで、ここで少し脱線します
これは市販の空心菜。八百屋や野菜売場で買ってきたとき、しんなりとくたびれているのが常。
僕は必ず水に浸け、生花の水揚げよろしく活を入れてから使います。
11suikou_10_08_11.jpg

オリーヴオイルでオキアミとグリルして刻んだ青唐辛子を炒め、香りが出たら空心菜と海老の剥身をさっと炒め、酒を加える。
12suikou_10_08_11.jpg

表示茹で時間の1分前に湯切りしたパスタを加え炒め、最後にオイスターソースで調味。
13suikou_10_08_11.jpg

採取後時間が経ってくたびれた野菜より、充分に水を含んで生き返った野菜のほうが嬉しいですよね?
14suikou_10_08_11.jpg



話を戻しましょう
ポールプランターで育った野菜なら、いつでも光と水を、採る間際までたっぷりと吸収しているのです!

15suikou_10_08_11.jpg

気になるポールプランター・キッドの価格は¥39.375円なり。
みなさんも無料セミナー(収穫祭)に参加して、その真価を確認してみませんか?




お問い合わせ:TIME&STYLE MIDTOWN
タイム アンド スタイル ミッドタウン [六本木]
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア D-0301
Phone:03-5413-3501 Fax:03-5413-3502
営業時間:11:00~21:00
02suikou_10_06_28.jpg








美味しかったら、ポチッと


Posted at 20:02 | お役立ち情報 |
2010.08.02

春雨の麻辣鍋♪

00harusame_10_08_02.jpg
※すべての写真が、画像クリックで正規サイズになります。

しっかし、毎日くそ暑い日が続きます。
本日はnoodlesがかねてより提言する「暑いときほど熱いものを食す」ということで、真夏の鍋料理。題して「春雨の麻辣鍋」を。

まず土鍋に、カブと白菜の芯の部分を切り分けて敷き詰め、豚バラ肉の薄切りを並べる。
01harusame_10_08_02.jpg
白菜には「体内の余分な熱をとる作用と利尿作用」があり、カブは大根以上の消化酵素が含まれ、消化促進、整腸効果あり。
豚肉はいわずと知れた疲労回復・食欲増進効果あり!

さらに白菜の緑の部分を切り分け敷き詰め、カットした鶏もも肉を並べる。
02harusame_10_08_02.jpg
鶏肉も、体を温め消化器の働きを活性させ、元気と血を補い身体に力をつけるなどの効能あり!

昆布と鰹厚削りでとった出汁を酒・味醂・塩・薄口醤油で調味したスープをはり、シメジと生姜スライスを乗せて加熱。
03harusame_10_08_02.jpg
シメジには、動脈硬化、高血圧、便秘、肝機能強化の効能があり、生姜には身体を温め、血液の循環を良くする働きがあります!

白菜とカブが柔らかくなったら、豆腐と辣油、粉山椒をたっぷり加え、食卓に運ぶ。
04harusame_10_08_02.jpg
辣油と山椒、豆腐には消化促進効果あり!

これが僕が使っている、四川花山椒。
05harusame_10_08_02.jpg

食卓で戻した緑豆春雨を煮ながらいただきます。
06harusame_10_08_02.jpg
緑豆には、解熱・消炎作用あり!

辣油と山椒がぴりりと効いた鍋ですが、薬味に黒胡椒を挽いていただくと、さらに風味にアクセントが生まれます♪
07harusame_10_08_02.jpg

「春雨の麻辣鍋」、いかが?
正に「暑いときほど熱いものを食す」のに、最適な鍋です♪

今回はレシピを書くにあたり、材料それぞれの効能を調べ添えてみましたが、無論、意識して作ったわけではないのです。
暑いなか、僕の体が自然に要求した食材と調理法なのです。

えっ?
それでもやはり、真夏に熱い鍋物は暑苦しい??
いやいや・・・
殺人的な猛暑が続くなか、「冷たい鍋物」なるものが話題となっているようだが、ちょいと異論を唱えたい。

熱中症対策のための水分補給とは別の話で、暑いからと冷たい飲料水をがぶ飲みしていると、胃液を薄め、消化能力を低下させ食欲が低下し、結果「夏バテ」状態に陥ってしまいます。

以前ネパールに旅した際、観光途中あまりの暑さにレストランに飛び込み
ビールを飲んだら、これが温い! がっかりである。
しかし、現地人にいわせると「ネパールでは日本のようにギンギンに冷えたビールは飲まない」そうで、ウィスキーの水割りも氷を入れないで飲んでいました。これはこれで「トゥワイスアップ」といって、正しい水割りだったりもする。

年中暑い環境に暮らす人々は温かいものを飲み、一時的に体温を上昇させることで発汗作用を促し、結果的に体温を下げるという知恵を習慣的に身につけているのである。発汗を促せば、同時に体の老廃物も排出するわけで、正に一石二鳥。

食べものも同様で、中国の南方では夏に冬瓜の熱いスープを啜り、ご存知のようにインドではカリーが日常的だし、タイ・ベトナムといった東南アジアでは、唐辛子を効かせた辛い料理を食べる。
これらは熱いものばかりでなく冷たい調理法であっても、唐辛子ほかの香辛料により、一時的に体温が上昇し、その刺激で発汗を促し、体温を下げる知恵なのである。

08harusame_10_08_02.jpg

そう。
だからこそ、だらだら汗を流し「暑いときほど熱いものを食す」というわけ!!



●実は僕noodlesは、なべブロガーだったりします。



●お知らせ
今週末、以前紹介した「ポールプランター」のセミナー、
弟2回収穫祭が行われます。
セミナー料は無料。当日栽培中のミッドタウン産野菜の試食会あり。
どうぞお気軽に参加してください。
8月7日(土)14:00~15:00
「TIME&STYLE」東京ミッドタウン店にて。







美味しかったら、ポチッと


Posted at 18:35 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。