--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.22

残暑対応らくちん鍋/2段活用♪

00touban_10_09_22.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

まだまだ残暑が厳しいです。

ってわけでキッチンで調理を完成し、食卓で食うのみの「らくちん鍋」ですが、僕のように連日鍋物OKマニアならではのレシピを紹介します。

名付けて「残暑対応らくちん鍋2段活用」です。
まずは1日目「豆板醤の味噌鍋」。

・鍋に濃いめの味噌汁を作る。
・味噌汁に多めの豆板醤と胡麻脂を投入し、ニンニクスライスを投入。
・鶏もも肉(食べやすい大きさにカット)、舞茸、白滝を煮る。
・鶏肉に火が通ったら豆腐を煮て、最後にレタスを加え食卓へ。

こちらは箸休めの鰹の刺身。
さらしタマネギを敷いて、ニンニク片を沿えていただきます。
01touban_10_09_22.jpg

豆板醤も味噌。
味噌味と抜群にマッチします♪
02touban_10_09_22.jpg



さて、翌日の晩。

・昨夜の鍋の残ったくずを漉し、水を足して適宜味噌を加え調味。
・豆板醤も足しておく。
・豚の細切れ肉を煮る。
・反茹でしておいた乾燥の中華麺を投入。
・モヤシを煮る。
・モヤシのしゃきしゃき感があるうちにニラを乗せ、食卓へ。

03touban_10_09_22.jpg

04touban_10_09_22.jpg

じゃん! 弟2段活用「豆板醤味噌らーめん鍋」です♪
この乾燥中華麺はインスタントラーメンと違って、脂で揚げていない乾物で、伸びにくいので、鍋物に好都合。
05touban_10_09_22.jpg



しかし、鍋マニアの探求はとどまることを知りません。
さらに翌朝、御飯を加え、玉子を落として刻みネギを加え、雑炊です。
沢庵と一緒に。
06touban_10_09_22.jpg

これこそ鍋マニア道というもの。
いかが?
都一 中華そば 140g(2食分) 115円

都一 中華そば 140g(2食分) 115円

価格:120円(税込、送料別)



↓安心食材お取り寄せ









美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 15:00 | |
2010.09.17

(卸)芝浦食肉 市ヶ谷店♪

00sibaura_10_09_17.jpg

「市ヶ谷の駅前に美味いホルモン屋があるから、行かない?」と、先輩N氏より連絡があり、「(卸)芝浦食肉 市ヶ谷店」に行ってまいりました。

01sibaura_10_09_17.jpg

市ヶ谷店は2010年4月28日のオープン。
東京近郊に7店舗を展開する(株)エーピー・カンパニー主宰のホルモン・チェーン店。

02sibaura_10_09_17.jpg

内装はいま流行りの手作り感覚風。
ホルモンをジュージュー焼く店内で、内装を美しく凝ったところで余計な経費がかかるところ、昭和の雰囲気もだしつつ上手い演出だといえる。

04sibaura_10_09_17.jpg

05sibaura_10_09_17.jpg

【酢もつ¥480、黒枝豆¥380、チャンジャ¥480】
さっぱりとした酢もつは、チャンジャを添えて食べると凄く美味しい。
06sibaura_10_09_17.jpg

【ホルモン焼き でかめ¥1480】
醤油で頼みました。
ここのホルモンは自分で焼くのではなく、店員さんが空いているテーブルで作ってくれます。
下にカットしていない大きなホルモンを置き、上にキャベツを乗せて蒸し焼きしておいて、最後にタレをからめ、鉄ベラでホルモンを切り分けてくれます。
07sibaura_10_09_17.jpg

08sibaura_10_09_17.jpg

09sibaura_10_09_17.jpg

このホルモンが、その概念が吹っ飛びそうなぐらいに美味いのです!
全体の1/3しか取れない大トロ部位とのこと。
僕も当ブログで色々なホルモン屋を紹介してきましたが、ここのホルモンは他店でいわゆる「マルチョウ」とする部位に近く、柔らかいマイルドな脂の甘みが口中に広がり、うっとりしてしまう♪
本場博多で食べるホルモン鍋のホルモンといえば、わかる方にはわかりますかね?

先輩N氏曰く、
「俺が知ってるむかしのホルモンって、これだったよ」
とのこと。

ゲッ! 僕がいままで食ってきたのはゴムだったのか?!

アルバイトの店員さんたちもみな明るく元気で、実に気持ちのいい店。
ランチタイムには「つけ麺」もあるそうです。
それにしてもすっかりホルモン焼きのイメージが替わってしまいました・・・

(卸)芝浦食肉 市ヶ谷店
住所:〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-15 市ヶ谷プラザビル2F
電話:03-3260-0611
営業時間:11:30~13:30(ランチ) 
     17:00~24:00(ディナー L.O.23:00)
席数:76席
休日:年中無休
カード:各種対応
地図
10sibaura_10_09_17.jpg
※記事中に登場する人物については、掲載許可を得ています。

芝浦食肉 市ヶ谷店ホルモン / 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅



Posted at 20:04 | 外食 |
2010.09.14

リフィル用マグカップ♪

00mag_10_09_14.jpg

先日ネットで「チキンラーメンリフィルお試しセット¥980」なるものを発見。
あ、これ仕事中に小腹がへったときにいいかも♪ ってわけで注文してしまいました。

典型的な「なくてもいいが、あればそれなり」って商品。
少しだけ注文したことに後悔していたのですが・・・

01mag_10_09_14.jpg

02mag_10_09_14.jpg

待つこと数日。ほぼ忘れかけた頃に事務所に届きました。
ひよこちゃんリフィル用マグカップと、リフィル(詰め替え用)チキンラーメン4個、どん兵衛うどん・そば各1個、カップヌードル1個、シーフードヌードル1個。

なんか宇宙食みたいで、ちょっとドキドキします。
03mag_10_09_14.jpg

こんな感じで中の麺を突き落として、熱湯か電子レンジで作ります。
帽子みたいで思わず苦笑いしてしまうが、狙ってるのか? 日清・・・
04mag_10_09_14.jpg

では作ってみることにしましょう。
リフィルの蓋をはがします。
05mag_10_09_14.jpg

マグカップに麺を突き落とす。ちゃんと具材が上になるようになっています。
お湯を注ぎ、ラップなどで蓋をして3分待つのだよ!
06mag_10_09_14.jpg

どうです?
即席麺はいまや年に数えるほどしか食べませんが、小腹がへったとき、確かに重宝します。
「なくても生きていけるが、あればそれなり役にたつ」んだわ~。
07mag_10_09_14.jpg

インテリアとしても、結構、可愛いです・・・

08mag_10_09_14.jpg

日清リフィル・オフィシャルサイト



日比谷花壇 フラワーギフト 敬老の日







美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 麺色々 |
2010.09.09

残暑対応らくちん味噌カレーモツ鍋♪

00misokare_10_09_09.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

本日もマイブームの「残暑対応らくちん鍋」シリーズ。
キッチンでほぼ調理を完成し、食卓で食うのみの「味噌カレーモツ鍋」です。

最近は昼頃から、今夜はどんならくちん鍋にしようかと思案する毎日。
そういえば久々にカレー鍋でもしようか? と組み立てたレシピです。

・鍋に濃いめの味噌汁を作る。
・カレー粉と赤唐辛子を加える。
・モツを投入。
・モツが柔らかくなったら、繊維に沿って手で裂いたエリンギ、そしてタマネギ、ピーマンを加える。
・野菜が煮えたら、ベビーホタテ、トマト、レタスを加える。
・トマトの皮が剥けかかったら火を止め、食卓へ。

01misokare_10_09_09.jpg



久々にタコのマリネも作ってみました。
02misokare_10_09_09.jpg
・市販のボイル済みタコを食べやすい大きさにカット。
・ニンニクの微塵切り、ドライバジルを加え混ぜる。
・EXヴァージンオイル、塩胡椒で調味し、レモン汁をかけまわし冷蔵庫に20分寝かせる。



03misokare_10_09_09.jpg
サッポロ味噌ラーメンのカレー味をヒントに考案。
豚肉ではなくモツにしたことが大成功でした。ニュアンスとしてはカレーチャンポンといった風情。なので〆はラーメンにしようか? と考えたのですが、またキッチンに戻って麺を茹でるのも億劫なので・・・

04misokare_10_09_09.jpg

味噌カレーおじや♪ にしてみました~。














美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | |
2010.09.06

残暑対応らくちん火鍋♪

00hinabe_10_09_06.jpg
※画像クリックで、正規サイズになります

火鍋をキッチンで調理を簡潔させる「らくちん鍋」で再現してみました。

・鍋にかけ蕎麦程度の醤油出汁(市販の麺つゆで可)を入れ加熱。
・長ネギ、えのき、生姜・ニンニクスライス、八角、唐辛子、粒山椒を投入。
・八角の香りが立ってきたら、ドバッと辣油を入れ、さらに豆腐を煮る。
・ニラを乗せて、食卓のコンロへ。

01hinabe_10_09_06.jpg

レタスとラム肉(ロース薄切り)は、加えながらいただきます。
薬味は擦り白胡麻で。

イメージしにくいかも知れませんが、ポイントは激辛。
火鍋ですから、思いっきり辛い調味がポイントでしょうか。

昨年の夏に初めて火鍋を食べて以来、家庭で再現できるレシピを色々試してきましたが、八角と山椒を使うことでかなり満足できる火鍋になりました。

ラム肉は可能な限り、冷凍のものじゃない生のものをお薦めします。
無論、大量の発汗を伴いますが、慣れるとむしろ老廃物を排泄している快感に変わります。
ってか、そうイメージしながら「辛っ」「ウマ!」と連呼することが、火鍋を味わうお約束なのです!

〆は干しうどん。
02hinabe_10_09_06.jpg

辛っ!
熱っ!
ウマ~~~
03hinabe_10_09_06.jpg



↓安い・美味い・安全な食材♪










美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | |
2010.09.02

残暑対応らくちんキムチ鍋♪/出張料理人9

00kimuchi_10_09_02.jpg

最近、後輩hideが引っ越しました。
前の部屋より、キッチンが多少まともになったというので、引っ越し祝いがてら出張料理人してきました!

前のキッチンはシンクの脇にまな板を置くスペースすらなかったのだが、今度のキッチンはささやかなスペースがあり、なんだか学生時代に戻ったような気分で調理開始。

狭い部屋で野郎ふたり、具材を煮ながらの鍋というのもなんだか虚しく、しかも暑苦しい。なので「キッチンで簡潔させ食卓で食うのみ」のらくちんキムチ鍋を作る。

01kimuchi_10_09_02.jpg

・鍋に濃いめの味噌汁を作る。
・ニンニクと生姜のスライス、赤唐辛子(市販の乾燥輪切り)、白菜を投入。
・野菜が柔らかくなったら、市販の白菜キムチ(1パック)投入。
・豚バラ肉スライスを投入。
・肉が柔らかくなったら、木綿豆腐を投入。
・豆腐が煮えたら、ニラを乗せて食卓へ。

※市販の白菜キムチは、オキアミ入りのが美味いです

02kimuchi_10_09_02.jpg

ニラは余熱でちょうどいい塩梅になります。
しかし、豚とキムチってなんでこんなに相性がいいのだろう。
ビールがガンガン進みます。
といっても最近ハマっているのは7イレブン限定のサントリーの第3のビール「ザ・ブリュー」。美味いです♪

03kimuchi_10_09_02.jpg



さて鍋のお楽しみ、〆の雑炊。

04kimuchi_10_09_02.jpg

・残った鍋の出汁に御飯一膳分を入れ加熱。
・ぐつぐつしてきたら、溶き卵を入れ、軽くかき混ぜる。
・卵が半熟状態で食卓へ。

05kimuchi_10_09_02.jpg

すみません。茶碗が汚れていて。
あまりの美味さに撮るのも忘れ夢中でかき込み、3杯目のおかわりで撮ったもので・・・



↓美味しい安全な食材なら・・・









美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 出張料理人 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。