--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.31

年越し蕎麦♪

00tosikosi_10_12_31.jpg

冷し納豆蕎麦で年越し。

今年1年、お世話になりました。
2011年も宜しくお願い申しあげます。

みなさま、良いお年を!







美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 18:00 | 麺色々 |
2010.12.24

クリスマスカラー

00ikura_10_12_24.jpg

イヴですね。
今年はネタもないので、
クリスマスカラーのイクラパスタでも・・・

01ikura_10_12_24.jpg








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | パスタ |
2010.12.14

ラーメン凪 新宿ゴールデン街店

00nagi_10_12_14.jpg

先月19日。
新宿花園神社の酉の市へ。
参詣が終わり隣のゴールデン街の知り合いの店へ向かうが、そういえば!と煮干ラーメンのことを思い出す。

「ラーメン凪 新宿ゴールデン街店」。
以前テレビで紹介されていたのを観たのだが、非常に興味深かったのは通常煮干は頭と内臓を取除いて出汁をとるところ、この店は丸ごと使っていたのだ。

「魚が苦手な方はご遠慮ください」とまでうたう、この一見邪道と思われるほど煮干にこだわったスープとはどんなだろう? と、ず~っと気になっていたお店。

とはいえ、看板は見えるが「ここが入口なのか?」ってな店構え。
2階の店舗に上がる前に、先客が並んでいたら、2階からつながるダクトを通して呼ばれるまで待たなければならない。
そのシステムがよくわからず、まごついていて入口の写真を撮り忘れる・・・

さて、あくまでゴールデン街だけあり、店内はカウンター9人がけの狭~い作り。券売機で味玉煮干ラーメン¥850を購入。

01nagi_10_12_14.jpg

凪は現在、都内に4店舗と香港店を展開しているが、各店コンセプトが異なる。元はこのゴールデン街で「火曜日限定ラーメンバー凪」としてスタート。その後渋谷店、立川店と店舗展開し、2008年6月に古巣のゴールデン街に帰還したそうな。

若き店主、生田智志(33)曰く、既に成熟したラーメン界に自分のような若輩が出店する以上、当たり前のことをやっていたのでは意味がない。

確かに型破りな煮干スープ。
濃厚な豚骨を凌駕する一杯あたり5gといわれるその煮干のインパクトは驚愕である。
かといって、苦みとか無用な臭みは皆無であり、ポタージュのような粘度がある。一口啜ると意外に脂のしつこさがなく、バランスのとれた香ばしい醤油味が立ち、後をひく味わいである。

02nagi_10_12_14.jpg

03nagi_10_12_14.jpg

04nagi_10_12_14.jpg

この特濃スープに、ざっくり切ったネギがよい薬味となり、これまた型破りな特太麺がねっとりとスープを絡んでくる。
あえていえば、今時の「つけめん」にありがちなジャンクな麺ではあるが、それが汁麺としてここまでしっくりくるのは初めてかも知れない。

05nagi_10_12_14.jpg

ふやけたワンタンはあまり意味がないように思えたが、柔らかいチャーシューは◎。味玉子も及第点である。

06nagi_10_12_14.jpg

いやあ、美味しかったです。
「あなたの想像を超えたまったく新しい未知のゾーン・・・」
ってなぐらい、店舗も供するラーメンもトワイライトゾーン化している。
ゴールデン街に足を運んだら、また食べたくなること必至。

でも、煮干系が苦手な人には、あくまでジャンクなラーメンなことも確かです。ご注意を。

ラーメン凪 新宿ゴールデン街店
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
電話:03-3205-1925
営業時間:11:30~15:00、19:00~翌4:00
定休日:日曜・祝日
地図

凪 新宿ゴールデン街店ラーメン / 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

夜総合点★★★★★ 5.0



Posted at 15:00 | 外食 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。