--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.01

やきとん千登利♪

00tidori_11_02_21.jpg

先日の「まるます家」に続き、またまたオヤジ呑みの聖地発見!
池袋西口ロマンス通りの「やきとん千登利」へ行ってきました。

01tidori_11_02_21.jpg

創業昭和24年。同行したお馴染み先輩N氏によると。以前は行列ができ、なかなか入店がかなわない、オヤジの憧れの居酒屋だったそうです。

現在は周囲に激安居酒屋チェーンが点在したおかげで、女性客やわいわい血気盛んな若いサラリーマンの喧噪を気にせず、じっくりと財布を気にせず飲めるオヤジ呑みの店となっている。

【牛肉豆腐¥590】
03tidori_11_02_21.jpg

「やきとん千登利」へ来たら必ず食べる、嫌、食べなければならない名物牛肉豆腐。創業以来60年間継ぎ足してきたタレで煮込まれた、水気を適度に抜いた木綿豆腐がまるごと一丁と牛カシラ肉の煮込み。
決して家庭では味わえない、オヤジの楽しみなのである。

02tidori_11_02_21.jpg

この年期の入った鍋の真ん前の席に陣取れたら、千登利ファンならずとも「今夜はツイている」と思うのもうなづける。

おかみさんが盛りつけるとき、「もっと!」「もっと!」と刻みネギの量に注文をつける常連オヤジの声が飛ぶ。
無論、なにもいわなくても豆腐が確認できないほど、ネギが乗っている。

【やきとん(レバー、カシラ、タンハツ、ナンコツ、シロ)各¥160】
04tidori_11_02_21.jpg

「適当に見つくろって」と注文すると供される盛り合わせである。
やきとんは塩で、熱燗を舐めるのが、オヤジ呑みの極意。

24年間ものあいだ、オヤジたちはひっそりとこの店に集い、心と躰を温めてきたのである。



【やきとん千登利】
住所:東京都豊島区西池袋1-37-15 西形ビル1F
電話:03-3971-6781
営業時間:16:30~22:30
定休日:火曜
地図
05tidori_11_02_21.jpg

千登利 居酒屋 / 池袋駅要町駅東池袋駅

夜総合点★★★★★ 5.0


スポンサーサイト

Posted at 15:00 | 外食 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。