--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.06.28

パッ・ガパオ・ヌア・カオ・カイダーオ♪

00gapao_11_06_28.jpg

牛切り落としが安かったので、牛めしでも作ろうか? と思ったのだが、芸がない。
ならばタイ風で行こう!
ってわけで、noodles流「パッ・ガパオ・ヌア・カオ・カイダーオ」を作りました。

タイ語で「パッ」は炒める、「ガパオ」はバジルで「バジル炒め」。
「ヌア」は牛肉、「カオ」がごはん、「カイダーオ」は目玉焼きという意味です。

通常は鳥挽肉の「パッ・ガパオ・ガイ(鶏)」が有名で、牛肉にしろ羊肉にしろ挽肉を使うのですが、冒頭でも述べたように「牛めし」のイメージがあったので、切り落とし肉をそのまま使ってタイ風牛肉バジル炒めごはんを作ってみました。

旬の青唐辛子(生)と赤唐辛子(ドライ)、ニンニク醤油漬けの微塵切りを胡麻油で弱火でじっくり炒めます。
01gapao_11_06_28.jpg

弱火のまま牛肉を炒めます。
02gapao_11_06_28.jpg

酒、ナンプラー、オイスターソース(少々)で調味して炒め煮し、肉が固くならないうちにドライバジルを多めに投入して火を止める。
生バジルは前回使い果たしたので、ドライを使いましたが、それはそれで問題なし。
03gapao_11_06_28.jpg

04gapao_11_06_28.jpg

ご飯に添えて目玉焼きを乗せていただきます。超簡単です。
05gapao_11_06_28.jpg

バジルといえばイタリアンの発想ではありえない、醤油系の取合せがタイならでは。
目玉焼きは黄身を崩すため、裏焼きだけにしてくださいね。
そろそろ蒸し暑くなってきたせいか、エスニック風味が妙に爽やかです♪

06gapao_11_06_28.jpg








美味しかったら、ポチッと

スポンサーサイト

Posted at 15:00 | 家庭料理 |
2011.06.22

フープロなしで、バジリコ風♪

00bajiriko_11_06_22.jpg

ハーブの季節ですね。
無性にバジリコソースのパスタが食べたくなり、バジルを手に入れたが、すり鉢もフードプロセッサーもない。
でも、素材の組み合わせだけでバジリコ風にアレンジしてみようじゃないか・・・

EXヴァージンオイルで、醤油漬けのニンニクスライスと塩をふって水抜きしたナスを炒め、表示茹で時間1分前に湯切りしたパスタを加え、混ぜ炒める。
01bajiriko_11_06_22.jpg

細かく刻んだバジルとアンチョビ・ペースト(フィレでも可)適宜を加え、よく混ぜる。
02bajiriko_11_06_22.jpg

仕上げに白擦り胡麻を加え、塩、黒胡椒で調味する。
03bajiriko_11_06_22.jpg

ご存知のように、バジリコソースはEXヴァージンオイル、ニンニク、アンチョビ、バジル、松の実をフードプロセッサーで粉砕し混ぜ合わせたもの。
松の実の代わりに白擦り胡麻を使ったことで、より風味が増し、しんなり炒めたナスがあたかもソースのような滑らかな口当たりを再現。

04bajiriko_11_06_22.jpg

なせば生る!
バジルの葉とパルミジャーノを乗せていただきます。







美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | パスタ |
2011.06.14

炊飯器で炒飯を作ってみる♪

00suicha_11_06_14.jpg

電気炊飯器でご飯を炊き、さらに炒めて炒飯を作るのは、ふたつのエネルギーを消費するわけで、それならば炊飯器だけで炊き上げるピラフの方が理に叶っている。
ならば炊飯器だけで作る炒飯は美味いのか?

実際に作ってみました。
材料は、チャーシューがなかったのでウィンナーソーセージ、タマネギ、ピーマンをそれぞれ微塵切りに。
01suicha_11_06_14.jpg

洗って20分置いた米と上記材料、水、油・塩・醤油適宜を入れ、炊飯開始。
02suicha_11_06_14.jpg

炊きあがったら、溶いておいた卵を流し入れ、蓋をして蒸らす。
03suicha_11_06_14.jpg

蒸らし終わったら、よく混ぜる。
04suicha_11_06_14.jpg

紅生姜などを飾って完成です。
05suicha_11_06_14.jpg

感想としては・・・
まずご飯ですが、やはり炊飯器で炊き上げるためベタつきはあります。
ですが油分のおかげで、意外にお米の粒は立っています。

炊飯だと長ネギだと融けてしまうのでは? と危惧し、タマネギで代用したのですがこれだとやはりピラフっぽい。炒飯の風味は長ネギにあり、と豪語する僕としては課題ひとつってところ。

でも、家庭の貧弱な火力で不要にべちゃっとした炒飯を作るのなら、炊飯器炒飯のほうがガスを使わない分、いまどきの炒飯といえるかも知れませんね。








美味しかったら、ポチッと


Posted at 15:00 | 炊込み御飯 |
2011.06.07

搾菜と干物の冷製パスタ♪

00zasai_11_06_07.jpg

節電の夏を乗り切るために、涼しい食べものをあれこれ試しています。

搾菜と鯖の干物(鯵でも可)で、冷製パスタを。
搾菜は赤い調味液を洗い流し、薄くスライスして30分水に漬けて塩抜きしておく。

01zasai_11_06_07.jpg

ボウルに千切りした搾菜、キュウリ、焼いてほぐし身にした鯖の干物を入れる。
後で後悔したくなければ、干物をほぐすとき、くれぐれも慎重に。
黒胡椒、オイスターソース少々、ニンニク醤油、胡麻油を加える。

02zasai_11_06_07.jpg

すべての材料をよく和えて、20分ほど冷蔵庫で馴染ませる。

表示茹で時間より1分余分に茹でたパスタを水洗いし、よく水切りしてからEXヴァージンオイルを絡めておく。

03zasai_11_06_07.jpg

具材とパスタをよく混ぜていただきます。
搾菜は多彩な栄養価を誇り、干物のアミノ酸が複雑味を醸し、相性ばっちりです。

試しに具材とパスタをよく混ぜてから数時間後に食べてみたのですが、味が馴染み、より美味しいです。お弁当のおかずにもいけますね。


Posted at 15:33 | パスタ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。