--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.06

なんちゃってリゾット。

【五穀米とトマトのなんちゃってリゾット】
00ri.JPG


1.土鍋でにんにく微塵切りと玉葱の粗い微塵切りをEXバージン・オイルで炒める。
01ri.JPG

2.玉葱が炒まったら、ベーコンを加えさらに炒める。
02ri.JPG

3.適当に切ったトマトを炒める。
03ri.JPG

4.しめじを加え、さらに炒める。
04ri.JPG

5.ドライ・バジルとオレガノを加え、スープ(チキン・コンソメでも可)を加え、トマトが煮くずれるまで煮る。
05ri.JPG


06ri.JPG

6.余った五穀米(冷たいまま)と、ピーマンの微塵切りを加え、白ワイン、塩、粗挽き黒胡椒で調味して煮る。
07ri.JPG

7.五穀米が柔らかくなったら、出来上がり。食卓でパルミジャーノ(粉チーズでも可)を擦りおろしていただく。
08ri.JPG



【五穀米とえのき茸のなんちゃってクリーム・リゾット。】
こちらはトマトやハーブを使わず、生クリームと粉チーズだけで作ったオジヤです。
10ri.JPG


09ri.JPG



一昨年、韓国を旅したとき驚いたのは、いにしえの健康法が見直され、現役で利用されていること。
例えば朝、薄荷茶を飲むとか、白米の御飯はなるべく避けて発芽玄米を混ぜたり古代米を混ぜて炊くのが流行っていました。
日本でも現在様々な五穀米や古代米、玄米が手に入ります。
我が家でも、利用していますが小5の息子はやはり白飯を喜ぶ。
で、せっかく家内が早起きして炊いた五穀入りの御飯が日々余り、冷蔵庫にストックされてしまうわけです。五穀を混ぜた御飯はどうしても30回以上咀嚼しなくてはならず、そこも子供が嫌う部分です。
で、オジヤにするわけですが、これも和風のオジヤじゃ脳がない! 
ってんで、“なんちゃってリゾット”なるものを作りました。
チーズや生クリームを使えば、なんてことはないね!
オコチャマなんて。
見事、喜んで食べてくれました♪





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/113-12cb98ae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。