--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.06

穫った野草で、料理してみる!

00hama_butamiso.JPG


昨日、グリーンストライプにてハマダイコンの花を更新しました。
昨年4月にも撮影しましたが、今年は2月下旬でもう咲いていました。

僕の花師匠ゴローさんが、今年から“野を食す”と題して都内で見つけた食用となる野草の料理を披露されています。通年、日々身近にある草花を観察していればこその偉業で、僕みたいに一年足らずの観察ではなかなか難しい。(未だ葉っぱだけ見ても、何の花かがわからない)

だが、ハマダイコンは昨年撮って検索したときに食べられることは知っていた。
そもそもハマダイコンはダイコンが野生化したものであり、当然の事ながらダイコンそっくりである。
海岸の砂浜に生育することが多いが、時として沿岸域の荒れ地などにも生育するらしい。

で、ゴローさんが2月21日の日記でいち早く“野を食す”シリーズでハマダイコン料理を披露された。
しまった~!(やられた~~)
しかも、思いつく料理法はほぼ網羅されている!
今更、どう料理すれば良いのか???

01hama_butamiso.JPG


でも、不祥noodlesも挑戦してみました。
まず、撮影時に摘み取ってきた葉を薄い塩水に漬けます。
なんせ、撮影&採取した場所が道端ですから衛生面には過敏になる。(犬の糞とか小便とか……)
結局、水(塩水)をかえながら3昼夜漬けました。
葉の香りはダイコンそのものです。

02hama_butamiso.JPG


汚れやゴミを完全に取り除き、塩と水で茹でこぼしてから食べやすい大きさに切り分けます。
ここで、ちょっと食べてみたがかなり繊維が強く堅い。

どう調理するか思案に思案を重ねたのですが、丁度赤味噌を買ってきたばかりで、瓶に移した後の袋に残った味噌がもったない!(これ、なかなかきれいに取り出せないのよネ)
ここで、閃きました!

03hama_butamiso.JPG


味噌がこびりついた袋に、茹でこぼしの葉っぱを突っ込みました。
この時点で、ハマダイコン葉の味噌漬けを想定したのです。
既に、炊きたて、ほかほか御飯に乗せて接写した画像が脳裏に浮かんでいたりする♪
待つこと、3日。
今朝、味噌漬けにはなった。
しかし、やはり堅い。
これでは食材としての完成度にはほど遠い。
無理して美味い! を歌っては嘘になる……。

04hama_butamiso.JPG


丁度、赤味噌が絡んでいる。
ならば、中華風味噌炒めにしてしまおう!
にんにくみじん切りとごま油、辣油少々でハマダイコンの味噌漬けを炒める。
豚バラ肉(薄切り)を投入し、炒め、仕上げに豆板醤で調味。

05hama_butamiso.JPG


息子もモリモリ食べてくれましたよ!!
そうです、もうおわかりですね!
美味いんです♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/189-9aa77cd4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。