--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.12

穫った野草で、料理してみる2。

000yasoucook.JPG


我が家のごく周辺で、フキノトウ3つとツクシ発見!(咲いてる様子はこちらで)
00yasoucook.JPG


フキノトウはスーパーでも売っているが、是非穫ったもので挑戦したかった料理がある。
01yasoucook.JPG


ツクシもほんの少しだが、穫ってきた。
初めてなので、一応穫ってきて料理法を検索してみると、先端が開いたものは食べられないとのこと。
ゲッ、開いてないのは数本しかない!
02yasoucook.JPG


ま、とりあえず気をとりなおして塩水でアクをとる。(半日ほど)
03yasoucook.JPG


【フキノトウのジェノベーゼ風パスタ】
1.フキノトウの葉、フライパンで乾煎りしたピーナッツ、ニンニク微塵切り、塩、粗挽き黒胡椒、EXバージン・オイル、レモン汁少々をミキサーにかけてペースト状にする。
04yasoucook.JPG


05yasoucook.JPG


06yasoucook.JPG


2.EXバージン・オイル少々でフレッシュ・マッシュルームを炒める。1のジェノベーゼ風ペーストと生クリームを入れ炒め、白ワイン、塩で調味。
07yasoucook.JPG


08yasoucook.JPG


3.2の仕上げにパルミジャーノ(粉)を入れ、茹でたてパスタを加熱したままよく混ぜる。
09yasoucook.JPG


4.アク抜きで水に漬けている間に少し開花してしまった花部を飾ってみました。(花部は食べません)
10yasoucook.JPG


通常バジルで作るジェノベーゼは、松の実やクルミを使いますがピーナッツでも美味しい。
生クリームとピーナッツの風味が功を奏し、息子も美味しいと食べてくれました!
何よりもフキノトウの風味が満載の、これぞ春のパスタです♪



これは我が家から数キロの農家の畑の周りで見つけたハコベ。(こんな
12yasoucook.JPG


こちらはカラスノエンドウ。(こんな
未だ開花前のものがたくさん生えていました。
穂先の柔らかい部分(5~6センチ)を使う。
これは夏頃には小さなエンドウマメに似た実がつく。(これも美味いそうだ)
11yasoucook.JPG

どちらも塩水で半日ほどアク抜き。

【ハコベのサラダ】
フレッシュ・マッシュルームとEXバージン・オイル、レモン汁、塩、粗挽き黒胡椒でサラダにしてフキノトウのジェノベーゼ風パスタのサイド・メニューにしました。
クレソンとカイワレを足したような、野趣に富んだ味わい。
14yasoucook.JPG


15yasoucook.JPG


【カラスノエンドウの一夜漬け】
アク抜きしたカラスノエンドウは、塩と赤唐辛子で一夜漬けにしてみました。
16yasoucook.JPG


17yasoucook.JPG


【ツクシの柚ポン酢漬け】
柚を効かせたポン酢に一晩漬けたツクシと一緒に朝ご飯。
(ツクシは茎途中にある黒い袴と開花した穂先を取り除く)
18yasoucook.JPG


19yasoucook.JPG


20yasoucook.JPG


21yasoucook.JPG


自然のものを調理して食するのは、なんか身も心も浄化されるような妙な高揚があります。
ハコベとカラスノエンドウは初めてだったので生食に近い状態で食べてみました。
それぞれの風味を体感できたので、今度は是非加熱調理も試してみよう……。





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/192-3c5ca13e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。