--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.28

美味しい、ご飯3種。

00IMG_4213.JPG


以前作った鯵のなめろうを白味噌で作り、夜、一杯飲る。
これもたまらないのだが、なんといっても翌朝に本当の楽しみが待っている♪
寝起きでぼうっとした低血圧さんも、いきなりテンション上がりまくり高血圧野郎も、均等に食卓に向かおう。
まず、炊きたての発芽玄米入りご飯に刻み海苔となめろうを乗せるわけです。
01IMG_4234.JPG


02IMG_4241.JPG

でね、あっつ熱の出汁をそそぐ。
どうですか~?
鯵は美味くて安いから!
ちょっとの工夫で、この美味さ。(神田川かあ~?)

出汁は昆布、干し椎茸、鰯の煮干しを水に漬けて一晩放置。翌朝沸騰させて20分煮出す。
03IMG_2706.JPG

このちょっとの手間で、茶漬けの他にさらに美味しいものが出来るのだ。
だから僕は、金曜の夜必ず出汁を仕込むのです。



004IMG_2754.JPG

米3合(内0.5合は餅米)を洗っておく。
04IMG_2714.JPG

牛蒡のささがきを用意し、鶏胸肉を細かく刻む。
05IMG_2719.JPG


06IMG_2722.JPG

炊飯器に洗っておいたお米とささがき牛蒡、鶏肉を乗せて分量の出汁を入れる。
薄口醤油大さじ3.5杯、酒大さじ3杯を混ぜて炊飯開始。
07IMG_2723.JPG

炊きあがり15分蒸らして、混ぜ合わせて完成。
08IMG_2750.JPG

これは牛蒡の風味と鶏肉のコクが、舌を波打たせること請け合い!
牛蒡と鶏は仲良しさんです♪
09IMG_2751.JPG

飲んだあとに、こんなご飯を供してくれる和食屋さんがあればなあ……。



次は秋刀魚の一夜干しで、秋刀魚ご飯です。
10IMG_4339.JPG

一夜干し秋刀魚をこんがり焼く。
むろん、これだけでも美味いのに、じっと堪える。
堪えただけの見返りはある!(ほんとだって)
11IMG_4316.JPG

焼き上がった秋刀魚をひたすら団扇であおぎ粗熱をとったら、面倒ですが骨を丁寧に取り除く。
この面倒は必ず報われるので、頑張るのだ。
12IMG_4321.JPG

秋刀魚は焼き過ぎに注意。油が落ちてしまうし、どうせ炊飯するのでじわっとこんがり焼こう。
でも、半生は×。身がほぐせないからね。
忘れずに針生姜も用意しておこうぜ。

炊飯器に洗っておいたお米(3合)とほぐした秋刀魚(血合も皮も適度に入れる)、針生姜を乗せて分量の出汁を張る。
薄口醤油大さじ3.5杯、酒大さじ3杯を混ぜて炊飯開始。
13IMG_4326.JPG

炊きあがりに金胡麻をたっぷり投入し、蓋をして15分蒸らす。
14IMG_4334.JPG


15IMG_4336.JPG

よ~く、混ぜていただきます。
16IMG_4346.JPG

ほらね、堪えてよかったでしょ?
報われたでしょ~♪
店でだしても、通用する美味しさです。(転職か?)





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/197-12580adb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。