--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.13

筍!

00take.JPG


筍が旬でございます。

僕らが通常口にするのは、孟宗竹(もうそうちく)という種類の若芽。
「筍が食べたい」という母のために、真冬に雪の積もる竹林を掘ったところ地中から筍が出てきた。その親孝行な息子、孟宗(古代中国三国期、呉の人物)に因んで命名されたそうです。

蘊蓄はさておき、筍はなんといってもアミノ酸が大量に含まれています。
アミノ・サプリなんぞ飲んでいる場合ではない!
旬の筍をおおいに食べようではないか。

筍は穫ったそばからアクが増していくので、なる早で茹でる。
米のとぎ汁とタカノツメで、皮がついたまま茹でましょう。
皮を剥いてから茹でると早く茹であがるが、皮の下部(柔らかい部位)も美味しいのです。
この手間だけ頑張れば、あとは至福の時が待っている♪

【刺身】
薬味に柚胡椒がまた日本酒と合います♪
01take.JPG


【梅肉和え】
皮の下部(柔らかい部位)を刻んで梅肉で合える。
02take.JPG


03take.JPG


【筍の炊き込みご飯】
お約束ですね♪ 米一合に対して薄口醤油大さじ1、酒大さじ1!
この比率で美味しくなります。
04take.JPG


息子が、じゅんさい大好きです♪
【じゅんさいの吸い物】
05take.JPG


【朝ご飯】
筍の炊き込みご飯+じゅんさいのお吸い物+塩鯖+ブラウン・マッシュルームとホワイト・アスパラの白胡椒バター炒め+筍肉和え。
朝あまり食べない息子が、ご飯おかわり3杯も食べました!
06take.JPG


ところでさきほどから登場している、ちっちゃい奴の正体は!
今、路傍や野原に咲き乱れるカラスノエンドウと申します♪
07take.JPG


07take.JPG

マメ科ソラマメ属。
以前、葉を食べましたが、むろん実も食べられるんです。
上のキヌサヤと比較すると、かなり小さいですね♪ お見知りおきを。
塩茹でして、彩りに使いました。
小さいけど、味はキヌサヤをギュッと圧縮した感じ。
しっかり主張してきます。



んなもんで、家内が持たせてくれた本日のお弁当が……。
08take.JPG


09take.JPG

卵焼きとプチ・トマト以外、全て朝ご飯の流用となってしまいました。
でも、美味いっス!!
10take.JPG


11take.JPG


おまけで、家内と息子(つみれ担当)が作った、
【筍と鶏つみれの煮物】
112take.JPG


13take.JPG


ごちそうさまでした~♪






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪




スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/203-c36f7ccd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。