--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.17

日本酒の、最も美味しい肴たち。

00izakaya.JPG


酒にぴたりとくる肴。
むろん、酒とは日本酒のこと。
海にも、山にも囲まれた日本で、日本酒をのまない手はない。
山が湛える清水が、やがて海に流れる。
米が実り、美味い酒が育まれる。
そして、山海の恵み……。

今ではすっかり高嶺の花になってしまった鯨。
近頃、にわかに話題(捕鯨問題)の鯨でございます。
鯨は少量の摂取で、生活習慣病に最も効果的とされる。
中でも“鯨ベーコン”は、特に動脈硬化に効果的なDPA(ドコサペンタエンサン)が豊富で、魚の10倍も含まれているんですよ~、お嬢さん!(みのもんたか?)

この量で、¥900ぐらい!
ちょっと、贅沢な気分です。
僕が小学生の頃は、これを肴に毎日のようにうちの親父が一杯やっていたものです。
それを記憶をたよりに再現してみました。
長ネギと和えて、生醤油でいただくだけなんですが。
僕にはこの味が郷愁なんです♪
以前、道頓堀の居酒屋で、加工品ではない塩蔵の脂身をいただいたことがあるが、あれも美味かったなあ……。

01izakaya.JPG


なにもこの飽食の時代に、わざわざ鯨を食べなくとも?
そんな、グリーン・ピースみたいな野暮いっちゃあいかん!
我々はもっと勉強しなければいけない。
確かに“飽食の時代にわざわざ”にも一理ある。
しかし、捕鯨は日本の文化なのだ。
一国の文化に異分子が介入しちゃ、いかん。
そりゃ、インド人にカレー食うな! っての一緒だから。(また、乱暴な……)



さて、気を取り直して旬の独活(うど)もいいですな~。
水でさらしておいた独活に、卵黄とみりん、酢を味噌に混ぜて黄身酢味噌で。
皮だって、出汁に使った昆布と三杯酢で和えるのです。
さあ、一献♪
02izakaya.JPG

03izakaya.JPG

04izakaya.JPG




こら~~~~っ! 俺の天敵のナマコを独り占めすなっ!! 中国人。
おかげで、高くてなかなか食えなくなっちゃったでしょ。
赤ナマコ、一本¥1000近くします……。
ポン酢でね。
さあ、一献♪♪
05izakaya.JPG

06izakaya.JPG




以前スルメイカでご紹介した黄身醤油も、旬のヤリイカでいただくと、一層酒がすすみます。
ヤリイカは皮を剥くのが容易なので、エンペラも酒と塩で白造りの塩辛に♪
ささ。さあ、一献♪
07izakaya.JPG

08izakaya.JPG




さて、久々にクイズ!
これな~んだ??
サンダではなく、ガイラ。(いまどき『サンダ対ガイラ』知ってる人、いないって)
海のものではないです。
09izakaya.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/204-ee9f9fff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。