--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.16

採ったミツバで、赤地獄豆腐。

00jigoku.JPG


昨年9月にお披露目した、郷愁のS君豆腐
陽気が良くなってくると、無性に食べたくなる。

01jigoku.JPG


ところで、我が家のマンション裏山には、毎年春になるとミツバが生える。
もの凄い勢いで繁殖するが、比較的若くて色の鮮やかな部分を採ります。
採っているそばから、あのミツバの芳香が漂います♪

02jigoku.JPG


採取してきたミツバは、一応念入りに数時間塩水に浸けて汚れを落とす。

03jigoku.JPG


名付けて“赤地獄豆腐”!!(S君豆腐スペシャル)
メカブを乗せて、大量の一味唐辛子をぶっかけ、野生のミツバでキマリ!!
彩りも、補色の組み合わせが完璧だ。
豆腐は切らずに、ど~~んと丸ごと!

僕の冷や奴へのこだわりは、絶対に木綿ごし豆腐であること。
大豆の主張を、一心に背負った感じが良いのだ。
しかし、昨今の木綿ごし豆腐はいかん。
どうも、メジャーになった絹ごしにこびて、軟弱な木綿ごしが多過ぎる。
角に頭ぶつけて、死ねるぐらいのしっかりした男らしい木綿でなければならない。
でないと、S君の親父が味わった感覚は再現でき得ない。

箸を斧がわりに、崖を切り崩すような気構えでいただく。
一瞬、S君の親父のように労働者になってみるのだ。
長谷川きよしが歌った、あの野坂昭如作詞“黒の舟歌”なんぞ唸るとさらに良い。(やらないけど)

04jigoku.JPG


むろん、労働の休憩には純米酒である……。


※本日、路傍の草花も満開♪

※黒の舟歌なんて歌っている場合じゃあない! 
ジェフ・ベックと50~60年代音楽を勉強しよう♪



●最近読んだ本♪
18769966.jpg
重力の都 

30711547.jpg
ウエンカムイの爪 






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。