--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.14

まい泉のカツサンド♪

00maisen.JPG


本日昼のお弁当は『とんかつ まい泉』のカツサンドでございます。

今朝、ブログのネタにでもと、東横のれん街で買ってきました。
見栄えするように、憧れの9切れ入り¥1102を購入!(これぞ、大人買いの悦楽)
01maisen.JPG


02maisen.JPG


“箸で切れるやわらかなとんかつ。肉は産地直送、一枚ずつ手作りで仕込み、パン粉、ソースは自家製。各種揚げ油を調合してカラッと口の中でとろけるようなおいしいとんかつ”(まい泉HPより

特筆すべきは10cm正方のパンに、一枚の1.5mm厚の丸いとんかつが三等分されてサンドされていること。(それが1パックで一包み)
たかがカツサンドだが、これがひとときの贅沢感をかもし出す。
03maisen.JPG


04maisen.JPG


肉は、何故??? と問いたくなるような常識を破る柔らかな“ヒレ肉”である。
衣に染みた濃厚ソースがまた絶品!
からすぎず、甘すぎず。そして、フルーティなのです。
05maisen.JPG


06maisen.JPG


見よ! この柔らかなヒレ肉を!!(鶏肉じゃないのよ)
指で割っても、パンがつぶれて餅にならないんだから!
07maisen.JPG


カツサンドである以上そのパンもまた重要だ。
ミテクダサ~イ。(マジシャン、セロか~?)
決して、スポンジ・ケーキじゃないのよ~~~♪
でも、とんかつのソースが染みすぎてグジャグジャになってもいないのよ~♪
正にマジックでございます……。
08maisen.JPG


09maisen.JPG


10maisen.JPG


昔、仕事先でこのカツサンドを差し入れられた。
初めて食べたときのショックは強烈です。
過日、青山店に行ってとんかつ定食を食べたが、カツサンドのインパクトには劣る気がする。
日比谷の映画館や新幹線でも食べた記憶があるが、改めてこうやって眺めてみると実に優美なお姿であります。
芸術品のようなカツサンドである。

大人買いして、どか食いしたわけですが、4時間経過した現在も胃がもたれません。
しかも、腹持ちはすこぶる良い。
これは映画鑑賞や新幹線にゆられて慌ただしく食するようなものではないね。
眺めて、嗅いで、じっくりさっくり味わいました~♪

11maisen.JPG


美味っ♪♪

12maisen.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。