--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.20

ばか鍋の宴♪

00baka.JPG


先週火曜夜は、盟友驢馬人さんからオフ会のお誘い♪

ばか鍋なるものを食してまいりました。
参加メンバーは驢馬人さんと僕、それに某セレブ社長の男性3人。
さらに女性陣は、お馴染みpalmeritaさんらすかるさん&ご友人に、お初のひらめさんiemeiさん、chiakickさん、アフロディーテさんの総勢10名。

ばか鍋 浜幸
住所:横浜市中区野毛町1-24
電話:045-231-0070
定休:日祝
営業:17時~23時
※お料理の詳細記事は、ここで。
01baka.JPG


03baka.JPG


02baka.JPG


店外のチープなサンプルが、渋さを醸し出しております。
ばか鍋とは、馬と鹿の馬鹿鍋(ばか鍋)のこと。さすがに野毛辺りにはまだまだ未知のグルメが存在しております。
この界隈は、良き時代の横浜が忍ばれる街並ですが、ヤ○ザ屋さんも多く、深夜の女性独り歩きは怖いかも。

【お通し(バイ貝煮付け、馬ハム、枝豆)】
05baka.JPG


04baka.JPG


渋い店内(宴会用個室)には、和洋折衷のお飾り。
さすがに女子7名ともなると、賑やかです。
わいわいとばか鍋を囲むには、最高の布陣!
今回は一人¥4200のコース。
期待に胸が膨らみます!!
06baka.JPG


07baka.JPG


08baka.JPG


【馬刺し盛り合わせ(霜降り、ヒレ、タテガミ)】
09baka.JPG


タテガミとは、馬の首筋の脂身で“こうね脂”ともいいます。脂身とはいっても淡白です。
馬刺は牛と違いクセがまったくないので、いくらでも食べられますね。
美味い♪
10baka.JPG


11baka.JPG


12baka.JPG


【馬肉の叩き】
これは、今回最も人気の高かったメニュー。
13baka.JPG


【おたぐり】
長野県飯田市の郷土料理、馬の腸の塩味のモツ煮をアレンジした炒め物。
珍味系です。樽酒に合います♪
皆さん苦手だったようですが、僕は独りでむしゃむしゃしてました。
14baka.JPG


【馬鹿鍋(ばか鍋)】
さあ、メインのばか鍋です。
左上部(紅葉生麩が乗っている)が、鹿ロース肉。右(桜生麩が乗っている)が馬ロース肉。
肉の下の野菜は、タマネギ、牛蒡、豆腐、麩、マロニー。
箸で摘める、しっかりした卵黄の卵に浸けていただきます。
さて!
鹿肉、美味しい。
馬肉は、あれ?
馬肉のほうは、本来臭いがないはずですがちょっと臭い。
昔、長野の茅野で、バカウマのすき焼きを食べたことがあるんです……。
残念。
15baka.JPG


16baka.JPG


17baka.JPG


18baka.JPG


【ヒレ肉とタテガミの握り鮨】
このヒレ肉とタテガミは、前述の刺身と同じものですから酢飯との相性も抜群♪
美味いです。
19baka.JPG


【讃岐うどん】
本場讃岐うどんと称していますが、普通の茹でうどんでした。
腰がないのが、残念。
20baka.JPG


このほかに、お新香の盛り合わせとデザートのスイカがあったようですが、話に夢中で気がつきませんでした。
女性に囲まれて幸せなオフ会でしたが、肝心のばか鍋がもう一つってところ。
充分にお腹も空いていたし、体調は万全だったんですが。
ほかで美味い馬肉や鹿肉を食べているので、味覚が上がってしまったのか? 俺??
馬鹿鍋のばか~っ!





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。