--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.24

多目的、シンプル・カレー♪

00kantankare.JPG


それにしても、暑い。

7月いっぱい梅雨が続き、8月の残暑がまた異常な暑さ。
夏休みの子供達が、かわいそうです。

さて、暑いときは、カレーです。
今回はクソ暑いキッチンで、パパッと作れる和風シンプル・カレーに挑戦。
よくある、蕎麦屋の和風カレーのアレンジでございます。

まずタマネギ3個をスライス。
菜種油(なんでもよい)で炒め、しんなりしてきたらカレー・パウダー(ガラムマサラでも可)を混ぜ合せ、さらに炒める。
01kantankare.JPG


タマネギがしなしなに炒まったら、水を加え煮る。
沸騰してきたら、カレーの素(何でもよい)を加え、酒、塩、蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)、八丁味噌少量で調味し、さらに軽い沸騰を保ちながら煮続ける。
※八丁味噌を加えると、濃くがでてまろやかな風味になるよ♪
02kantankare.JPG


03kantankare.JPG


30分ほど煮たところで、豚バラ肉薄切りを食べやすい大きさにカットして、まな板上で酒を和えて、10分おく。
次に片栗粉を肉に和えておく。
04kantankare.JPG


05kantankare.JPG


フライパンに菜種油(なんでもよい)とバターを入れて加熱し、片栗粉を和えた豚バラ肉薄切りをじっくり炒める。
※片栗粉のコーティングで肉の柔らかさを保ち、カレーにも粘度をプラスします。
※バターを加えることでカレーの濃くが増します。

06kantankare.JPG


炒めた肉をタマネギ・カレーに投入し、さらに10分ほど煮る。
肉の調理時間を含め、なんやかやと1時間ほど、煮ることになります。
07kantankare.JPG


サフランをぶち込んで炊いた、サフラン・ライスにかけていただきます。
この時点では、スープ・カレー的な粘度のカレー。
08kantankare.JPG


09kantankare.JPG


10kantankare.JPG


今回は休日の朝から調理開始。
煮炊き以外は、扇風機の風邪にあたりながら、のんびり缶ビールです♪
朝のビールが、また美味いのだ!
朝ビールの美味さを堪能するためにも、決してエアコンをかけてはいけない。



えっ?
どこが、多目的カレーなんだ??? って?
慌てちゃ~いけない、ぼっちゃん、おじょうちゃん。

鍋いっぱいに仕込んだカレーは、翌朝また20分ぐらい煮詰めます。
そして、また蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)を加え、濃いめのかけ汁ぐらいの味に調味し直します。

じゃ~ん!
みんな大好き、カレー蕎麦だよ~~ん♪
11kantankare.JPG


12kantankare.JPG


んでもって、また翌日20分ぐらい煮詰めます。
この頃には、豚肉もタマネギも溶けてしまっています。
ズッキーニを一緒に煮込んでから、またまた蕎麦つゆ(市販の麺つゆ原液で可)を加え、前日よりもさらに濃い、つけ汁ぐらいの味に再々調味。

じゃ、じゃ~~ん!!
13kantankare.JPG


カレーつけ麺で、どうだっ!
ズッキーニがアクセントになり、煮込み続けたカレーのつけ汁が美味い♪
14kantankare.JPG


15kantankare.JPG


16kantankare.JPG


今回は、自家製穂先メンマと豚モモ肉の自家製焼豚もつけちゃいました!
正に一石二鳥、いや三鳥。
多目的、シンプル・カレー!!
暑い中、ちょっと我慢してカレー作った甲斐があったでしょ?

※よかったら、自家製穂先メンマの作り方もどうぞ♪






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。