--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.15

京都、息子と二人旅♪(3)

00nisin.JPG


京都、息子と二人旅の初日、昼過ぎに清水寺へ向かいました。

参道の土産屋を冷やかしながら、どこの店も昼時の混雑で行列だらけの中、清水寺手前の『そば処 清水』に飛び込んだ。
屋根つきの庭の中に、ぽつんぽつんとテーブルが設えてあり、清水寺参道の喧騒が嘘のようなたたずまい。

01nisin.JPG


注文したのは、むろん京都名物“鰊蕎麦”。

03nisin.JPG


鰊蕎麦は、文久年間(1861~63)創業の京都のそば屋『松葉』の二代目が明治15年頃考案したのが発祥。
上品なつゆと甘辛く煮込んだ身欠き鰊と蕎麦、京の青ネギとの相性が良く、京を代表する蕎麦となり、全国各地に広まり地域を問わず蕎麦屋の定番品書きのひとつとなっている。もともと身欠き鰊は、海を持たない京の都にもたらされた貴重な魚類の保存食であり動物性タンパク源であった。

02nisin.JPG


04nisin.JPG


05nisin.JPG


息子は初めて食べましたが、甘辛い鰊とさっぱりした香りの良い出汁に、美味しいと連発しておりました♪
今回久々の京都旅行で、痛感したのはやはり濃厚な出汁ですね。
赤出しなども出汁は濃いが、味噌は控えめで一層味噌の風味が立ちますね。
勉強になりました。

06nisin.JPG


この日の清水寺は、壮絶な混雑ぶり。

09nisin.JPG


途中、舞妓さん発見!
運が良ければ舞妓さんに逢える、とガイド本などに書かれていますが、今回の京都旅行では数回目撃しました♪

07nisin.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。