--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.22

天ぷら定食は、人を見る。

00hatimaki.JPG


神保町グルメ弟2段。
相変わらず、息子と休日に神保町巡りをしております。

この日は日曜日だったので、古本街も定休日の本屋が1割程度。
お目当てのスヰートポーヅも定休日。

01hatimaki.JPG


で、昼食は三省堂裏すずらん通り『神田はちまき』に入りました。
昭和初期から江戸前天ぷらを守りぬいてきた老舗。
江戸川乱歩や新田次郎も通ったという下町風情の香る大衆的な店内。
僕は瓶ビール、息子はジュース。特上天ぷら定食¥2300を注文。
我が家では天ぷらはほとんど作らないので、いわゆる天ぷら定食というものを息子は初めて食べた。

02hatimaki.JPG


海老♪
03hatimaki.JPG


ピーマン♪
04hatimaki.JPG


茄子♪
05hatimaki.JPG


ハジカミ生姜&グリーンアスパラ♪
07hatimaki.JPG


烏賊♪
06hatimaki.JPG


コチ♪
08hatimaki.JPG


キス♪
09hatimaki.JPG


穴子♪
10hatimaki.JPG


しかし、天ぷら定食のように揚げた天ぷらを一気に供された場合、僕は何故か海老から食べる癖があることに気がつく。
僕は3人兄弟の長男であるから、兄弟による好物の争奪戦にはあまり縁がない。
だから、好きなものは“最後に大事に食べる派”なのだ。

ふと向かいの息子を見る。
独りっ子の息子も、やはり兄弟による好物の争奪戦とは無縁。
さすが、坊ちゃまは海老を最後に食べている。

そして僕は最後、穴子で食べ終えた。
野菜→烏賊→コチ→キス→穴子。
これは天ぷらをいただく順としては王道である。
しかし何故、穴子の前に海老をもってこないのだ?
熱々をいただきたいからか??
いやいや、揚げたてを一気に供されるのだから、あまり関係ないし。

自分なりの分析だが、おそらく海老→穴子では盆と正月が一緒にやってきた感があり、楽しみを一度に使い果たすようでもったないと、無意識に感じているのではないか?
最初に海老を食べたのは、文字通り正月を前にもってきて、穴子でもうひと盛り上がりするといういじましい意思の表れではないだろうか?

そうか! だから、僕は海老フライ定食とかを食べないのだ。
大事な海老をいきなり出してくる、あのデリカシーのなさが嫌なのだ!!
あれじゃ、祭りの後の寂しさしか残らないというもの。

しかし天ぷら定食は、人となりが計られる。
気をつけよう……。

11hatimaki.JPG






人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。