--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.12

干しエビ・ワンタン鍋♪

00wantannabe_07_11.JPG


今日は寒いですね。
ワンタンのお鍋で、暖まりませんか?

干しエビをぬるま湯に20分程度浸けておく。
01wantannabe_07_11.JPG


戻した干しエビを刻む。
02wantannabe_07_11.JPG


豚挽肉(脂身の多いもの)に、刻みネギ、刻みニラ、刻みハクサイを入れ、酒、薄口醤油を少々入れる。
03wantannabe_07_11.JPG


刻んだ干しエビとお戻し汁も入れ、丁寧に手もみして混ぜ合せる。
04wantannabe_07_11.JPG


鍋の野菜は豆腐、白菜、ニラ、シメジ。
05wantannabe_07_11.JPG


食卓で各自、ワンタンを包み、鍋に投入します。
ワンタンは皮に具材を乗せ、茶巾に絞っておくだけ。
06wantannabe_07_11.JPG


鍋の出汁は、水と昆布、鰯煮干し、干し椎茸。
調味は、酒、薄口醤油、塩。
ワンタンから、旨味がしみ出します♪
07wantannabe_07_11.JPG


干しエビが複雑な旨味を演出。
乾物を侮ってはいけない!
アミノ酸、タウリン、亜鉛、カルシウム、キチンが豊富で、糖尿病改善や免疫力を高め、動物性の食物繊維としては昆布や鰹節に匹敵する。
特にカルシウムは、生エビの40倍。太陽は偉い!!

08wantannabe_07_11.JPG


ワンタンは煮ると熱々で、舌を火傷しそうになります。
これを、ハフハフいって食べるわけ。
ね! ふう、ふう、ハフハフやっているうちに身体が暖まってきたでしょ♪





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。