--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.18

白老牛を堪能する♪

色々あり、更新が滞ってしまいました。
年始の北海道グルメ弟3段。

00donguri_08_1.JPG


息子および僕のルーツを探るため、父方の親戚を訪ね鵡川町にいった折り、苫小牧に脚を伸ばし、美味しい白老牛を低価格で食べられると地元で評判の、焼肉どんぐりにいきました。

【上塩豚ホルモン¥472(税込)】
01donguri_08_1.JPG


【上ミノ¥945(税込)】
02donguri_08_1.JPG


【レバ刺¥609(税込)】
03donguri_08_1.JPG


【キムチ盛り合せ¥577(税込)】
04donguri_08_1.JPG


【サガリ¥682(税込)】
05donguri_08_1.JPG


【牛タン(ネギ塩)¥997(税込)】
06donguri_08_1.JPG


【赤どり(宮崎産)¥556(税込)】
07donguri_08_1.JPG


【シーフード盛り合わせ¥1470(税込)】
08donguri_08_1.JPG


さて白老牛とは、昭和29年島根県から白老町に導入し、現在は全道でも有数の生産を誇る。
全国でも有数な種雄牛「第7系桜」「晴美」といった島根県の血統を母体にもつ肉量・肉質ともに兼ね備えた繁殖牛を中心に、父方は近江牛・松坂牛、そして神戸牛の銘柄で有名な兵庫県で生産される「但馬牛」を計画交配された黒毛和種です。

深いこくと、まろやかな味わいのある最高の霜降り肉の生産にかかすことのできない、ベスト交配で子牛市場でも高価格にて取引きされている。

昭和50年10月(社)全国和牛登録協会により「白老牛」の命名を受ける。
以来白老牛(しらおいぎゅう)ブランドで、全国に肉を出荷している。白老牛自体はあまり有名ではないが、他の場所で暫く飼育した後その土地のブランドで販売されたりもしている。

とまでいわれたら、食べないわけにはいきません♪
とにかく素材が新鮮で、どれもこれも美味い。
しかも、ジンギスカンだって食べられる!
そして、安い!!
東京じゃあ、考えられないコスト・パフォーマンス。

白老牛、堪能致しました♪
まあ、それなりに美味しい牛肉を食べ馴れたせいか、本音をいうとやはり僕的には¥577(税込)のラム肉が一番感動しましたが……。

【白老特上ロース¥2100(税込)】
09donguri_08_1.JPG


【白老上カルビ(限定品)¥1470(税込)】
10donguri_08_1.JPG


【生ラムロース(ジンギスカン)¥577(税込)】
11donguri_08_1.JPG




北海道が誇る高級黒毛和牛!白老牛 ステーキ・すき焼C





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。