--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.13

コンビーフのラグー♪(SALONE 2007もどき)

00konbiragu_08_2.JPG


コストコで買ったブルーチーズ、ロックフォールパピヨンを使って♪
弟2段でございます。

毎月通うこととなった極上のリストランテ、SALONE 2007の見事なラグー・ソースに感化され、自宅にある材料で安直に再現してみました。

材料は、生活クラブのコンビーフ缶詰とトマト缶詰、パスタはマカロニで♪
02konbiragu_08_2.JPG


先月、SALONE 2007で食べた、“ 自家製ラガーネ 乳飲み仔羊のラグーソース ” は、半頭分の乳飲み仔羊を丸ごと鍋に入れて煮込み、手で肉をほぐして~というものであった。
家庭で乳飲み仔羊を丸ごとなんて無理ですが、考えてみたらコンビーフだって塩漬けした牛肉のほぐし身である!

まずはEXヴァージン・オイルで、ニンニク微塵切りと刻んだ赤唐辛子を炒め、香りを出してからコンビーフを投入し、じっくり炒める。(10分ほど)
03konbiragu_08_2.JPG


ひたひたになるぐらいの、赤ワインを入れる。
04konbiragu_08_2.JPG


トマト缶詰を投入し、タンメン用に仕込んであった鶏ガラスープを少量入れ、若干煮詰めてから(10分ほど)、バジル、オレガノ、タイム(全てドライ)を少量入れ、さらに煮詰めて(30分ほど)から、ロックフォールパピヨンを投入し煮溶かす。
調味は塩と粗挽き黒胡椒と白胡椒少々。
05konbiragu_08_2.JPG


06konbiragu_08_2.JPG


固めに茹であげたマカロニを入れ、さらに10分ほど煮る。
07konbiragu_08_2.JPG


飾りに生ピーマンのスライスを乗せて、パルミジャーノ(粉末)をかけていただきます!
08konbiragu_08_2.JPG


「うん、SALONE 2007っぽいね、お父さん!」と、家内と息子も申しておりました♪

10konbiragu_08_2.JPG


ラグー・ソースに、濃厚な山羊乳青カビチーズをからめるのがポイントです。
やったね!



ロックフォール パピヨン・ノワール社製100g単位カット販売





人気blogランキングへ ←美味しかったら、ポチッと、お願いします♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。