--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.03.14

徳萬殿/美味いタンメンを探す旅♪

00tokuman_08_3_14.JPG


20代の頃は、いまのようなラーメン専門店などなかった。
ラーメンといえば、町場の中華屋で支那そばかチャーシュウメンである。
そんな時代、きっかけは忘れたがタンメンにハマった時期がある。

貧乏学生で本が好きな僕は、よく神保町へ通った。
日々、古本街を物色しながら、様々な中華屋のタンメンを食べ歩いた。
そうして、気に入ったタンメンに出逢う。
無愛想で元ヤクザ? ってな強面の店主が作るタンメンに惚れ、その店に通い詰めた思い出がある。

01tokuman_08_3_14.JPG


現在、毎週木曜夕刻、仕事で神保町へ出かけるが、屋号すら忘れてしまったその店は、無論いまはない。
しかし、神保町にほど近い某有名出版社に勤める先輩が、

「いや、noodles。いま神保町で一番美味いタンメンは徳萬殿だよ」

と教わり、昨日脚を運んだ。
ネット上でも、神保町□タンメン で検索すると、徳萬殿が引っかかる。

02tokuman_08_3_14.JPG


03tokuman_08_3_14.JPG


野菜を炒め、スープを投入し、煮て、塩味を添えるというシンプルな調理法のタンメンの命はスープにある。
故にタンメンが美味い店は、他のどのメニューも美味いという試金石になるのだ。

・確かな、スープ。
・生の歯ごたえを感じる、野菜の火加減。
・加水率の高い太麺で、だれない茹で加減。

これが、僕の美味いタンメン三箇条。
できれば、野菜炒めに肉が入らなければ、申し分ない。
確かなスープと野菜の旨味だけで、構築されたタンメンこそが最上級。

04tokuman_08_3_14.JPG


07tokuman_08_3_14.JPG


さて、徳萬殿のタンメン。
野菜の火加減、合格。(少し肉が入っているが……)
麺、大合格!(かなり、いける)
スープ、ほとんどお湯のような微妙なスープである。
これに、文字通り塩だけの味つけ。
変に白醤油など足さない、潔さはある。
が、パンチがなく、少々もの足りなさは否めない。
だがタンメンには、卓上の酢と辣油で、最終的に自分の味にまとめるという楽しみがある。
徳萬殿のタンメンは、その客の楽しみを考慮し、あえてマイナス1の状態で供される粋を感じる。

05tokuman_08_3_14.JPG


08tokuman_08_3_14.JPG


餃子は、餡につなぎを加えてない。
詰まり、中の肉が固まっていないのだが、これが意外にいける。

徳萬殿:タンメンと餃子¥1100
評価:★★☆

僕の、美味いタンメンを探す旅がつづく。


中華茶房 徳萬殿
東京都千代田区神田神保町1-5
03-3291-1205
営業時間:月~金曜 11:30-15:00/17:00-22:00
     土曜 11:30-15:00
09tokuman_08_3_14.JPG






 ←美味しかったら、ポチッと♪









スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。