--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.11

変わり麻婆♪

00torimabo_08_4_11.JPG


そもそも麻婆と称する由来は、

清の同治帝の治世に、成都で陳森富の妻の劉氏が材料の乏しい中、ありあわせの材料で来客(労働者)向けに作ったのが最初とされる。「麻婆」とはあばたのおかみさんの意で、劉氏があばた面だったことに由来する。(ウィキペディアより)

とのこと。
麻婆豆腐ないし茄子は、豚挽肉を炒め、さらに豆腐、炒め茄子などを鶏ガラスープで煮込み、豆板醤、山椒(本来は花椒)で調味するのが一般的なルールである。

が、しかしである。
いつもいつも同じものを作っていては、重複してブログのネタにできない。
ってことで、面倒な鶏ガラスープを使わずに正規ルールを崩してみよう!

そもそも麻婆豆腐、麻婆茄子と別れていることも忍びない。
両方食いたいではないか!
いま出まわっている九州産の長茄子、重しをして適度に水分をぬいた木綿豆腐。ニンニク、新玉ねぎ、シュガーレディの皮なしむねスライス(鶏肉ならなんでもよい)。
01torimabo_08_4_11.JPG


胡麻油、辣油少々でニンニク微塵切りを炒めてから、新玉ねぎ粗微塵切りを炒める。
02torimabo_08_4_11.JPG


茄子を炒めてから、鶏肉を炒める。
03torimabo_08_4_11.JPG


豆腐を加え、多めの酒を入れて煮る。(鶏肉のエキスが沁みだすので鶏ガラスープを省けるわけ)
仕上げに調味液を加え、しばし煮詰め、塩で味を整えて完成♪
・調味液は(自家製味噌(赤味噌や八丁味噌でもよい)、みりん、豆板醤、挽きたて山椒を合わせる)
04torimabo_08_4_11.JPG


副菜は、中トロの刺身。
05torimabo_08_4_11.JPG


山葵と醤油も良いが、中トロをさらに濃厚にする黄身醤油で♪
06torimabo_08_4_11.JPG


07torimabo_08_4_11.JPG


正にありあわせで作る、元祖麻婆である。
ちょっと見栄えしないが、家内と息子には大好評であった♪
08torimabo_08_4_11.JPG






 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。