--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.14

京筍をいただく♪

00take_udon_08_4_14.JPG
【京筍の肉南蛮うどん】
まずは、堅い部分を出汁(昆布、鰹出汁、酒、みりん、濃口醤油)で煮込み、豚肩ロース薄切り肉と長ネギを煮込んで♪

先日goro'sで飲んでいたら、常連さんの京都出身の女性と意気投合。
何故ならなんとこの方、ディープな “ 富士丸な日々 ” ファン。穴澤の書籍もDVDも熱心にチェックしているそうで、「N師匠さんですか!」ってな感じではじまり、「富士丸な日々も、N師匠のブログも読んでます」な〜んていわれ、多いに盛り上がってしまった。

01take_udon_08_4_14.JPG


この方が、届いたばかりの京都の筍をお店に差し入れ。
僕も一本だけ、お裾分けしていただきました。

02take_udon_08_4_14.JPG


ってことで、今年我家のお初の筍料理。
でも、京都産の筍って、小さいんですね。なのでうどん2種で楽しみました。

【京筍のざるうどん】
つけ汁は、昆布とアゴの出汁。
沸騰したミリンに点火して、アルコールを飛ばした煮きりみりんに同量の濃口醤油を加え、筍の柔らかい先の部分を加えて煮る。
03take_udon_08_4_14.JPG


冷たいうどんを温かいつけ汁で♪
05take_udon_08_4_14.JPG


04take_udon_08_4_14.JPG


どちらも京筍の風味と食感が、美味しゅうございました♪
今度、間違いなく穴澤のサイン本を進呈しますね!





 ←美味しかったら、ポチッと♪





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。