--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.25

四川一貫。/美味いタンメンを探す旅(番外編)

01sisenikkan_08_4_25.JPG

毎週木曜夕方の神保町出向の楽しみは、美味いタンメン探しのB級グルメ。
以前、徳萬殿を紹介したが、さらに上のタンメンもあるらしい。しかし、それらしき店が「都合によりしばらく休業致します」の貼り紙……。

02sisenikkan_08_4_25.JPG

それでも早めに出かけ、三省堂本店辺りを基点に、古本屋を冷やかしつつ彷徨い歩きます。
そんな中、かなり歩いて見つけた四川一貫

僕が歩き回る時間は、17時過ぎ。
ちょうど夜営業がはじまってすぐ。客は僕だけで写真撮影も気兼ねなくできる。
唐辛子のような真っ赤なテーブルが並ぶ店内は、こじんまりした町の中華屋さん。

03sisenikkan_08_4_25.JPG

調べてみたら、本場で修行した店主の料理は知る人ぞ知る域にあるらしい。
いつも神保町界隈で食事するとき、惜しいのは18時からの出向仕事前なので酒類を飲めないってこと。
メニューには美味しそうな料理が並んでいるが、ぐっとこらえてラーメン+炒飯のB級グルメに甘んじなければならない。

00sisenikkan_08_4_25.JPG

ってことで、坦々麺(四川風辛しそば)とお約束の玉子入り炒飯を注文。
まず、坦々麺(四川風辛しそば)登場。
結論からいうと、これは担々麺ではありません。
お馴染みの芝麻醤(チーマージャン)を使っていないので、胡麻の香りがありません。
四川の担々麺はこうなのだろうか?

04sisenikkan_08_4_25.JPG

いずれにせよ、僕らが通常思い浮かべる担々麺とは違います。
普通に四川風辛しそばといわれた方が納得できると思うが。
豚挽肉とキャベツを豆板醤で炒めた餡(とろみはなし)が乗る、汁ソバ。
餡の辛味で、スープのベースが確認できないが、見た目と違いさっぱりしています。
トップ画像で確認できますが、塩ベースの透明なスープです。
食べはじめる前に、パートらしきオバちゃんから卓上の辣油を薦められたが、なるほど辣油をプラスして、やっとパンチが効いてくる。
奇しくもこれは、辛しタンメンといえるのではないか?
化調のクセを頭の片隅に追いやれば、けっこう美味しいスープではある。

05sisenikkan_08_4_25.JPG

麺はほど良い加水の効いた細めのストレート。
表面には微細なざらつきがあり、これがスープをよく絡める。
細麺ながら、適度なぷりぷり感と腰のある茹で加減で、かなり好み♪

06sisenikkan_08_4_25.JPG

そして、玉子入り炒飯。
これも、さっぱり味。油が気にならず塩加減も心もち薄め。
玉じゃくしで固めてなくて、フワッと盛られた量も控えめ。単品なら女性向きな量である。
辛い汁ソバと調度良い満腹感。

食べながら店員さんたちの無駄話し(これは有名らしい)をそれとなく聞いていたら、博報堂などの企業がグループで使うらしく、ディナーのときは電話確認、要予約のほうが安全かもしれない。

四川一貫:坦々麺(四川風辛しそば)¥730 玉子入り炒飯 ¥730
評価:★☆

さらに、美味いタンメンを探す旅がつづく。


【四川一貫】
東京都 千代田区 神田美土代町11-1
TEL . 03-3291-9787
11:00~21:00
平日15時~17時 休憩
(ランチタイム)11:00~15:00
※ランチタイムは、一品料理は不可 めんと定食のみ
日祝、土曜日は15時まで
07sisenikkan_08_4_25.JPG







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。