--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.19

行者飯♪

00gyoujyamesi_1401.JPG

今年も北海道の母が、行者ニンニクを送ってきました。
北海道ではアイヌネギとも呼ばれる行者ニンニクは、

ニンニク同様、アリシンを豊富に含んでおり、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させる効果があり、血小板凝集阻害活性のあるチオエーテル類も含むため、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果がある。(ウィキペディアより)

というように、非常に栄養に優れ、行者が携行したのではないか? という命名の由来も納得できるというもの。

先週末土曜。
本日、足柄にバス遠足の息子が風邪気味。
こりゃ、いかん!
なんとか体調を回復させなければ……。
ならば、行者がきっとこうしたでろうというイメージのもと、名付けて行者飯というのを作ってみました。
行者ニンニクの炊き込み御飯でございます。
※ニンニクの芽で代用しても面白いかも。

まず、行者ニンニクの葉と茎部分を切り分け、茎部分は細かく刻んでおく。
01gyoujyamesi_1381.JPG

戻した乾燥キクラゲも細かく刻む。
02gyoujyamesi_1386.JPG

炊飯器に洗った米3合、分量分のアゴ出汁+薄口醤油、酒(一合あたり大さじ一杯づつ)をはり、刻んだ行者ニンニクの茎とキクラゲを乗せて、炊飯。
03gyoujyamesi_1390.JPG

炊きあがりに近づくほどに、特有の芳香が漂います♪
炊きあがったら、よく混ぜ合せる。
04gyoujyamesi_1391.JPG

いかにも行者が、このお握りを携行しそうでしょ?

最初に切り分けた葉の部分とヤングコーンの味噌汁。
味噌汁が特筆もので、ニラ以上に風味が豊かで甘味さえでます。
06gyoujyamesi_1395.JPG

右回りに、辛子明太子、しじみの佃煮、昆布の佃煮、蕗味噌(母が作ったもの)で、ガツガツ食いました。
07gyoujyamesi_1409.JPG

息子と家内も、三膳も食ってましたよ〜♪
05gyoujyamesi_1404.JPG





天然 !朝採り !即発送 ! 北海道産【行者にんにく】20束 1kg








 ←美味しかったら、ポチッと♪



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。