--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.10

フジヤマ製麺♪

00fujiyama_2120.JPG

梅雨時の谷間、暑さも茹だる今日この頃。
炎天下、街を彷徨っていると、つい辛いものが食べたくなる。

中目黒駅からごく至近距離に位置するフジヤマ製麺は、確か3年前の暮れにオープンしたつけ麺専門店。
近いのでそのうちに、と思いながら3年の歳月が移ろい、店は順調に人気店へと成長。なにかと麺食いたちの話題に上る店となった。

先日、満を持しての入店。
調度正午を差し、界隈のサラリーマンのランチタイムと重なり、店内満員御礼。
独りだったので、3分ほどで着席。

01fujiyama_2142.JPG

マル特つけめんの大盛り300g(ランチタイム大盛りサービス)¥980+辛味(¥100)を注文し、店長から気軽に撮影許可を得る。
※店内写真中央奥に仁王立ちし、常に店内に気配りしているのが、若き店長。

02fujiyama_2123.JPG

日本一美味い麺作りを目指し、屋号にフジヤマとつけたとのこと。
店名に製麺と詠うだけあり、8年かけて研究したという麺。
国産の高級菓子用小麦粉を数種ブレンド。
3ミリ弱の四角い太麺は、昨今のつけ麺界では常識の範囲。
腰と咽越しは申し分ないが、意外につけ汁の絡みが悪い。

05fujiyama_2126.JPG

06fujiyama_2132.JPG

さて、そのつけ汁。
いきなりデフォではなく、辛味にしたのでなんとなく完食してしまったが、最後にスープ割りで確認。

07fujiyama_2137.JPG

白濁した豚骨主体の濃厚スープと、魚系の濃厚出汁のダブル。
これも最近では、当たり前なので特に驚きはなし。

03fujiyama_2130.JPG

04fujiyama_2135.JPG

別盛りで、豚バラ肉の煮豚、半熟味玉子、海苔、ボイルしたキャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラがつく。
これも平均的な仕上がり。願わくば、煮豚は炭火で炙って供するのをいとわないのが今流ではあるまいか?

感想としては、やはりこの手のつけめんは2000年初頭に話題を呼んだ、埼玉県川越市@頑者からの亜流的なアプローチは否めない。
ジャンク系である。

まだ一回の入店なので、採点はしません。もう少し、試してみます。



【フジヤマ製麺(ふじやませいめん)】
TEL 03-3715-0079
住所 東京都目黒区上目黒3-3-9 第2牡丹ビル1F
最寄り駅 東急東横線 中目黒駅
営業時間 11:30~24:30 火曜日11:30~15:45 18:00~翌0:30
定休日 年中無休
08fujiyama_2147.JPG







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。