--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.13

バカリ・ダ・ポルタポルテーゼ♪

00bacari_3497.JPG

先週末6月6日金曜日。
案内状が届いていた、Bacari da Porta Portes(バカリ・ダ・ポルタポルテーゼ )にて驢馬人さんricetta-casualeさんと会食。

01bacari_3490.JPG

元町中華街の名イタリアン、SALONE 2007のオーナー・シェフ平さんが、経営する渋谷の2号店。オペレーションの都合で平氏が夏頃まで、ここで腕を振るうとのことで、さっそく伺いました。

02bacari_3501.JPG


【大間の本鮪ほほ肉のタルターラ.トリュフの香り ¥1400】
ricetta-casualeさんの到着が遅れたので、コース前に空腹な野郎2人は前菜を一皿注文。
なんと大間の本鮪のほほ肉をタルターラ(タルタル)、隠し味の白トリュフオイルがほんのり香り、食欲を増幅させます。
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪




いよいよコースのスタート♪

05bacari_3507.JPG


【北海道産えぞ鹿の自家製スモーク.カルネサラータ】
前菜4品のうちの一皿目。
スモークした蝦夷鹿肉の生ハム(カルネサラータ)を、シンプルにオリーブオイルとイタリアンパセリを添えていただきます。
鹿肉が野趣味に富み、牛でも豚でもない味わいが非常に美味♪
06bacari_3518.JPG

↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪


 
【シチリアの空豆の冷たいズッパ “ マッコ ” 】
前菜2皿目。
空豆の冷たいスープ(ズッパ)ですが、魚の出汁が効いています。垂らしてあるオリーブオイルと、中に沈むクリーミーなマスカルポーネチーズが沈んでいます。
マスカルポーネチーズは、乳脂肪分80%前後で天然の甘味をもち、固めに泡立てた生クリームのようなイタリア原産のクリーム・チーズ。
魚出汁と空豆だけでも充分に香り高いが、マスカルポーネチーズがさらにそれを引立てる♪
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪



パンが登場。
自家製の、揚げパンのようなフォカッチャとレーズン入りのパン。
平氏お得意のパンが、非常に美味しく、これだけで赤ワインがすすみます♪
11bacari_3536.JPG


【Sicilia Carricante La Calabretta /シチリア カリカンテ ラ・カラブレッタ】
カラブレッタ家により年間12,000本のエトナDOCのみが生産される、ネレッロ・マスカレーゼ100%の赤ワイン。
僕らの来訪を知った、SALONE 2007のソムリエ&マネージャー藤巻氏が、わざわざ手を回して選んでくれたワイン♪
12bacari_3537.JPG
 

【アンティパストミスト】
前菜3皿目であるが、普通この皿だけで前菜なのではなかろうか?
13bacari_3544.JPG

なんとゴボウのアラビアータ。
この発想には脱帽。これはパスタにも応用できますね♪
14bacari_3546.JPG

ナスのソット・アチェート(野菜の酢漬け)。
オリーブ・オイルが絡めてあり茄子の甘味が引き出されている。
15bacari_3548.JPG 

カボチャはバター煮。ほんのりとバニラが香ります。
子供の頃、カボチャの煮っころがしばかり食べたせいか、あまりすすんで食べない僕にもこれは美味しい♪
16bacari_3550.JPG


【コロダイのシチリア風カルパッチョ】
さらに前菜4皿目である。
健啖の僕には嬉しいボリュームである♪
17bacari_3551.JPG

長崎産のコロダイ(胡廬鯛)。
血合いのうす紅と身の透明感が美しく、鮮度を感じさせる食感がたまりません。
そこにディル、セルフィーユ、イタリアンパセリなど5種類のハーブ。
オイルにはドライのタイム、オレガノ、フェンネルが香り、さらに広島のオレンジ、アーモンド・スライスが決してコロダイを殺さない名協奏曲を奏でる。
18bacari_3557.JPG
 
それだけでも凄いのだが、中には平シェフの故郷山形産のオイルドされたタラの芽、行者にんにく、コゴミが仕込まれている。
詰まり、山菜が隠されたオルゴールの小箱のような、視覚・味覚・臭覚、そして聴覚までも刺激されるような素晴らしい逸品♪
19bacari_3559.JPG


【長野産極太グリーンアスパラのフリウラーノソース】
根元の堅い皮を丁寧に下処理してあるボイルしたグリーンアスパラのサラダ。
イタリア白ワインの聖地フリウリのビネガーと、卵黄、エシャロットを加えたフリウラーノ・ソースでいただきます。
さらにナツメグ、白トリュフ・オイルが乗り、一見では想像もできない完成度を構築しています♪
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪


 
【やんばる豚のサルシッチャと茄子のラグー.ペコリーノ風味】
シチリアのパッキーノ村のトマトをベースに、2色のパプリカとやんばる豚のサルシッチャ(ソーセージ)、茄子でまとめたラグー・ソース。
たっぷり乗っているのは、ペコリーノ・ウンブロエトルスコという山羊のチーズ。
23bacari_3569.JPG

SALONE 2007の濃厚なラグーとは違い、長時間煮込んでいないライトなソースがまた味わい深い♪
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪



【佐島産スズキのアクアパッツァ】
アクアパッツァとは、魚介類(白身魚と貝類)をトマトやオリーブなどとともに水で煮込んだ定番イタリア料理。
25bacari_3577.JPG

ふっくら絶妙な火加減のアサリ、トマト、オリーヴ、ケッパー、イタリアン・パセリを脇役に回し、脂の乗った佐島港のスズキをいただくという贅沢なメイン。
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪


平氏が、アクアパッツァ修行時代に教わったという料理。
「バカリで、こういう真っ当なものを真っ当に作っていると、SALONE 2007での創作イメージが逆に広がる」と仰っていました。

【ミニデザート】
↓画像にマウス・オンすると、別画像が見れます♪


赤葡萄のムース。
31bacari_3595.JPG

冷たいティラミスのカッサータ(アイスケーキ)。
32bacari_3597.JPG

スポンジケーキと生クリーム・ソース、蜂蜜。
33bacari_3600.JPG
 
いかがでしたか?
これで、¥3000のコースでございます。

ディナーで、¥3000?
正直、品数が押えられているのだろうと、高を括っていたんです。
驚きのコストパフォーマンスでございます。

しかも僕らが行った日は、6月7日までのサービス期間で、¥500引き!
さらにパン代¥500が、無料!!
〆て、なんと¥2000のコースだったのです♪

34bacari_3604.JPG

お得なランチも好調だそうですが、通常料金¥3000だとしても破格のディナー・コースである。
大丈夫なんですか? と質問する僕らに、

「バカリは、そこが売りなんです!」

と気さくに応じる天才平シェフ。
貴方は、偉い!

 
Bacari da Porta Portes(バカリ・ダ・ポルタポルテーゼ )
住所:渋谷区宇田川町36-6ワールド宇田川ビル2F
電話:03-3462-2277
定休:月曜
営業:12時~15時/18時~24時






 ←美味しかったら、ポチッと♪

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。