--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.04

自作らーめん2種+鯛飯♪

00taimesi_08_6_4.JPG

冷やかけに凝っております。
前回紹介した自作冷やかけの発展形。
冷やかけ汁に干しエビを加え、コクを増しました。

トッピングには、ジュンサイ、昆布(出汁に使ったものを刻み、ミリンと濃口醤油同量に漬けておく)、干しエビ(出汁に使ったもの)、白髪ネギ、紅い柚胡椒。
純度の高い菜種油を使うのが、ポイントです♪

んな感じで、土曜の暑い朝に一生懸命に創意工夫している親父に、息子はぬけぬけという。

息子「お父さん、冷たいのに凝ってるねえ。でもらーめんは普通の温かいのが好きなんだけどな」

01taimesi_08_6_4.JPG

君の嗜好はわかってるの。だから君の大好きなジュンサイを使ったのよ……。
やれ、つけ麺は嫌だ。
うどんも蕎麦も、温かいほうがいい。
パスタは青カビのクリーム系だ!
とかなんとか、一丁前のこというのである。
大体、いつも同じもん作ってたんじゃ、ブログのネタにならん!(本音)

さて鯛煮干で、鯛飯を作ってみた。
超簡単!
洗った米と、水、そこに酒・薄口醤油(米一合あたり大さじ一杯)、あとは昆布、鯛煮干を乗せて、炊きあげるだけ。

02taimesi_08_6_4.JPG

03taimesi_08_6_4.JPG

鯛のいい香りが漂っています♪
美味しい奈良漬けで、いただき……、

息子「お父さん、骨入ってないだろうね?」

そういうと思って、鯛煮干の身は使わずに、出汁にだけ使ったのよ。

息子「あ、そう。じゃあ鯛茶飯だ!」

04taimesi_08_6_4.JPG

近頃、中坊になったせいか、いちいち小うるさいのだ……。

翌日曜のブランチ。
前回と同様の冷やかけのためのスープに、冷凍してあった鶏ガラを投入し、臭み消しのネギ(青い部分)、生姜、ニンニクを加え、温かいらーめん用スープを作る。

06taimesi_08_6_4.JPG

前日買っておいた大量のもやしを炒め、もやし肉麺♪
前日の鯛飯と一緒に、いただき……、

05taimesi_08_6_4.JPG

息子「お父さん、今日の麺はどこの? 僕最近△△麺飽きてきちゃったよ〜」

そういうと思って、今日は君の好きな○○細縮れ麺と、△△中太麺の混合なのさ!
そんな会話を上の空で聞きながら、家内はらーめんをすすっている。
後日、

息子「お父さん! 昨日の晩ご飯にお母さんが!!」

えっ?
鶏うどんの乾麺に、茹で時間の違う麺をダブルで使ったって?
そりゃ、無謀だろう。

家内「だって、あなた違う麺を混合で使っていたじゃない」

息子「お母さん、あれは細縮れ麺と中太麺のダブルで、中華麺だから!」

中坊に突っ込まれまくりの、我家である……。

07taimesi_08_6_4.JPG







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。