--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.05

韓国家庭料理 海慶園/夏の男呑み♪

00kaikei_08_8_5.JPG

昨夜は、SALONE 2007のオーナー・シェフ平氏と、マネージャー藤巻氏、驢馬人さんとで夏の男呑み!

場所は7月より平氏がオープンした、純然たる韓国焼肉店『海慶園』。
最寄り駅は丸ノ内線の中野新橋。渋谷から福都心線を使えば、驚きのアクセスでした。
元々の経営者が他所に移転したため、居抜きで平氏が運営。
とはいっても、メニューは厳選した平氏流の固定メニュー。

01kaikei_08_8_5.JPG

炭火網焼き主流の焼肉界において、石鍋で供するところがシブい。
網焼きだと肉の脂に点火し、焦げてしまうが、石鍋は熱効率も良く理想的。
この石鍋が大活躍します。
テーブルには、油とチベットの岩塩。

02kaikei_08_8_5.JPG

03kaikei_08_8_5.JPG

【タコとキュウリのキムチ和え、白菜キムチ、カクテキ、だだ茶豆、ナムル】
白菜キムチはアミの塩辛が香り、甘さと酸味と辛味が調和した絶品。
ナムルはメリハリの効いた塩梅がまた美味い♪
04kaikei_08_8_5.JPG

【韓国風長崎産鰹の叩き】
鰹の叩きも、韓国風味噌ダレでいただくとまた新鮮です♪
05kaikei_08_8_5.JPG

辛いものを食べて、汗を拭き拭き、マッコリが進みます。
無論、会話もね♪(左、平氏。右、藤巻氏。)
06kaikei_08_8_5.JPG

【豆腐チゲ】
野菜と豆腐を卵でとじただけのチゲ。これが濃くがあり驚きの美味さ!
07kaikei_08_8_5.JPG

08kaikei_08_8_5.JPG

【サガリ(アンガス牛)】
横隔膜の肋骨側の厚い部位。ハラミに近い味わい。
09kaikei_08_8_5.JPG

【ロインロース(アンガス牛)】
これは平氏の2店舗目であるバカリ・ダ・ポルタポルテーゼで先日いただいたメインと同じサーロイン。サシが均一に回り、絶品です。
10kaikei_08_8_5.JPG

【インサイド(アンガス牛)】
大腿の内側の部位。ジューシーな赤味♪
11kaikei_08_8_5.JPG

アンガス牛とは、英国産アバディーンアンガス牛を明治時代に和牛とかけ合わせた無角牛で、現在北海道、山口県で盛んに生産される世界的な和牛のニュー・ウェイブ。自然交配で生産され、ミネラルが強いビール粕を飼料に使うことで健康にも優れた安全な肉とのこと。
海慶園では、ご覧のように醤油だれがありません。
全ての肉は、岩塩と胡椒のみふられ、肉の旨味だけがステーキ感覚で味わえます。

【イベリコ豚、野菜(茄子、ズッキーニ、ピーマン)】
いつも思うが、牛を食ったあとの豚とか鶏って、美味しいとこ独り占めって感じだね♪
茄子は生食可のもの。ズッキーニがずんぐりしていて面白い。
13kaikei_08_8_5.JPG

14kaikei_08_8_5.JPG

実はフランス修行3年半、イタリアで2年半と、フランス語はほぼネイティブな平氏は、大のアメリカ大好き人間だったりする。
そして、藤巻氏はデビュー前のZOOのダンサーだったことが発覚!
さすがに藤巻氏のZOOは、YouTubeにも動画はありませんでしたが、これだから、男呑みはやめられない♪

12kaikei_08_8_5.JPG

【ネギ塩だれ(胡麻油)】
15kaikei_08_8_5.JPG

【韓国風大根おろし】
16kaikei_08_8_5.JPG

【焼きめし】
〆の焼き飯は、まず石鍋にキムチ他の余ったたれを敷き詰め、御飯を乗せ、これまた余ったナムルなど残り物を全てぶち込む。混ぜながら炒め、鍋底でお焦げが出たあたりで韓国海苔を散らして(トップ画像)いたたきます。
これ、海苔の風味が香ばしく、めっちゃ旨し!
17kaikei_08_8_5.JPG

18kaikei_08_8_5.JPG

通常、平氏が1号店をオープンしたときの創業メンバーだった古川氏が切り盛りしています。
地元の方々に独占させておくには、もったない店。渋谷からもアクセスしやすいので、また脚を運びたいと思います。

ごちそうさまでした〜♪



韓国家庭料理 海慶園
住所:中野区本町3-12-10ハイム中新101
電話:03-3375-0112
店長:古川直人(090-6119-7010)
定休:火曜
営業:17時~深夜0時ごろ
19kaikei_08_8_5.JPG








 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。