--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.02

らーめんスープで、おでん♪

00ra_ode_08_11_21.JPG

ワンパターンになりがちなので、最近自作らーめんを紹介していません。
でも、相変わらず作っています。
本日は、らーめん用に仕込んだスープの応用編。

【鶏ガラスープ】
鶏ガラを水から煮る。沸騰したら一度茹でこぼし、ガラの内蔵を取り除き(グロいので同士のサイトを参照して下さい)流水で洗う。
再度水から煮出して1時間経ったら、ニンニク、生姜、玉葱、人参、鷹の爪、酒少々でさらに30分。ここで長ネギの青い部分を投入し、さらに30分煮る。
野菜は香味系ならなんでも。キャベツ、白菜の芯なども良い。
最後の長ネギの代わりに、セロリの葉、パセリの軸でも良い。
01ra_ode_08_11_21.JPG

【魚介スープ】
昆布、干し椎茸、鰯煮干(頭と内蔵をとり除く)、鰹厚削り、帆立貝柱、干し海老を水に一晩漬けておく。時間がないときは水から煮出してもOK。
いずれの場合も、1時間は煮る。
02ra_ode_08_11_21.JPG

この鶏ガラ&魚介スープを丼で配合(ダブル・スープ)して、例えば自家製メンマ味噌らーめんなどにします♪
03ra_ode_08_11_21.JPG

スープ(出汁)は、料理の命。これ世界共通です。
手間暇かけただけの恩恵はあります!
例えば、このスープで各種おでん種を煮込むと、そりゃ美味しいに決まっている。
ダブル・スープに、酒、塩、薄口醤油で調味。
04ra_ode_08_11_21.JPG

えっ? 各材料の分量ですか??
味覚は人それぞれ。
料理は試行錯誤が楽しいのです。
仕事ではなく、自由に絵を描くような気持ちでお願いします。

ほらね。牛スジからも、さらに旨味が沁みだします。
翌日も、全く違う種でおでん♪(トップ画像)
卵は鶏ガラスープを煮ているときに、殻のまま好みの時間茹でておくと便利。

05ra_ode_08_11_21.JPG


寒くなってきました。
おでんの季節ですね。







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。