--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.05

らーめんスープで、アクアパッツァ風スープパスタ♪

00su_pa_08_12_5.JPG

常々アクアパッツァとパスタを組合せてみたいと考えていました。
リストランテで刺激を受け、あれやこれやと我流で試すのは、僕の場合週末の朝。限られた材料で、いざ挑戦。

本日の我家の備蓄食材は、左からケッパー、オリーブ、カッペリーニ、ホワイトアスパラ、アサリ水煮缶、ピーマン、トマト、ニンニクである。
出来るのか? アクアパッツァ風・・・。
01su_pa_08_12_5.JPG

とりあえず、EXヴァージン・オイルでニンニクを炒め、さらにホワイトアスパラを炒める。
02su_pa_08_12_5.JPG

ケッパーとオリーブを投入。オリーブの香りがたまらない♪
03su_pa_08_12_5.JPG

トマトを加え、さらに炒める。
04su_pa_08_12_5.JPG

トマトを煮崩さないで、アサリを煮汁ごと入れ、ピーマンも投入。
ここで、白ワインと前回で使ったらーめん用スープをひたひたになるぐらいに入れて、蓋をして弱火で少々蒸煮。調味は塩のみ。
(スープ投入写真はありません。急いでいるので)
05su_pa_08_12_5.JPG

06su_pa_08_12_5.JPG

茹で時間2分のカッペリーニを1分茹で、先ほどのソースと加熱したまま絡める。
食卓で、黒胡椒を挽いていただきます。
07su_pa_08_12_5.JPG

アクアパッツァとは、伊語で「奇妙な(風変わりな)水」あるいは「狂った(暴れる)水」という意味。

本来は魚介類(白身魚と貝類)を、トマトやオリーブなどとともに水で煮込むのだが、週末の朝に生の魚もアサリもあるわけがない。

白身魚やアサリから滲みだす出汁が、ただの水を “ 風変わりな水 ” に変身させるのがアクアパッツァ。
らーめんスープは、鶏と魚介のスープである。このスープを使うことで白身魚がなくとも充分に旨味が凝縮した、アクアパッツァ風が再現できるわけ。

盛りつけはらーめんっぽいが。
気軽で簡単、正に家庭のスープパスタ!

08su_pa_08_12_5.JPG







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。