--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.13

鶏もも肉のトマト煮♪/活力鍋調理(2)

↓画像クリックで、正規サイズになります
00katuryoku_09_04_13.JPG

活力鍋調理弟2段!

まずは活力鍋底に、タマネギ(大1個)粗微塵切り、ニンニクと生姜微塵切り、エシャロット微塵切りを敷き詰める。
01katuryoku_09_04_13.JPG

さらに塩・胡椒した鶏もも肉(骨つき4本)を並べ、切り分けたトマト(2個)を乗せる。
02katuryoku_09_04_13.JPG

さらにニンジン(1本)、メークイン(4個)を乗せ、塩、タイム(ドライ)、バジル(ドライ)、ローズマリー(ドライ)と、赤ワイン(カップ1)を投入。
03katuryoku_09_04_13.JPG

蓋をして強火で加熱。重りが振れ出したら弱火で15分加熱後、火を止める。
弁が下がるのを待つ(15分前後)。
04katuryoku_09_04_13.jpg

その間に、ツブ貝でも料理しますか♪
殻をトンカチで割り、身とキモに切り分ける。
身は半分に切り、白いワタを取り除き、オレガノ(ドライ)、塩、刻んだイタリアンパセリ、レモン汁、フラントイアで20分マリネ。
↓画像クリックで、正規サイズになります
05katuryoku_09_04_13.JPG

キモはタマネギ・スライスとスープ・ストック(コンソメでも可)で煮て、粗挽き黒胡椒、塩で調味。隠し味に薄口醤油少々。小ネギを飾って。
↓画像クリックで、正規サイズになります
06katuryoku_09_04_13.JPG

さて、活力鍋の仕上がり具合。
赤ワイン1カップだけですが、野菜が煮溶けてこれだけのソースになります!
かき混ぜると、鶏肉、メークイン、ニンジン以外の形は崩れます。
トマトケチャップ(大さじ3)、ウスター&おたふくソース(大さじ1ずつ)、塩で仕上げの調味をして、蓋を外したまま10分ほど煮含める。
07katuryoku_09_04_13.JPG

鶏もも肉はほろほろ。骨もその気になれば食べられます♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
08katuryoku_09_04_13.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
09katuryoku_09_04_13.JPG




SOL(世界オリーブオイル展示会)金獅子賞受賞!バルベラ社「フラントイア・エキストラ・ヴァージ...







 ←美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。