--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.20

自家製パンチェッタのクリームパスタ。

00be-kon.JPG


以前、自家製生ハムのリゾットを披露したときに、既に考えていた自家製パンチェッタのパスタです。今回は学習して、ローリエとタイム、粗挽き黒胡椒、塩なぞ使ってみました。


01be-kon.JPG


02be-kon.JPG

1.シュガーレディの豚もも肉ブロック(何でもよい)に、塩・粗挽き黒胡椒・ローリエ・タイムをまぶして、ピチットシートで包む。


03be-kon.JPG


04be-kon.JPG

2.毎日ピチットシートを取り替えて、4日経ったら(好みでよい)食べやすい大きさにカット。


05be-kon.JPG

3.北海道の筍も食べやすい大きさにカットしておく。


06be-kon.JPG

4.エキストラバージンオイルで2.3を炒める。


07be-kon.JPG

5.炒まったら、酒を入れ少々煮てから生クリームを入れて塩で調味。


10be-kon.JPG

6.茹でたてのパスタを湯切りして5と合わせ、手早く混ぜながら炒め、水分をパスタに吸収させる。


08be-kon.JPG


09be-kon.JPG

7.グリーンペッパーを潰して、たっぷりかけていただきます。

12_1237.JPG



【自家製パンチェッタ味噌味】
これはトンカツ用のロース肉を水で少々のばした味噌をぬって、ピチットシートで作ったパンチェッタのパスタ。

13be-kon.JPG




市販の生ハムやパンチェッタ(豚塩漬け)は、添加物や防腐剤の宝庫である。
以前厚労省の統計を担当している大学の先生と呑んだことがある。
添加物・防腐剤が人体におよぼす影響について質問した。
答えは、
「正に統計データを集積している真っ最中だよ」
つまり、人体実験中だそうです。。。
当然その先生も無添加志向でした。

ピチットで手作りすれば、安心して食べられるってもんだ。

ピチットシート
ピチットシート





banner2.gif
※お約束ですが、一つ!


スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://boss48siki.blog47.fc2.com/tb.php/47-c7b9e4a0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
群馬に住んでいるけんたろうといいます。
不定期に前橋市内と高崎市内で料理教室と研究会を行っているので、最近ではピチットが大人気で足りなくなってきて、値段が高いのである取扱業者に相談して、2008年10月から定期的にシートタイプのピチットのみ、600円で仕入れる話がつきました。
しかし、100セット単位での購入なので、今の現状、消化できない可能性が高いので、もし、ご入用の方がいらっしゃいましたら、メールいただければ10月から仕入れて以降、同じく600円でお分けしたいと思いまして、ご協力いただける方おられましたら幸いです。

ken-a_a@sea.plala.or.jp

600円のほかにはメール便の80円と振込手数料をご負担いただければ結構です。実質800円くらいでしょうか…※みずほ銀行とジャパンネットバンクとe-bankです。

まとめ買いとしては、1cmまでは80円ですので、数セット入れられると思います。
2cmまででしたら160円です。
ヤマト運輸のHPにメール便の詳細が載っています。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html#sokutatsu

シートタイプは現在は手元にないため、1cmあたり何セット入るか定かではありませんが、詳細はご希望メールいただいた方には10月入荷以降に改めてご連絡いたします。

そのうちオークションにも出す予定ですが、手数料等を考えますと、700円くらいにはなると思います。

私の教室に関しても、100枚単位での毎月の入荷に正直不安であり、利益なしでいいので、いくらか手伝っていただければという思いでございます。

商売でもありませんので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。
Posted by 豚料理大好きシェフ at 2008.09.17 09:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。