--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.31

覆麺/7月限定麺。アンガーラ♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
00fukumen_07_31.JPG

月末の土曜は、ご存知「覆麺」の限定麺の日。
7月25日(土)は、開店一周年スペシャルである!

僕は毎週木曜夕方、仕事で神保町に行った折り、隔週ペースで夕食がてら通っているわけだが、そのたびにミスターホワイト氏が、
「息子さん元気ですか? 今月の限定麺にはまた来れますか?」
と、聞かれるのでもう行かないわけにもゆかない・・・
ってわけで、またもや息子を伴って行ってまいりました!

01fukumen_07_31.JPG

今回の限定麺は題して、「水戸黄門ラーメン」。
いにしえの1995年。
水戸黄門こと徳川光圀が、中国より招いた儒学者・朱舜水の作った「汁そば」を食べたという記録があり、あくなきラーメン道探求者であるミスターブラック氏が、開店一周年記念にそれを再現するという企画。

02fukumen_07_31.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
04fukumen_07_31.JPG

ホタテ(乾燥貝柱)、丸鶏、蛤を主体に、今回も豪華食材を使ったスペシャルスープである!

↓画像クリックで、正規サイズになります
03fukumen_07_31.JPG

蒲鉾、蛤、鶏もも肉のソテー、メンマ、海苔、ネギという構成。
この鶏肉が柔らかくて美味い♪
スープの印象は、関東風のうどん・蕎麦のつゆに近く、和風な塩っぱめスープである。

↓画像クリックで、正規サイズになります
05fukumen_07_31.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
06fukumen_07_31.JPG

↓画像クリックで、正規サイズになります
07fukumen_07_31.JPG

そして、なんといっても覆麺のこの麺が素晴らしい♪
今時の湿気や気温に合わせて加水率を調整しながら、冬場より少々細めになっており、しっこりしゃきしゃきなのに、なんの抵抗もなく咽を過ぎ、快適に胃に滑り込んでゆくのである。
箸で多めに麺をすくい、軽く咀嚼し、一気にごくんとしたときの咽越しの良さは、他に類を見ないできばえ!

今回も息子共々、美味しくいただきましたガ〜ラ♪

08fukumen_07_31.JPG



過去の覆面レポ♪
1. アンガーラ!/謎の覆麺・・・。
2. 速報! 覆麺の塩パイタン♪
3. 覆麺/GWスペシャル♪
4. 黒帯五段獲得♪ アンガーラ!/覆麺。
5. 覆麺の限定牛骨ラーメン♪
6. 覆麺/6月限定麺。アンガーラ♪



【覆麺(ふくめん)】
住所:東京都千代田区神田神保町2-2 
TEL:非公開
営業時間/11:00〜22:00
11:00〜21:00(土・日・祝日)
定休日:不定休
09fukumen_07_31.JPG








美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。