--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.28

らーめん屋台屋♪

00yataiya_09_08_28.JPG
「先輩。麺好きですよね?」
「おう。noodlesだからな!」
な〜んて会話で、旧友hideが今回案内してくれたのは、南武鶏の丸鶏スープで名を馳せる「らーめん屋台屋」。

この店、なんと前回hideが教えてくれた「上馬 そば蔵」の左隣りにある。
聞けば、元はそば蔵のオーナーが経営していて、8年ほど前に今の店主が引き継いだそうで、そば蔵と同じ製麺所を使っているとのこと。

まずは生ビールで乾杯♪
メニューを見ると、おつまみも充実している。

【自家製餃子¥420】
こんがり焼きあがった、餡がジューシーな焼き餃子。
紹興酒(常温)が進みます♪
↓画像クリックで正規サイズになります
01yataiya_09_08_28.JPG


【豚耳¥450】
八角を効かせて煮込まれたもので、ほんのり台湾の香り。
スィートチリソースと醤油ダレを好みでつけていただきます♪
↓画像クリックで正規サイズになります
02yataiya_09_08_28.JPG


【青菜炒め(チンゲンサイ)¥450】
この店自慢の丸鶏スープと白胡椒が刺激的な一皿♪
青菜炒めはスープが命です!
↓画像クリックで正規サイズになります
03yataiya_09_08_28.JPG


【特製チャーシュー¥650】
これヤバうまです! ラーメンに乗せているのはモモ肉のチャーシューで、このおつまみ用は肩ロースを使用。
柔らか過ぎない適度な歯ごたえが素晴らしい。たっぷりの白髪ネギを乗せていただきます♪
↓画像クリックで正規サイズになります
04yataiya_09_08_28.JPG


ひとしきり飲んで話して、いよいよ〆のラーメンである。
なんといっても自慢の丸鶏スープを味わうには、具なしの湯麺(トンミン)¥480がお薦め。酒を飲まないときは、これと上記特製チャーシューを頼むのがベストかも知れない♪
↓画像クリックで正規サイズになります
05yataiya_09_08_28.JPG

山形の南部鶏をまるごと使い、煮たたせないでとる透明スープはまさに黄金色。
魚介系は一切使わない純正丸鶏スープだ。
タレは塩ベースで多少の白醤油も感じる。野菜と丸鶏の甘味がたまらない♪
↓画像クリックで正規サイズになります
06yataiya_09_08_28.JPG

麺は、そば蔵同様に信州八ヶ岳連邦の湧水で打った特注麺。
形状は違うが、「ZUND-BAR」の真空平打ち麺の食感に近く、高加水で透明感のある細ちぢれ麺。スープがよく絡み、なんの抵抗もなく完食♪
↓画像クリックで正規サイズになります
07yataiya_09_08_28.JPG

08yataiya_09_08_28.JPG


因にこちらは、hideの辛口ねぎセット麺¥750(セット麺+辛口ねぎ)。辛いもの好きを自称するhideは毎回これを食べるそうで、さらに大量の辣油を加えていたが、最後真っ赤になったスープを、「辛過ぎて飲めない」と呟きながら、のこしていた・・・
↓画像クリックで正規サイズになります
09yataiya_09_08_28.JPG


正直、こんな穴場があったとは!!
フランスのアートスクール時代は、ビストロで働いた経験ももつ、hideお薦めの店はやはりあなどれないのだ!
10yataiya_09_08_28.JPG
注)写真掲載は本人の了承済みです



【らーめん屋台屋】
住所/  世田谷区上馬4-11-26 パレス駒沢1F
アクセス/東急田園都市線駒沢大学駅より徒歩5分(上馬交差点を左折)
営業時間/11:30~翌2:00(月~木)
     11:30~翌4:00(金・土)
     11:30~翌1:00(日・祝)
定休日/ 第2火休
TEL/  03-3487-0960
地図



※右コラム内「カテゴリー」に、新たにhide Presentsを追加しました。



屋台屋 本店 (ラーメン / 駒沢大学、西太子堂)
★★★★★ 5.0









美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。