--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.25

味工房 酉の市♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
00torinoiti_09_09_25.jpg
hideお薦めグルメシリーズ! 大好評につき、hide本人も大喜び。
ってわけで、またまた彼お薦めの焼き鳥屋「味工房 酉の市」へ行ってまいりました♪

店内は古民家風。
焼き鳥店としては、ごくごくありがちな風情である。
が、そこが大事なのだ。入店したらコンクリート打ちっぱなしのお洒落な焼き鳥屋(バブル期によくあった)だったとする。
となると、値段は高いだろうな? とか、野郎同士でワイワイやれる店じゃないな? ってなことになる・・・

ところが入店すると、お約束の古民家風で、アット・ファミリーな店員さんたちが、それぞれの持ち場から「いらっしゃいませ〜!」と元気よく応じてくれると、こちらも自然に笑顔になり、「あ〜、来てよかったなあ」となるわけです。
今回の「酉の市」は、正にそんなお店。
仕事帰り、カップル、家族連れで賑わい、連休最終日20時半頃の来店だったがほぼ満席。地元の方々に愛されるお店のようです。


【とりわさ¥530】
鮮度の良い、大振りのササミ肉♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
01torinoiti_09_09_25.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
02torinoiti_09_09_25.jpg


【玉子焼き¥430】
出来たてあっつ熱で、登場♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
03torinoiti_09_09_25.jpg


04torinoiti_09_09_25.jpg
hideは生ビール¥500。僕はお酒(常温)2合¥800でスタート。
「焼き鳥は先輩にまかせます」と、hideがいうので、とりあえず16品すべてを塩で1本ずつたのみました。

【焼き鳥】(右手前から)
かわ¥160、ねぎま¥210、つくね¥250、うずら¥160。
(左手前から)
砂肝¥160、はつ¥210、れば¥160、はつもと¥210。
↓画像クリックで、正規サイズになります
05torinoiti_09_09_25.jpg


【焼き鳥】(右から)
やげん¥210、ぼんじり¥210、せせり¥210、なんこつ¥160、ささみさび¥250、ささみ梅¥250。
↓画像クリックで、正規サイズになります
06torinoiti_09_09_25.jpg


【焼き鳥】(右から)手羽先¥280、もも¥210。
↓画像クリックで、正規サイズになります
07torinoiti_09_09_25.jpg


焼き鳥は塩でいただくと、素材の味がよくわかります。放し飼いの地鶏は鮮度も良く、どれも平均以上の美味さ。この価格帯ならば誰もが納得するパフォーマンスである。(もも¥210は必食です!)

以前はhideもディープな常連だったそうで、店主さんのはからいで、懐かしい顔hideのためにだだちゃ豆をサービスしてくれました♪
食べやすいように、サヤの片側をカットしてあります。こんなところに店の真心を感じます。
08torinoiti_09_09_25.jpg


【丸ごとにんにく揚げ(信州味噌添え)¥430】
にんにく揚げと生味噌、相性抜群♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
09torinoiti_09_09_25.jpg


結局、hideが生ビール3杯、僕がお酒2合とラストに生ビール1杯。
お値段〆て¥7990なり。下記ネット情報の平均予算にほぼ嘘はありません。
安くて美味しく、気の置けない仲間とじっくりくつろげる「酉の市」。
特筆すべきは奇策な店員さんたち! ほんとに居心地の良い店である。

各種ワインが揃う会員制の高級店から庶民派な店まで、都内に無数にある焼き鳥店。
食べログでは酷評されていたが、僕は美味しくて居心地のいい「酉の市」のような店を愛します♪



【味工房 酉の市】
10torinoiti_09_09_25.jpg
住所/  〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-2-18
電話/   03-3410-8993
アクセス/駒沢大学駅 西口より 徒歩 1分
駐車場/ なし
営業時間/17:00~1:00 (火〜日、祝日)
定休日/ 月曜日
席数/  41席、(座敷)~17人
カード/ VISA / MASTER / UC / DC / JCB
平均予算/夜3.500円
メニュー/約70種、ドリンク約50種
地図






美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。