--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.02

発見! 大人のカジュアルレストラン♪

↓画像クリックで、正規サイズになります
00komazawa_09_10_02.jpg
とうとう新たなる「大人の新天地」を発見!

お馴染み旧友hideから「先輩。そろそろフレンチでどうですか?」と連絡があり、またまた行ってきました、駒沢大学。
しばらく躰を壊していたhideが、翌日から仕事に復帰することになり、そのお祝いも兼ね、駒沢大学駅裏の『Confl. Cafe&Brasserie』ヘ。

前回の「味工房 酉の市♪」から程近い、駅裏のこんなひっそりした住宅街に、ブラッセリーがあるなんて!
外観も正に大人が、ふらっと気軽に立ち寄れる風情。
因みにコンフルとは、フランス語の地理用語で『合流点』という意味。
「食材、ワイン、熱い生産者と私たち、そしてお客様の"合流点"となるお店」だそうな。

↓画像クリックで、正規サイズになります
01komazawa_09_10_02.jpg

まずは、hideがギネスビール¥850、僕がスパークリングワインのクレマン¥950で乾杯♪
オーナー兼ソムリエの倉田俊輔氏の説明を聞きながら、料理をチョイス。
(無論、スタンダードメニューもあり)
ブラッセリーということで、コースメニューはありません。
(コースメニューは要予約)
各料理のポーションは、ふたりでシェアして丁度良い量とのことで、前菜から3品、魚、肉と選びました。
(ひとりの場合は、ハーフポーションもあり)

【秋鮭白子の和風赤ワイン煮¥780】
実はここ『Confl. Cafe&Brasserie』は、オープン一年目。店舗自体は数年前より存在し、駒沢大学という熾烈な環境下で何度かオーナーが替わってきたそうで、いまのコンフルになってからは、hideも初の来店。
のっけから、思わずhideと「美味〜い」とハモってしまいました!
↓画像クリックで、正規サイズになります
02komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
03komazawa_09_10_02.jpg


倉田氏お薦めのグラスワイン(白)をいただきます。
(各種グラスワインは、¥700〜¥950ほど)
04komazawa_09_10_02.jpg


【鎌倉野菜のグリル フレンチソース¥1400】
新鮮な鎌倉野菜と山梨の野菜をたっぷりと使用することを売りにしているだけあり、素材の鮮度を最大限に生かし、ほんのりバターが香る、激ウマな一皿♪
ほんとに美味いです!
↓画像クリックで、正規サイズになります
05komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
06komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
07komazawa_09_10_02.jpg


最終の仕上げ焼きをして、あっつ熱で供されるパンは一個¥100。
オリーブオイルとバルサミコを添えていただきました♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
08komazawa_09_10_02.jpg


【白ツブ貝、キノコ、ジャガイモの南仏バター焼き¥1480】
新鮮野菜とツブ貝をソテーし、バジルバターソースを乗せてオーブンで焼いたもの。シメジ、椎茸とジャガイモの豊かな香りにツブ貝の風味、山と海がバジルバターソースにより合体した、まるで『サンダ対ガイラ』(知らないか・・・?)のような逸品♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
09komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
10komazawa_09_10_02.jpg


またまたお薦めのグラスワイン(白)。
ここんとこイタリアのビオを飲み馴れていたけど、フランスワインも個性豊かなものがあるんですね♪
11komazawa_09_10_02.jpg


【イナダのムニエル フレッシュトマトのバルサミコバターソース¥1900】
初見ではトマトソースが主張するのかな? と思ったら、どっこいイナダががっつり美味い♪
hideと「美味〜い」とハモりっぱなし!
↓画像クリックで、正規サイズになります
12komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
13komazawa_09_10_02.jpg


【えぞ鹿のロティ 赤ワインとフランボワーズのソース¥2300】
ロティ(roti仏)とは、焼いたものという意。
北海道から届く新鮮なえぞ鹿の焼き加減が抜群で、柔らかく、臭み一切なし。それでいてジビエの野趣味と、フランボワーズのソースがたまらない♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
14komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
15komazawa_09_10_02.jpg


赤ワインをグラスで。
倉田氏の葡萄の山地や品種説明に、フランス育ちのhideがうなずきながら、「先輩、これがいいですよ」とサジェストしてくれる。
16komazawa_09_10_02.jpg


【焼きモッツァレラとバニラアイス¥650】
砂糖をまぶし、こんがり焼いたモッツァレラの表面がキャラメリゼしていて、美味しい♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
17komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
18komazawa_09_10_02.jpg


食後酒はhideが、グラッパ¥900。僕はマール¥1000で。
某省庁の官僚だった父の関係で、フランスで生まれ育ち、高校時代のみ日本で、大学はフランスに戻りソルボンヌを卒業したhide。
パソコンに精通し、超ハイスキル。自作のスーパーマシンを操ります。
食事している傍で、在日のフランス人やアメリカ人の友達から電話が入り応じる姿は、正真正銘の帰国子女である。
19komazawa_09_10_02JPG.jpg


6人の会食には、落ち着いた雰囲気の個室もあります。
20komazawa_09_10_02.jpg


カウンター奥で、こちらを見てるのが、若きオーナー倉田氏。
イタリアンも含め色々な店で経験を積んできたそうで、フレンチに縛られない「欧州料理」を目指しているとのこと。
声が竹野内豊にそっくりなイケメンです!
↓画像クリックで、正規サイズになります
21komazawa_09_10_02.jpg
Confl. Cafe&Brasserie
お店のHPは、シェフのブログになっています♪



「先輩、滅茶苦茶美味いコーヒー飲みに行きましょう」と、
246をわたり、次にhideが案内してくれたのは、「エノテカバール プリモディーネ」。
なんと、雑誌「一個人」が、日本一美味しい珈琲ショップ21軒のひとつに選出した、各種メディアにも引っ張りダコの有名店。
↓画像クリックで、正規サイズになります
22komazawa_09_10_02.jpg

実は立ち飲みイタリアンバールであり、hideによると料理もそうとう美味しいそうな。(次回の宿題です)
イス席もありますが、チャージ料が入ります。男らしく立ち飲みがお薦め!

先ほどの「Confl. Cafe&Brasserie」が全席禁煙だったため、ゆっくりと煙草を喫いながら、名物のデザインカプチーノ¥400をいただきました♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
23komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
24komazawa_09_10_02.jpg

ここのオーナー芹沢氏もまたイケメン。常連のhide含め楽しい会話が弾みます。
これは、夏場限定メニューのソフトカクテルで、エスプレッソグラニータ¥500。
時期的にそろそろ終りのようですが、超お薦めです♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
25komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
26komazawa_09_10_02.jpg

↓画像クリックで、正規サイズになります
28komazawa_09_10_02.jpg
「エノテカバール プリモディーネ」


※登場する人物写真は、掲載許可済みです。

Confl. Cafe&Brasserie (欧風料理 / 駒沢大学)
★★★★★ 5.0





(おまけ)これはhideの愛犬ショコラ。
お茶目な、3歳のムスメで〜す♪
↓画像クリックで、正規サイズになります
29komazawa_09_10_02.jpg








美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。