--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.16

覆麺/9月の限定麺。アンガーラ♪

00fukumen_09_10_16.jpg
報告が遅れましたが、覆麺の9月26日のデスマッチは、
ビール20リットル、コンビーフ5グラムのスープと丸鶏その他魚介のダブルスープ!! ¥1000であった。

↓画像クリックで、拡大サイズになります
01fukumen_09_10_16.jpg

例によって息子と11時開店の30分前に到着。
先頭から3番目でしたが、その前に「整理券組」が、24名。
整理券組というのは、朝7時に整理券(24枚限定)を入手した人たちで、通常の客より先に入店できるシステム。
無論、整理券組=ディープな覆麺マニア(頑固マニア)の方々である。
せっかく30分前に並んでも、27番目になってしまい萎えるところではあるが、朝7時に整理券をもらいにきて、再び11時開店に集う熱烈さを思えば仕方がないか・・・

02fukumen_09_10_16.jpg

さて、いつもの大型の寸胴には、リンゴが浮かぶ丸鶏その他の魚介スープ。
僕の位置から撮影できなかったが、モヤシを湯通しする小型の寸胴の横に、ビール20リットル、コンビーフ5グラムのスープがあり、丼のなかでダブルスープに混合している。

↓画像クリックで、拡大サイズになります
03fukumen_09_10_16.jpg

ミスターブラック氏が、
「いつもぶっつけ本番で仕込むんだけど、なんとかかたちになるもんだね〜」
すると、ミスターホワイト氏が、
「ビール煮込んでるとき、匂いで倒れそうでしたよね!」
な〜んて会話をしてる。

いよいよ運ばれてきた今回の限定麺!(黒帯五段特典、青唐辛子入り)
しかし、香りも見た眼も、いつもの覆麺である・・・
↓画像クリックで、拡大サイズになります
04fukumen_09_10_16.jpg


まずスープを啜ってみる。タレは通常のもので、ビールの特製は感じられない。
↓画像クリックで、拡大サイズになります
05fukumen_09_10_16.jpg


相変わらずしっこしこの細麺のなかに、辛うじてコンビーフの繊維を確認できるが、特にその作用は感じられなかった。
↓画像クリックで、拡大サイズになります
06fukumen_09_10_16.jpg


嫌、充分美味いんですよ。
でも、結論としてあまりビールとコンビーフの意味がなかったのでは?
思うに通常の覆麺のタレは強過ぎるので、薄口醤油にするなどして素材を強調させるべきだったのではないだろうか?

んなことを考えながら、ふと正面を眺めると・・・
今月24日(土)は、生ガキ10キロ、白ワイン、レモンの清湯(チンタン)で、塩ラーメン¥1200とある!
↓画像クリックで、拡大サイズになります
07fukumen_09_10_16.jpg

もう想像するだけで、生ガキの風味が香ってくるではないか!!
うう。財布は痛いが乞うご期待なのだ。
アンガ〜ラ♪



【覆麺(ふくめん)】
住所:東京都千代田区神田神保町2-2 
TEL:非公開
営業時間/11:00〜22:00
11:00〜21:00(土・日・祝日)
定休日:不定休
08fukumen_09_10_16.jpg



過去の覆面レポ♪
1. アンガーラ!/謎の覆麺・・・。
2. 速報! 覆麺の塩パイタン♪
3. 覆麺/GWスペシャル♪
4. 黒帯五段獲得♪ アンガーラ!/覆麺。
5. 覆麺の限定牛骨ラーメン♪
6. 覆麺/6月限定麺。アンガーラ♪
7. 覆麺/7月限定麺。アンガーラ♪
8. 覆麺/ドラゴンラーメン♪









美味しかったら、ポチッと♪
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。